<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

【 立石夏まつり 】のご案内

7月16日(木)

台風が接近しております。
朝倉市もただいま強風域に入っておりますが、今後の進路が心配なところです。


さて、本日は立石地区の大きな行事の1つ立石夏まつりのご案内です。
毎年8月16日に開催しております。

紙面をクリックすると大きくご覧いただけます
b0184648_14184170.jpg



夏まつりのメインは打ち上げ花火
1300 発ですよ 1300 発
間近で見る花火は迫力満点です。


毎回、くじ付きうちわを配布し、昨年から、アルコール類(ビール)の販売も開始しました。
地域有志による美味しいモノが盛りだくさんな屋台もあり、今回、初めての試みとしてステージを設置して、ジャズの演奏やフラダンスなどもございます。

見てよし、食べてよし 立石夏まつり

お友達やご家族揃ってお越しいただければ幸いです。

お待ちしております。


台風の情報にお気をつけください。
台風接近に伴う雨風に留意して、被害が出ずに通過するのを祈りましょう。





*******************************************
   ◇◆朝倉市 立石コミュニティ◆◇   
〒838-0064   
福岡県朝倉市頓田205-1   立石コミュニティセンター
■TEL・FAX  (0946)22-2101
■e-mail    tateisi-com@city.asakura.lg.jp  



********************************************

[PR]
by tateishikou | 2015-07-16 14:45 | ★コミュニティからのお知らせ | Trackback | Comments(0)

ただいま進化中! 27年度 成人学級①

7月10日(金)

お暑うございます。
昨日は35度、今日はそれよりも上がっていそうな気配・・・。
朝倉市の名前は、夏の気温の高さや雨量の多さで全国区のニュースに出てまいります。
はぁ~。

5月からスタートした今年度の成人学級は、いつもとは少し違った内容になっております。
募集チラシはこんな感じでした。

以下、紙面をクリックしていただくと大きくご覧になれます。


b0184648_10420194.jpg

お気づきになりましたでしょうか?
「県立社会教育総合センターの社会教育主事さんと一緒に年間計画や講座内容を皆さんで企画してみませんか?
 何月に何の講座をするか? 皆さんで計画しましょう!」

今年度の成人学級で目指したことは、受講生による自主企画&運営

もちろん、「今年から自主運営してもらいますよ~。さぁ やって下さい!」でやれるはずもありません。
もちろん、いきなり始めるのに、受講生サン達だけでやれるなんて思っておりません。
もちろん、センター職員だけで指導できるはずもございません。

心強い応援があればこそのチャレンジでございます!!

福岡県立社会教育総合センター 研修・情報室
ふくおか社会教育応援隊事業



  「学習プログラム立案の講師は誰にしよう?」
  「子ども達の体験活動を仕組みたいけど・・・」
  「どんな講座にしたらよいのかわからない」
  「計画的に社会教育事業を行いたいけど・・・」

  社会教育・生涯学習推進についてのお悩みはありませんか?
 福岡県社会教育主事が そんなみなさまの応援をいたします。


         ・・・県立社会教育総合センターのHPから抜粋・・・


チャレンジャー立石コミュニティ・・・・。
それよりも応援隊を引き受けて下さった社会教育総合センターさんがチャレンジャー???

こうして今年度の成人学級がスタートしてしまいました。
今年度の講座を長い目で見ながら育んで下さる?ことになった社会教育主事の遠藤 芳徳氏

5月14日。
初回は、「地域の中に見出す ひとりひとりの生きがいとは ~これからの地域づくりに必要な視点~」

地域行政の現状、生涯学習の現状、朝倉市が目指すコミュニティとは??など現状を話していただき、KJ法を使って班に分かれ、
「何でこの講座に参加したのか」
「個々がやりたい講座」
の話をして、年間の講座予定をたてて、実技担当班で内容をつめていく事にしました。
b0184648_14183123.jpg
遠藤 氏



b0184648_14250216.jpg
何が始まったんだろう・・という受講生の皆さん



b0184648_14255820.jpg



b0184648_14261062.jpg



b0184648_14262233.jpg



b0184648_14265179.jpg




ところで、KJ法とは???

