6月16日(金)

梅雨だというのに、暑い日が続いております。
朝倉市は連日の30度越えではないでしょうか・・・・。

4月5月と忙しさにかまけてブログの更新を怠っておりましたので、今月の行事の紹介をしながら5月の大きな行事【立石通学合宿【市民祭[あさくらにぎわっ祭~卑弥呼の恵み~]】などの様子も出来れば紹介していきたいと思います。

今日は、新しいところで先週の土曜日10日に開催した《あさくら再発見ウォーク》の様子をご紹介しましょう!


三連水車あさくらの里に現地集合

三連水車公園出発⇒三連水車(組立作業中)⇒隠家森

⇒水神社⇒山田堰~恵蘇八幡宮周辺

恵蘇八幡宮本殿・陵墓伝承地の古墳・関守の墓⇒三連水車公園

   ★陵墓伝承地の古墳・関守の墓(市指定史跡)

   ★恵蘇八幡宮の大クス(県指定天然記念物)

   ★水神社の大クス(県指定天然物)

講師:古賀区在住の篠原さん(市文化・生涯学習課勤務)


開催日が雨の予報も出ていて心配していましたが、当日はピカピカの晴れで、50名の皆さんと元気に楽しく歩く事が出来ました。

今回の講師の先生は、気の毒にも地区内在住というだけでお休みの日に呼び出される朝倉市文化・生涯学習課に勤務されている篠原さん。
土曜日曜日は、市の職員さんの派遣はお願い出来ません。

しかぁ~し、史蹟などを巡るには、
❶土日開催して参加しやすい開催日に設定したい!
❷講師の方はキチンと説明が出来る方をお願いしたい!
❸講師の先生にコースの設定や資料の準備などお任せしたい!
❹無理を聞いていただける講師の先生が良い!
❺予算はあまりない!
など、わずかばかりの?条件がございまして、それをクリアできる方というと講師の先生が限られて来るのでございます。

その点、人口1万人を超えるわが立石地区には、イロイロな特技をお持ちの方が大勢いらっしゃいます。
歴史に詳しい方、切り絵や貼り絵が得意な方、竹細工が得意な方、藁細工が得意な方、お野菜作りが得意な方、手芸が得意な方、イベントの企画が得意な方、などなど・・・いろいろな方面でいろいろな方達につながりを持てる幸せな地域なのです。

今回も、立石地区健康づくり推進委員会の役員会で計画として「旧朝倉町方面」「恵蘇八幡宮」「山田堰」「三連水車」などのキーワードが出た時点で、篠原さんに連絡をして講師を無理やりお願いした次第です。

「篠原さん、6月10日(土)にあさくら再発見ウォークをするんですが、お休みでしょうが何か用事が入っていらっしゃいますか?」
「・・・・残念ながら、空いています・・・。」

地域在住者だからと、いつも気持ちよく協力をして下さる篠原さん。(←本当は かなり迷惑をされていると思います)
有り難いことです。

※カテゴリの『埋蔵文化財 発掘調査』をクリックしていただくと、篠原さんの少し前のお仕事の様子をご覧いただけます




b0184648_15451728.jpg
後姿が、休日に強制参加させられた感が否めない篠原さん。何となく元気がありません


b0184648_16021622.jpg
うつむいてスタートの篠原さん。参加者の皆さんは元気に出発


b0184648_16025490.jpg
組み立て作業中の三連水車



b0184648_16033313.jpg


b0184648_16034664.jpg
説明を元気にされている篠原さん。三連水車の説明中


b0184648_16054215.jpg
組立作業の様子



b0184648_16062362.jpg
隠家森


隠家森
その昔、朝倉に関所があった頃、関所を通れない者が夜になるまで、このあたりの森に身を隠し、暗くなってから関を通っていたことから「隠家森」と呼ばれるようになったと伝えられていています。



