子育て広場

6月10日(水)

本日は【子育て広場】のご紹介をいたします。

昨年の7月にスタートした【子育て広場】は、立石地区の民生委員 女性部
地区の小さなお子さんをお持ちのお母さん方の,息抜きの場を提供しようと始められました。
 

毎月第2・4水曜日の10:00~12:00の2時間
平均20人、10組のお子さんを連れたお母さん方で毎回賑わっております。

牛乳パックやトイレットペーパーなど身の回りの物を使ってのおもちゃ作りや、
簡単なおやつ作り、朝倉市健康課から来ていただいての“乳児健診”

・・・・・・・・などなど 毎回工夫を凝らした取り組みで おみえになった方は大喜び。
b0184648_164028.jpg


昨年は、バルーンアートや読み聞かせなどもありました。

小さな子どもを抱えて、子育ての悩みを相談する人もいない、若いお母さんにとって、
先輩お母さんの民生委員さん方は、悩みの相談にものってくれる頼もしい存在のようです。

今日は雨にも関わらず、10人のお母さんと11人の元気な子供たちが公民館に遊びに来てくれました。
b0184648_1631791.jpg

b0184648_1633727.jpg

今回は、読み聞かせ(「ねずみさんのながいパン」「くっく くっく」)もあり、
雨で遊べない分 みんな元気に走り回っていました。

次回は、7月8日(水)です。
※6月24日(水)は住民健診の為 子育て広場はお休みです。ごめんなさいm(__)m
[PR]
# by tateishikou | 2009-06-10 16:17 | ★子育て広場 | Trackback | Comments(0)

お茶の間教室のご紹介⑥

お茶の間教室のご紹介も、早いもので今回で6回目になります。

さてさて、今日ご紹介するのは・・・・・・。

                
◇◆窪山居合道(夢想神伝流)◆◇
b0184648_16301367.jpg

指導者:窪山 強一先生  
練習日時:毎週土曜日 19:30~21:30
学習者: 6名

b0184648_16292250.jpg

b0184648_16295749.jpg


【ひとことPR】
我が国伝統の古武道である居合道を通じ、心身の錬磨を図ると共に、日本人としての基本的礼節を養成します。
・居合は、相手の不意の攻撃に対し、鞘放れの一刀で相手を制する剣技であります。
・日本刀の美しさと鋭さ、抜いて斬って納める 単純だが奥が深いものです。
・武士道精神は外国の方も認める所です。


◇◆篠田日舞◆◇
指導者:篠田 紀代子先生  
練習日時:毎週水曜日 20:00~22:00
学習者:6名

【ひとことPR】
毎週楽しくお稽古をしています。大好きな日舞を通して、ボランティア活動もしています。
興味のある方、参加をして下さい。


◇◆内山民謡◆◇
b0184648_16325082.jpg

指導者:内山 直幸先生  
練習日時:毎週月曜日  19:30~21:30
学習者:6名

b0184648_16314272.jpg

b0184648_16323369.jpg


【ひとことPR】
皆さん、民謡は腹の底(中)から声を出して一日のストレスを発散することで、身も心もリフレッシュしますので、楽しいですよ。
是非一度 月曜日の夜7時30分からなので遊びに来て下さい。お待ちしています。

[PR]
# by tateishikou | 2009-06-09 16:36 | ☆お茶の間教室 | Trackback | Comments(0)

立石再発見ウォーク

6月6日(土)に【立石再発見ウォーク】を開催しました。

明け方 雷を伴う強い雨が降り、心配しておりましたが、集合時間の9時にはなんとか
(時折、小雨が降ったり止んだりしておりましたが)出発する頃には雨もあがり、
44名の参加者の皆さんは元気に出発!
お孫さんを連れて参加して下さっている方もあり、小学生も7人来てくれました。
b0184648_159541.jpg