日本の文化人類学者川喜田 二郎氏(元東京工業大学教授)が考案した創造性開発(または創造的問題解決)の技法で、川喜田氏の頭文字をとってKJ法と名付けられています。

アイデアや意見を出し合い、1枚ずつ小さなカードに書き込み、それらのカードの中から 近い感じのするもの同士を集めてグループ化していき、それらを小さなグループから大きなグループへと組み立てて 図解していきます。こうした作業の中から、テーマの解決に役立つヒントやひらめきを生み出していこうとするものです。

b0184648_14271078.jpg





b0184648_14272686.jpg



b0184648_14273948.jpg



とりあえず、班に分かれてペタペタ貼っていきました。



b0184648_14280156.jpg




b0184648_15204127.jpg




b0184648_15205589.jpg


b0184648_15231781.jpg



b0184648_15234883.jpg



b0184648_15240825.jpg



b0184648_15242063.jpg



b0184648_15244056.jpg



b0184648_15245517.jpg



始めは、少しずつしか貼られていなかった模造紙にも、どんどん付箋が増えていきました。

b0184648_15261909.jpg
貼られていった付箋をグループ分けにして・・・




b0184648_15270518.jpg
出来上がったものを班別に廊下に掲示



b0184648_15271795.jpg



6月11日。
成人学級2回目は、具体的にやりたい事を決めての班分けです。
残り8回のうち、皆さんの意見で、是非やりたい!の声が多かった陶芸・寄せ植え・バスハイク・料理実習の4回を、受講生の皆さんで4グループに分かれて、自分達で企画・運営してもらうことになりました。(残り4講座は事務局で手配)


①陶芸グループ

b0184648_15281628.jpg


②寄せ植えグループ


b0184648_15432465.jpg



③バスハイクグループ


b0184648_15383050.jpg


④料理グループ

b0184648_15413116.jpg


最初は戸惑っていた受講生の皆さんですが、少しずつ具体的に動くことが出来る様になりました。

陶芸をしたい。
講師の先生を誰にお願いするか。
それが決まれば、先生と日程を調整して・・・。

何を作りたいのか?
器を作るなら、次の回が寄せ植えなので、寄せ植え班とタイアップして、お花用の器が作れないものか?
お花用といっても大きな物は最初から無理だろうし、多肉植物を植える小さな器を作るのも良いのではないか?
寄せ植え班がお花の注文をする際に、一緒に器の大きさや中身の相談をしてもらえないか?

何を準備すればいいか?
予算はどれくらいかかるのか?


受講生の皆さんの頭の中は????だらけ。
それでも、少しずつ少しずつ、形を成してきて、陶芸班は講師の先生を決めて予約をし、寄せ植え班も 講師の先生を決めて、直接店頭に花の内容などの相談に行きました。
バスハイク班も主な目的地を決めて、ルートを決めていきました。

思っていたより、すごい行動力です!!
ここまで決定しました。


b0184648_16041322.jpg

そして、7月9日。
第3回目の成人学級は、最初に実践を任されている陶芸班のプレゼンです。



b0184648_15454225.jpg
毎回、来てくださっている遠藤先生



遠藤先生には、受講生の皆さんが自主運営する為の道筋をたてて下さり大助かりです。
横道に逸れそうな時には、こっちだよ~ こっちだよ~と、皆さんのやる気を削がないというより、よりやる気を出せる様な絶妙な指導をして下さっています。

私が 第2回目の講座に欠席していた受講生の皆さんを 置き去りにしたまま講座を進めていた時も、欠席した方達が置き去りになったまま進まない見事なフォロー。
4班に分かれて、既に動き出しているので途中からの参加が難しいと分かったので、欠席者だけで班を作り、1月に事務局が担当をするはずだった回の企画をしてもらうことになりました。

結局、受講生の皆さんは5班に分かれて、5回分の講座を企画運営することになったのです。




b0184648_16184999.jpg


                
b0184648_16195215.jpg
発表用のレジメを準備していた陶芸班。お見事!