b0184648_16075046.jpg



b0184648_16153239.jpg



b0184648_16154829.jpg



b0184648_16160430.jpg
恵蘇八幡宮が祭事中のため、すこし手前で事前説明を



b0184648_16163301.jpg
水神社


b0184648_16165980.jpg



b0184648_16172083.jpg



b0184648_16173464.jpg




b0184648_16174864.jpg
恵蘇八幡宮


恵蘇八幡宮
旧朝倉町の東端にあり、上座郡(旧朝倉町、旧杷木町、東峰村)の総社として親しまれています。
恵蘇八幡宮演技によると、中大兄皇子(後の天智天皇)は国の発展と戦争の勝利をお祈りするため、宇佐神宮(大分県宇佐市)の祭神である応神天皇を祭りました。このとき、八幡大神の旗が舞い降りたので、「朝倉山天降八幡(あさくらやまあもりはちまん)」と名付けます。その後、673年に斉明、天智の二柱を合わせ祭られ、勅命により恵蘇八幡宮となりました。
・・・・「朝倉町教育委員会発行:あさくら町の文化財」より抜粋



b0184648_16181381.jpg



b0184648_16180114.jpg



b0184648_16184136.jpg


b0184648_16185477.jpg
水時計(漏刻)

水時計(漏刻)
天智天皇は漏刻(漏刻/水時計)をつくって人々に時を知らせていたと伝わっています。
中国で用いられていた漏刻の形式を模倣したものと考えられています。
この漏刻は、段違いに並べたもので、第一番目を夜天智、第二番目を日天地、第三番目を平壺、第四番目を万水壺といい、万水壺の中には矢が立ていられています。
第一の壺に水を注ぐと、水は管を通って順番に一番下の壺である万水壺へと流れ込み、万水壺に水が溜まるにつれて、矢が浮き上がるようになり、矢に記された目盛りを読み取る事で時刻を知る仕組みになっています。


恵蘇八幡宮では、毎6月10日(時の記念日)を記念して式典が催されておりますが、ウォーキング当日は時の記念日にあたり、お邪魔した時間にちょうど祭事が行われていました。


b0184648_16190998.jpg



b0184648_16192027.jpg






b0184648_16182654.jpg



b0184648_17104619.jpg




b0184648_16194623.jpg
木の丸殿跡




木の丸殿跡
斉明天皇は朝倉橘広庭宮到着後2ヶ月ほどでお亡くなりになります。中大兄皇子は、天皇がお亡くなりになった7日後の8月1日、亡骸を御陵山に仮に葬られます。皮が付いたままの丸太の柱をたて、板を敷き、蘆の簾をかけ、1日間を1ヶ月にかえて12日間喪に服されたと伝えられます。この建物を「木の丸殿」といい、現在の恵蘇八幡宮境内に建っていたと伝えられます。
・・・・「朝倉町教育委員会発行:あさくら町の文化財」より抜粋





b0184648_16200385.jpg



b0184648_16242021.jpg



b0184648_16201552.jpg

時の記念日と三連水車の組み立て作業一般公開日・・・。
貴重な日に見学をすることが出来ました。


恵蘇八幡宮から三連水車あさくらの里に戻り、注文していたお弁当を受け取り、流れ解散。
お天気が良いので、三連水車公園でお弁当を広げる人もいました。




b0184648_16203421.jpg



b0184648_16204399.jpg
地産地消のお弁当。とても美味しかったです


参加者の皆様、ご参加いただきましてありがとうございました。
プロの説明付きのウォーキングはいかがでしたでしょうか?
またのご参加、お待ちしております!

篠原さん、いつもご無理言って申し訳ございません。お陰様で、参加者の皆様に大変喜んでいただけました。
これに懲りたとおっしゃらずに、今後ともよろしくお願いいたします。







*******************************************
   ◇◆朝倉市 立石コミュニティ◆◇   
〒838-0064   
福岡県朝倉市頓田205-1   立石コミュニティセンター
■TEL・FAX  (0946)22-2101
■e-mail    tateisi-com@city.asakura.lg.jp  


********************************************

[PR]
# by tateishikou | 2017-06-16 17:25 | ☆再発見ウォーク | Trackback | Comments(0)
6月12日(月)

梅雨の時期になりました。

久しぶりの更新になりますが、皆さまお元気にお過ごしでしょうか?