今回は、
立石公民館 出発⇒ ①立石神社 ⇒ ②宝満宮 ⇒ ③当正寺古墳 
⇒ ④権現様 ⇒ ⑤大岩古墳群 ⇒ ⑥柿原ひょうたん池

の全工程 約6km。


甘木市教育委員会発行 「わたしたちの甘木」と以前から公民館から発行しておりました
【立石再発見】を書かれていた 前公民館長 石橋 満弥氏 編集“「たていし」の伝承とマップ”
から少しご紹介をしてみましょう。

◇ ①立石神社 ◇
昔、堤の里に 裕福で信仰の篤い老人がいました。
ある日 夢の中に権現様が現れ、「礼拝橋の橋石(きょうせき)は、霊石である。踏んで渡るのは、もったいない。おまつりして崇めなさい。」というお告げがありました。
老人は、里人たちとも諮って、祠(ほこら)を建てて橋石(きょうせき)をまつり、「立石権現(たていしごんげん)」と呼び、手厚く崇めました。

※礼拝橋 (らいはいばし)
805年、桓武天皇の時代のことだそうです。伝教大使が、唐の国(中国)で学問を修め、帰国の途中に嵐に会い、船が転覆しそうになった時、
「日本に無事に帰りつくことが出来ましたら、七仏薬師(しちぶつやくし)を彫刻いたします。」と
お祈りになりました。
まもなく風も波も収まり、無事に帰国することが出来ました。
上陸された大師は、約束を果たそうと仏薬師を彫る良い木はないかと、あちこちお歩きになりました。すると下座(げざ)と夜須の境の近くに、清らかな小川があり、石の橋がかかっており、何気なく渡ろうとされたとき、空を仰がれると北のほうに紫の雲がたなびきました。
(紫の雲がたなびいていた山は、古処山という説と英彦山という説があります)
『きっと あそこに仏薬師を彫る霊木があるにちがいない。』と思われ、一歩三礼されました。村人たちは、大師が一歩三礼された橋を『礼拝橋(らいはいばし)』と名づけ、この里あたりを、『礼拝村』と呼びました。らいはい村が来春(らいは)村になったと言われています。

◇ ②宝満宮(ほうまんぐう) ◇
堤区の氏神様である玉依姫命(タマヨリヒメノミコト)を祀ってあります。
「玉依」とは、霊憑(タマヨリ)からきたもので、神霊が寄りつくという意味で、民俗学者の柳田國男先生は、各地にタマヨリヒメの名を持つ女神が祀られていることから、神霊が依りつく女(神に仕える巫女)のことだと解釈しています。
山幸・海幸神話に登場する玉依姫命(タマヨリヒメノミコト)は、美しい海神海津見神(ワダツミノカミ)の娘です。

拝殿のすぐ裏に古墳があり『おおとさだのしんさまの塚』略して『おうとさま』と呼んでいます。
ある日、若者たちがこの塚を暴き、剣を振り回し、土器を投げたりして戯れました。
たまたま、堤の里に悪い病気が流行していたので、これは、『おうとさま』の祟りであろうということになり、宝満宮の裏に祠を建てて崇めました。するとたちまち病気は下火になりました。その後は、『おうとさま』に祈ると、いろいろな病気が治り、特に不思議とイボが取れるという風評が広がりました。お礼に九石を上げるという俗信があるので、祠の後方には、丸い石がうずたかく積まれています。

◇ ③当正寺古墳(とうしょうじこふん) ◇
うらうめデイケァセンターと宝満宮の中間にあり、こんもりと土を盛った見事な前方後円墳です。造られたのは5世紀半ばと推定されます。墳長(ふんちょう)約70メートル、埋葬部は前方部と後方部に1ヶ所ずつあり、両方とも竪穴石室(たてあなせきしつ)で、墳丘部(ふんきゅうぶ)からは円筒埴輪や形象埴輪(盾や家、船)が、石室付近からは鉄剣や甲などの武具が発掘されています。畿内的(きないてき)な様相が強く見られまる古墳で、若草の芽が吹く春が、一番きれいに見えます。