陶芸について、いろいろとインターネットで調べ 焼き上がりまでの手順まで調べて発表された陶芸班。
残念ながらタイアップを予定していた寄せ植え班とは、予算や時間の都合でタイアップを解消する事になりましたが、他の受講生からの意見も多く出てのタイアップ解消は、ある意味 有意義な時間でした。

遠藤先生からのプレゼンをされた陶芸班へのお褒めの言葉は、次回へのやる気と自信に繋がったようでした。

プレゼンの後は、早野 宗一郎氏による講座。
「雑学のたのしみ」

b0184648_16211514.jpg



b0184648_16213319.jpg
来春区の区会長、立石地区防犯組合 副会長、保護司などイロイロな顔を持つ早野さん



こうして、年10回講座のうち3回が終了いたしました。

心配をしておりましたが、いやぁ~皆さんサクサクと動いて下さっています!!
受講生の皆さんと事務局だけでは、こうも行きませんでした。
遠藤先生、受講生だけではなく事務局までご面倒をおかけして大変かと思いますが、残り7回 よろしくお願いいたします。

次回は、8月4日(火)
いよいよ実践スタートです。
陶芸班の皆さん、頑張りましょう!!




*******************************************
   
◇◆朝倉市 立石コミュニティ◆◇   
〒838-0064   
福岡県朝倉市頓田205-1   立石コミュニティセンター
■TEL・FAX  (0946)22-2101
■e-mail    tateisi-com@city.asakura.lg.jp  

********************************************

[PR]
by tateishikou | 2015-07-10 16:39 | ★成人学級 | Trackback | Comments(0)

自転車マナー講習会

7月1日(水)

昨日今日と、まとめて広報活動(ブログの更新・・・)をしております。
本日3回目のブログ更新は・・・・


立石地区自転車マナー講習会のお知らせです。

b0184648_13101551.jpg


みなさんご存知でしょうか?


改正道路交通法が一部6月1日に施行され、自転車の危険運転をする人は厳しく処分されることになりました。




違反を繰り返す自転車の利用者に「自転車運転者講習」を義務づけ




平成27年6月1日より、交通の危険を生じさせる違反を繰り返す自転車の運転者には、安全運転を行わせるため講習の受講が義務づけられました(子どもでも14歳以上は対象)。


 交通の危険を生じさせる違反とは、たとえば「信号無視」「一時不停止」「酒酔い運転」などの違反を指します。

これらの違反をして、3年以内に2回以上検挙された場合または事故を起こした自転車利用者に講習の受講を義務づけ、未受講者は罰金刑が適用されます。



日常的に目にすることが多い

   雨の日に、傘を差しながら乗る

   携帯(スマホ)を見ながら乗る

   イヤホンをつけて、音楽などを聴きながら乗る

・・・などは、どれも安全運転義務違反です。


違反者が義務付けられている「自転車安全講習」は3時間で講習料がナント5700円(標準額)!!



自転車といっても、歩行者と衝突しての死亡事故も多く、決して自転車だからと軽い事故で済む訳ではありません。


自転車に乗るのは、大人だけではありません。

子どもさんから高齢者の方まで この機会に、自転車の交通ルールの見直しと危険性の再確認をされませんか?




*******************************************   

◇◆朝倉市 立石コミュニティ◆◇   

〒838-0064   

福岡県朝倉市頓田205-1   立石コミュニティセンター

■TEL・FAX  (0946)22-2101

■e-mail    tateisi-com@city.asakura.lg.jp

 


********************************************


[PR]
by tateishikou | 2015-07-01 15:01 | ★コミュニティからのお知らせ | Trackback | Comments(0)

立石地区健康づくり推進委員会からのお知らせ

7月1日(水)

本日2回目のブログ更新は、立石地区健康づくり推進委員会からのお知らせです。


立石健康だより 1号でございます。

立石健康づくり推進委員会の事業の一環として、数年前までは健康だよりを発行しておりました。

事業計画に載せてはいるものの、事業報告では発行していない状態が数年続いていましたが、今年度から会長が代わり(立石地区健康づくり推進委員会の会長が川端 事務局長になりました)、発行をしていないことがバレて「サボらずに発行するんだよ!!」ということになりました・・・。