さて、本日は遅くなりましたが、立石コミュニティ協議会だより 6月号をお届けいたします。
b0184648_11112921.jpg


b0184648_11115224.jpg


えっ?
いつの間にか終わった行事がたくさんあるじゃないかって???
そうです。たくさんあります。
また後程ご報告をさせて頂きます。




*******************************************
   ◇◆朝倉市 立石コミュニティ◆◇   
〒838-0064   
福岡県朝倉市頓田205-1   立石コミュニティセンター
■TEL・FAX  (0946)22-2101
■e-mail    tateisi-com@city.asakura.lg.jp  


********************************************

[PR]
# by tateishikou | 2017-06-12 11:14 | ★コミュニティからのお知らせ | Trackback | Comments(0)
4月28日(金)

の季節も過ぎ、ツツジの季節に移りました。

本日は「立石コミュニティ協議会だより 5月号」と、久しぶりに発行した「立石子どもコミュニティだより」をお届けいたします!


紙面をクリックすると大きくご覧いただけます。

b0184648_13230541.jpg


b0184648_13234773.jpg


b0184648_13235609.jpg

【 立石子どもコミュニティだより 】は立石小学校の全児童に配布しております。
清水の舞台から飛び降りたつもりで?カラー印刷して配りました。あ~やっぱりカラーは綺麗です。

ということで、ご一読下さい。




*******************************************
   ◇◆朝倉市 立石コミュニティ◆◇   



〒838-0064   
福岡県朝倉市頓田205-1   立石コミュニティセンター
■TEL・FAX  (0946)22-2101
■e-mail    tateisi-com@city.asakura.lg.jp  

********************************************

[PR]
# by tateishikou | 2017-04-28 13:30 | ★コミュニティからのお知らせ | Trackback | Comments(0)
4月10日(月)

桜の季節になりました。
いつの間にか、新年度に入り10日が過ぎてしまいました。

遅ればせながら、「立石コミュニティ協議会だより 4月号」とリニューアルオープン予定の「社会教育講座案内」をお届けいたします。


b0184648_14400600.jpg



b0184648_14401785.jpg



b0184648_14402806.jpg


寒い日が続き、が咲くのが遅れていましたが、ようやく花開く頃になり連日の雨。
窓から見えるがチョッピリ寂しそうです。

平成29年度もドタバタとスタートしている立石コミュニティですが、今後ともよろしくお願いいたします!




*******************************************
   ◇◆朝倉市 立石コミュニティ◆◇   
〒838-0064   
福岡県朝倉市頓田205-1   立石コミュニティセンター
■TEL・FAX  (0946)22-2101
■e-mail    tateisi-com@city.asakura.lg.jp  



********************************************

[PR]
# by tateishikou | 2017-04-10 14:41 | ★コミュニティからのお知らせ | Trackback | Comments(0)

視察研修のご報告

3月7日(火)

昨日、視察研修に行って来ました。
その御報告を。

現在、立石コミュニティ協議会は、地域コミュニティの活性化や地域の安心・安全を図るため、地域放送システムの導入に向けて動いていますが、事業を進めていくには「事業推進体制を明確にする」とともに、事業に対する理解と熱意が必要です。


その為、同様のシステムを導入しているコミュニティ等への視察研修を通して、事業実施に向けての課題の把握や取り組み方法等の実践活動を直接勉強することにより、実現に向けて計画を進めて行きたい・・・と今回、【大津東区コミュニティ(熊本県菊池郡)】さんに視察をお願いしました。