◇ ④大岩古墳 ◇
汚泥処理センターの下、B&Gの上の朝倉市グラウンド・ゴルフ場内にあります。
古墳時代後期のものであり、銅釧(ドウセン・・銅の腕輪)、鐶(カン・・指輪)、勾玉(マガタマ)、水晶の切子玉、水晶の算盤玉(そろばんだま)、碧玉の管玉(かんだま)、臼玉(うすたま)、鉄製直刀、刀子(とうす)、鉄鏃(テツゾク・・鉄のやじり)、鉄斧、馬具轡、須恵器の杯、蓋付坩(フタツキカン・ふたのつきの壷)、土師器(どじき)模瓶などなどが出土しました。周囲には約60基の古墳がありますが、この古墳のように石室が大きいものは他にありません。

b0184648_1594241.jpg

b0184648_15103233.jpg

b0184648_15111886.jpg


興味がある方は、是非一度お越しください。
[PR]
# by tateishikou | 2009-06-08 15:16 | ☆再発見ウォーク | Trackback | Comments(2)

お茶の間教室のご紹介⑤

今回も お茶の間教室のご紹介をしたいと思います。

◇◆内山カラオケ(金)◆◇
b0184648_14263377.jpg

指導者:内山 直幸先生
練習日時:毎月第1・2・3金曜日 13:30~15:30
学習者数:6名

※内山カラオケは毎月第1・2・3の水・木曜日にも同じ時間帯で教室を催されております。
b0184648_1426436.jpg

b0184648_1426198.jpg


【ひとことPR】
皆 仲良く・楽しく歌っています。参加者募集中です!



◇◆フィットネス&ヨガ教室◆◇
b0184648_14535839.jpg

指導者:
徳田 倫子(のりこ)先生
  
練習日時:毎週金曜日 10:30~11:30
学習者数:25名

b0184648_14325466.jpg

b0184648_1433112.jpg

【ひとことPR】
簡単な有酸素運動で、脂肪を燃焼し、基本的なヨガのポーズを中心にしたパワーヨガにより、身体の機能を改善し、魅力的なボディラインを、心と体の安定を目標に、皆さん楽しくレッスンに参加されています。どうぞ体験に来て下さい!!



今年度の お茶の間教室の登録数は59教室、いろいろな種類のお教室がございます。
このブログを御覧になって、興味を持たれた方は立石公民館までお問い合わせ下さい。

   立石公民館 ☎(0946)22-2101
   ※月~金曜日 8:30~17:00までにお願いします。

[PR]
# by tateishikou | 2009-06-05 15:12 | ☆お茶の間教室 | Trackback | Comments(0)

向う三軒両隣運動

今日は【立石地区 向う三軒両隣運動】をご紹介いたします。

平成19年4月から地域の役員さん方をはじめ、ボランティア登録をしていただいた
「ボランティア委員」さん方(毎日のお散歩で着て下さる方・登下校時の子供たちへの
声かけ等をして下さる方)に“黄色のべスト”を配布しております。
b0184648_16372646.jpg

この黄色ベストを着て、毎朝 登校時に子供たちにあいさつをしている人を見かけた事がある方も多いはず!現在 約20名の方が毎朝 登校時の児童に“あいさつ運動”をして下さっています。
b0184648_16492568.jpg

現在 ボランティア委員さんの登録をしていただいている方76名
朝夕のお散歩の時に着て下さっている方、空き缶拾いの時に着て下さっている方、
毎月12日の“あいさつ運動”の日に着て登下校時の児童を見守って下さっている方…と
様々ですが、皆さん≪出来ることを出来る時に≫を合言葉に、協力していただいております。
黄色のベストが「地域を見守る目」になります!!

b0184648_16384274.jpg

この青色パトカー、最近 朝倉市内のあちらこちらで見かける機会が多くなりました。
立石地区では、立石地区防犯組合長さんが毎朝登校時に、
立石小学校と小学校PTAが下校時青パトで見回りをされています。

向う三軒両隣の言葉同様、お互いに関心を持ち合い 支えあっていける地域になりますように。
[PR]
# by tateishikou | 2009-06-04 16:47 | ★その他 | Trackback | Comments(0)

朝倉市 立石コミュニティ      毎日のドタバタ日記


by tateishikou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31