モデル地区健康教室事業
とは?
平成27年度は、市のモデル地区になっております。
市健康課では、各地域での健康づくりの推進を行うため、各コミュニティ協議会における健康づくり教室(栄養・運動・心の健康づくりなどの約3回講座)などの健康づくり事業支援を行っています。


1)生活習慣病予防の取り組み(講演会・座談会・教室等)
①運動習慣の定着(有酸素運動〔ステップ運動/ウォーキング〕)
②栄養バランスのとれた食事摂取(食生活改善推進会〔ヘルスメイト〕料理講習会等)
③禁煙、歯の健康、心の健康づくり、飲酒、睡眠などのいずれかに関すること


2)健康受診率向上の取り組み
・健診予約期間に住民間での声かけを行う等

3)健康づくりに関する情報発信
・健康づくり推進員研修会等での情報について、健康だより・コミュニティだより等で周知する


モデル地区では、この中の1)の中から1つ以上、かつ2)3)を行わなければなりません。


そんなこんなで取り組むべき事業が山積みになっておりましたが、朝倉市健康課の土井サンや立花サンのご協力も(かなり)あり(ご迷惑もかなりおかけいたしましたが)、健康だより 1号の完成にこぎつけました。

健康づくり推進委員会の幹事サン方や市健康課のお2人の汗の結晶をご一読下さい!



いつもの様に紙面をクリックすると大きくご覧になれます。
b0184648_10435616.jpg

b0184648_10441202.jpg

昨年開催して大好評でした【 正しいラジオ体操&スロージョギング講座 】は今年も開催いたします。

b0184648_11152662.jpg

参加希望の方は、コミュニティセンターに直接ご連絡下さい。℡ 0946-22-2101(平日 8:30~17:15)




紙面の、お勧めポイント

・・・・ 住民健診のススメ ・・・・

受けなきゃもったいない!朝倉市民のためのいろんな検診!!

市健康課サン推奨、特定健診・がん検診・誕生月検診



知っているようで知らない健診&検診
皆さん、しっかり読まれて 是非 毎年受診してくださいね。




立石地区の合言葉
楽しくのばそう「 健康寿命 」!



また、ご協力下さいね、土井サン・立花サン 


[PR]
by tateishikou | 2015-07-01 11:20 | ★コミュニティからのお知らせ | Trackback | Comments(0)

立石コミュニティ協議会だより 7月号

7月1日(水)

こんにちは。
7月に入りました。
(朝倉市では)心配されていた雨も上がり、一安心です。

さて、本日は立石コミュニティ協議会だより 7月号をお届けいたします。

紙面をクリックすると大きくご覧いただけます。

b0184648_10202579.jpg


b0184648_10203901.jpg




今年度の 成人学級 は、福岡県立社会教育総合センター 研修・情報室 社会教育主事遠藤 芳徳氏にご協力いただき実験的なやり方で進行中です。

第1回/2回講座と
「地域の中に見出す ひとりひとりの生きがいとは」~これからの地域づくりに必要な視点~
というテーマで講座をしていただきました。

えっ?どんな講座???
・・と気になるかと思いますが、こちらは後日、じっくりとご報告いたしますね。

今日は、今月予定している正しいラジオ体操&スロージョギング講座自転車マナー講習会につきましては、この後 チラシをブログにアップしたいと思いますので、是非ご参加下さい!!




*******************************************
   ◇◆朝倉市 立石コミュニティ◆◇   
〒838-0064   
福岡県朝倉市頓田205-1   立石コミュニティセンター
■TEL・FAX  (0946)22-2101
■e-mail    tateisi-com@city.asakura.lg.jp  



********************************************

[PR]
by tateishikou | 2015-07-01 10:32 | ★コミュニティからのお知らせ | Trackback | Comments(0)

朝倉市 立石コミュニティ      毎日のドタバタ日記


by tateishikou
プロフィールを見る
画像一覧