<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第2回 立石地区自転車マナー講習会

6月28日(土)

おはようございます。
今日は、昨日アップした立石コミュニティ協議会だより 7月号からご紹介していた第2回 立石地区自転車マナー講習会のお知らせです。
第2回というからには、第1回もあったんですね。

※昨年の第1回立石地区自転車マナー講習会の様子はコチラからどうぞ



年に1回、地域のみなさんに交通ルールやマナーを再認識をしてもらう機会です!!
昨年参加されてない方、勿論 昨年参加された方もどうぞ~。




b0184648_09455389.jpg







*******************************************

   ◇◆朝倉市 立石コミュニティ◆◇   
〒838-0064   
福岡県朝倉市頓田205-1   立石コミュニティセンター
■TEL・FAX  (0946)22-2101
■e-mail    tateisi-com@city.asakura.lg.jp  
********************************************

[PR]
by tateishikou | 2014-06-28 09:58 | Trackback | Comments(0)

立石コミュニティ協議会だより 7月号

6月27日(金)

梅雨らしい雨の日が続いておりますが、みなさまお元気にお過ごしでしょうか?

本日は、立石コミュニティ協議会だより 7月号をお届けいたします。

※紙面をクリックして頂くと大きくご覧いただけます。

b0184648_09110059.jpg


b0184648_08555149.jpg


楽しそうな写真美味しそうな写真の紙面になっております。


7月の 楽しそうな 行事は・・・・・

5日(土) 正しいラジオ体操講座 10:00~12:00 講師:平尾 紀子氏
健康増進・老化防止に効果を発揮するラジオ体操。 しかし、それは正しく行えば・・・という前提での効果です!!
この機会に、正しいラジオ体操を覚えて、3分間で健康な体を維持しましょう。
        
9・23日(水)子育て広場 10:00~11:30
乳幼児をお持ちのお母様方の憩いの場を提供しております。未経験の方も是非のぞいてみてください。
        

10日(木)成人学級② 10:00~11:30「介護予防と日本文化」講師:佐藤 昌久氏
立石コミュニティでは、すっかりお馴染みになった佐藤 昌久氏。今回は「介護予防と日本文化」という題でお話いただきます。
さてどんな切り口で始まるのでしょうか? 受講生のみなさま、動きやすい服装でお越しください。

12・26日(土) けん玉道場 10:00~12:00
今年で6年目になるけん玉道場。毎月第2・4土曜日に開催中です。
多くの子ども達が巣立っていき、道場の様子もその年によって随分と違ってきてますが、
現在の道場は大人の方達と子ども達がほどよくミックスされた雰囲気の良い道場になっております。
予約不要、月謝不要、けん玉もセンターにございますので、フラリと来て頂ければ結構です。
けん玉に興味のある方、お待ちしております。
なおセンターの行事などで道場がお休みになる時がございますので、事前にお電話で確認してくださると助かります。
         

27日(日) 自転車マナー講習会 9:00~11:00
 
今回で2回目となる自転車マナー講習会。自転車の事故も増えてまいりました・・・。
自分を守るために、また人を傷つけない為にも知っておきたい自転車のマナーや交通ルール。
ご家族みなさんでご参加ください。

 
    
*******************************************
   ◇◆朝倉市 立石コミュニティ◆◇   
〒838-0064   
福岡県朝倉市頓田205-1   立石コミュニティセンター
■TEL・FAX  (0946)22-2101
■e-mail    tateisi-com@city.asakura.lg.jp  


*******************************************

[PR]
by tateishikou | 2014-06-27 09:58 | ★コミュニティからのお知らせ | Trackback | Comments(0)

「 正しいラジオ体操講座 」ただいま募集中

6月17日(火)

今日は雨。
そういえば、梅雨でした・・・。


こんなドンヨリのお天気を吹き飛ばす、可愛らしい募集広告をご覧ください!!
募集内容が可愛い訳ではありません!

※クリックしていただくと大きくご覧いただけます


b0184648_14161163.jpg
ステップ運動教室でもお馴染みの平尾先生。とても可愛らしい方です。


正しく行うと健康増進や老化防止に大きな効果があるラジオ体操

「ラジオ体操ぐらい知ってるわぁ~。」
と思っていらっしゃるかもしれませんが、ところがドッコイちょこちょこと間違って覚えていらっしゃる点が多いんですよ。

「え~~っ? どこがぁ~~???」
7月5日に参加して頂ければ、きっとお分かりになると思いますよ。

せっかく すでにラジオ体操をされていても、間違ったままでは効果も半減です。

目からウロコのエクササイズになると思います。
さぁ みなさん、ご一緒にラジオ体操をいかがですか?