大津東区は熊本地震の際に被災された地域ですが、被災される前に地域放送を設置されており、震災で区民の避難生活、避難行動を支援されました。

地域放送の設置がどのように進められ、熊本地震においての活用の実践はどうだったのか・・・など、上岡区会長さんや前区会長の中村さん、また設置された芝浦電子工業の方達から直接お話しをお伺いすることが出来ました。



b0184648_08522557.jpg
上岡区会長さん


b0184648_08340124.jpg

センター前の防災マップ




4月14日の前震の際には、約300名の住民の方がセンターに避難されたそうです。

その後の本震もあり、4月いっぱい約90名の方が避難生活を送られたとか。

それでも地震の際、上岡区会長が防災無線で「あわてないで下さい。命を守ることが大切です。」の放送を入れられ、避難所開設の放送も即座にされたとか。

震災の時にも、防災無線が使用できて放送を流したことで、区会長さんの声を暗闇で聞くことでで勇気づけられた方もきっと多かったと思います。

放送を入れたことで、住民の方に被害はなく皆さん無事だとのことでした。


震災で大きな被害が出た益城町の区会長さんが、震災時に防災無線も行政無線もほとんどなく、自分の区の住民の安否確認が出来ずにとても困られたという話もあり、地域放送の必要性がここにもあるのだと実感できました。


震災後に、瓦の修理をする家が多い時にも、「屋根に登る時は、必ず2人で登って下さい。」と、上岡区会長さんは放送を入れられたそうですが、皆が被害を受けた中、なかなか他人の手伝いをする余裕はありません。

そんな時に頼りになり、お互い助け合ったのは近所の方達だったそうです。

地震が起きて大きな被害が出た時に助けるのは、隣近所の方であり、日頃からの近所づきあいがとても大切だということでした。



b0184648_16435593.jpg



b0184648_16434230.jpg


b0184648_08300079.jpg





b0184648_16471745.jpg


b0184648_08303571.jpg
震災時の雨漏りの跡


b0184648_08314416.jpg
震災の影響で1cm沈んだ床






b0184648_08332287.jpg

視察の朝に
「本日、福岡県朝倉市から立石コミュニティ協議会の方が防災無線の見学に来られるので、センターの利用はお控え下さい。」
と放送を入れてありました!住民の皆さま、ご迷惑をおかけしました。



b0184648_08333069.jpg



お陰様で具体的な放送設備について多くの情報を頂くことができました。

大津町東区コミュニティの上岡区会長さんには、突然視察のお願いをしたにも関わらずに、視察の受け入れを決めていただき、当日までに何度も連絡して下さいました。

当日の朝、「雨の予報が出ていましたが、今日は良いお天気になりましたので安心してお越し下さい!」という電話を受けた時は本当に有り難く思いました。



大津東区コミュニティを紹介して下さった㈱電調社の武末さん、設備の説明に来て下さった芝浦電子工業㈱の皆さま、他今回の視察でお世話になった皆さま方、お忙しい中 本当にありがとうございました。



b0184648_09235322.jpg







大津東区コミュニティの他にもう一か所、熊本城にも行って来ました。


b0184648_17052885.jpg




b0184648_17023868.jpg



b0184648_17031551.jpg








b0184648_16325211.jpg




ボランティアガイドさんの案内で回った熊本城は、テレビなどで見聞きするより被害状況が大きく感じる役員さんが多かった様です。
熊本の復興に向けて、地元の方達の熱意を感じることが出来ました。

今回の研修で頂いた情報を生かしながら立石コミュニティ協議会として地域放送システムの構築に向けて前進していけるようにしたいと思います。








*******************************************
   ◇◆朝倉市 立石コミュニティ◆◇   
〒838-0064   
福岡県朝倉市頓田205-1   立石コミュニティセンター
■TEL・FAX  (0946)22-2101
■e-mail    tateisi-com@city.asakura.lg.jp  



********************************************

[PR]
# by tateishikou | 2017-03-07 16:34 | ☆コミュニティのご紹介 | Trackback | Comments(0)

朝倉市 立石コミュニティ      毎日のドタバタ日記


by tateishikou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30