ココにもラジオ体操男(奥田事務局長)&ラジオ体操女(川端事務局次長)がおりまして、ラジオ体操にはちょっと(かなり)うるさいです・・・。
だって、小江サンと私は、運動には無縁なんですもん



お申し込みをお待ちしております。









*******************************************
   ◇◆朝倉市 立石コミュニティ◆◇   
〒838-0064   
福岡県朝倉市頓田205-1   立石コミュニティセンター
■TEL・FAX  (0946)22-2101
■e-mail    tateisi-com@city.asakura.lg.jp  
********************************************

[PR]
by tateishikou | 2014-06-17 14:25 | ★コミュニティからのお知らせ | Trackback | Comments(0)

平成26年度 成人学級スタート

6月13日(金)

みなさま こんにちは。

例年より1カ月遅れの開講となりましたが、昨日 平成26年度 成人学級スタートしました。
定員をチョッピリオーバーしましたが32名の受講生のみなさんでスタートです。


第1回目は、
講話 【 お腹の健康づくりとスキンケア 】
講師 くるめ病院 皮膚・排泄ケア認定看護師 亀川 博江氏

b0184648_13202890.jpg
亀川さん



b0184648_12553684.jpg

★ おなかの健康 ★

①アンチエイジング
②食べてきれいになる
③大腸がんはこわくない



b0184648_12555963.jpg
「元気に長生きすることを目指す予防医学」です



b0184648_13101624.jpg


b0184648_13103804.jpg




b0184648_13110174.jpg




b0184648_13133809.jpg



b0184648_13140000.jpg



b0184648_13141964.jpg





b0184648_13144534.jpg



b0184648_13150635.jpg

お腹の健康からだの健康に直結しているのです!!



b0184648_13380687.jpg

スキンケア。

b0184648_13382898.jpg


b0184648_13390747.jpg

b0184648_13392938.jpg



b0184648_13395318.jpg




b0184648_13400980.jpg




b0184648_13410599.jpg
食物繊維を摂りましょう。

b0184648_13415414.jpg



b0184648_13422519.jpg


b0184648_13424202.jpg


b0184648_13432108.jpg


b0184648_13434512.jpg


b0184648_13450176.jpg


b0184648_13452424.jpg

b0184648_13454956.jpg


b0184648_13461205.jpg


b0184648_13463569.jpg




b0184648_11400123.jpg
みなさん真剣に聴講中


b0184648_13371166.jpg
後姿も真剣


b0184648_14051042.jpg



お腹の健康のまとめ

b0184648_13471168.jpg




b0184648_13473728.jpg



お腹とお肌は連動していますのでご自愛下さい。


今回お世話になったくるめ病院 には、平成20年と平成24年にも講話をして頂き健康管理に大変役立つおはなしをしてもらいました。
健康に関する講演会を企画中でイロイロとお悩みのみなさま、くるめ病院 に相談なさってはいかがでしょうか?
地域でのイベントや地域団体でおはなしをして下さいますよ。

企画内容に応じて、医師・薬剤師・看護師・保健師・栄養士・理学療法士の方々がお手伝いして下さいます!!

今回の講演も大雑把な 計画段階から相談にのっていただき、大変助かりました。

心強い限りです。

↓ コチラ ↓
■ 特定医療法人社団高野会 くるめ病院
  地域医療連携課内
 〒839-0865
 久留米市新合川二丁目2-18  ℡(0942)43-5757
  
くるめ病院亀川さん隠塚さん、お忙しい中にお越し頂きましてありがとうございました。

受講生の皆さん方も「今日のお話、聞けて良かった~。」と、とても喜んで帰られました。
また機会がございましたら、よろしくお願いいたします。


さて、次回の成人学級②は、
★7月10日(木)10:00~11:15(予定)
★「 介護予防教室 」 講師:ウエルネスサポート 佐藤 昌久氏
★動きやすい服装でお越し下さい








*******************************************
   ◇◆朝倉市 立石コミュニティ◆◇   
〒838-0064   
福岡県朝倉市頓田205-1   立石コミュニティセンター
■TEL・FAX  (0946)22-2101
■e-mail    tateisi-com@city.asakura.lg.jp  

*******************************************



[PR]
by tateishikou | 2014-06-13 14:49 | ★成人学級 | Trackback | Comments(0)

あさくら再発見ウォーク

6月2日(月)

2014年の折り返しの月、6月に入りました!

5月31日(土)に、あさくら再発見ウォークを開催いたしました。

今年のあさくら再発見ウォークは、秋月再発見スペシャルコース!!(命名:奥田事務局長 )
贅沢にも、秋月学校ガイドボランティアさんの説明を聞きながら、秋月再発見ウォークです。
今回は、秋月学校ガイドボランティアさんの、三坂さん山本さんにお世話になりました。

土曜日は幸いお天気にも恵まれ(去年のあさくら再発見ウォークは、雨だったのです・・・)、51名のお申込を頂きました。

b0184648_11202812.jpg




b0184648_09381818.jpg
朝倉市スポーツ推進員である上田さん指導による入念なストレッチ運動・・・。

すでにココで、疲れた・・・との声もあがりましたが元気に出発!!

b0184648_09383450.jpg


市指定有形文化財 旧田代家住宅
 石田家住宅は、秋月町並みの中心部に位置します。もともと、秋月藩御用商人甘木屋遠藤家の持家で、出店や貸家として使用されていました。明治になると、遠藤家は秋月を離れ、昭和なって石田家に譲渡されました。石田家住宅の特徴は、典型的な町屋が2棟並びに建ち、それを併合したり分離したりしながら、巧みに居住区館を利用している事にあります。

 妻入入母屋の外観をみせる西棟は、「津乃屋」と呼ばれ、宝暦の大家(1762)後、すぐに再建されました。また切妻屋根の東棟は「辻の屋」と呼ばれ、寛政11年(1799)に建てられ、幕末に改修したという記録が残ります。

b0184648_09390050.jpg



b0184648_09394476.jpg


廣久葛本舗

b0184648_09405775.jpg

b0184648_09411142.jpg
店内に飾られている鎧の見学



筑前秋月和紙処
b0184648_09413051.jpg


b0184648_09414241.jpg
和紙作りの様子の見学




b0184648_09415689.jpg


田中天満宮
 田中天満宮は、本来 中世秋月氏の家臣であった古賀平左エ門の屋敷内にあったものを、黒田長重の時、島原の乱に出陣した藩祖黒田長興の武運祈願が成就したため、現地に再建されたと言われています。以来、歴代藩主が参拝に訪れたと伝えられています。

 また、明治9年に起こった、秋月の際には、決起した今村百八郎ら士族の集合場所となりました。この境内に所在するイヌマキは、田代家のイヌマキと同様に、マキとしての規模は大きく、樹齢400年と推測されます。 ☆樹高:24.0m/胸高周囲:3.20m

b0184648_09422673.jpg


b0184648_11205640.jpg


b0184648_11211288.jpg





日限地蔵尊
 秋月藩士 後藤他門が江戸参勤交代の時、大病(腸チフス)を患い、一命が危ないところを、江戸芝の松秀寺日限地蔵尊に祈念し、病を完治したことから、日限地蔵尊の分身を勧請安置しました。その後、嘉永6年(1853)藤田吉蔵が地蔵院債権しました。見事な石垣は、明治33年に地元の内田幾太郎が熊本城を参考に築いたものです。
b0184648_09431258.jpg


b0184648_10121402.jpg
「何でも願い事が叶いますよ」とガイドの山本さんが


b0184648_11213195.jpg
武者返しの石垣






b0184648_09441716.jpg
清流庵のお庭拝見させていただきました



古心寺
 秋月黒田氏の菩提寺。興雲山古心寺。
黒田長興により、父長政の菩提を弔うために建立されました。
境内の奥の一角に秋月黒田家十二代までの藩主、正室、側室、子女達の墓が並んでいます。
高さが2m以上ある墓が並んでおり、風化もせずにきちんと並んでいます。
この墓は秋月石と呼ばれる花崗岩です。
黒田長政の長男であった「忠之」は暗愚(おろか=頭の働きがにぶいさま。考えが足りないさま。)であったために、長政は聡明な三男の長興(ながおき)を後継者にしようと思っていましたが、家老の栗山利章が反対したため、結局は忠之が第2代藩主となりました。しかし、長政の遺言で長興に5万石(秋月藩)を分知しました。
この時に初めて秋月黒田藩が誕生したのです。この恩に報いるために、「黒田長興」が、この古心寺を建立しました。


b0184648_09443782.jpg


b0184648_09454330.jpg




b0184648_09455928.jpg



b0184648_09461521.jpg






日本最後の仇討
 秋月藩執政の臼井亘理(うすいわたり)は、藩はじまって以来の大極流の軍学に対し、足軽の新銃隊(福岡本藩に習った様式兵制)を組織しました。これに怒った「干城隊」と称する青年士族グループが臼井亘理宅に押しかけ、妻もろとも斬殺しました。長男六郎(当時11歳)は、祖父と別室に寝ていて難を逃れました。この時「稽古館」助教の中島衝平も斬殺されました。19歳になった六郎は、直接父母に手を下した一瀬直久(旧名 山本克己)を追って上京します。一方、一瀬は司法省に入り、官吏の道を歩んでいました。六郎は苦難のすえ、明治13年12月17日東京上等裁判所(現 東京高裁)判事に出世した一瀬を旧秋月藩邸で、父遺愛の短刀を用いて刺殺しました。(六郎23歳)
明治6年の仇討禁止令後の出来事で、世に“日本最後の仇討”と呼ばれました。六郎は、明治14年9月に終身刑を言い渡され服役していましたが、明治23年大日本帝国憲法公布により大赦の施行で仮出獄し、大正6年9月に亡くなりました。
享年60歳。


b0184648_09463080.jpg





腹切岩
 天生15年(1587年)3月、豊臣秀吉は、九州平定の途につきます。
(第一陣、第二陣は1月に出陣)
秋月種実は島津義久と同盟し、秀吉の軍を迎え撃ちますが、北九州随一の堅城を誇った岩石城をわずか一日の戦いで攻め落とされて降伏します。
それまで筑前・筑後・豊後の3カ国11郡36万石余を誇っていた旧領を失い、わずかに その10分の1以下の日向財部(たからべ/高鍋)3万石に移されました。これより先、秋月の重臣の一人、恵利内蔵助暢堯(えりくらのすけのぶたか)は、秀吉勢は強大で、秋月勢の到底抵しきれるものでないことを悟り、種実に和を結ぶことを進言しますが理解を得られず、かえって怒りを買い、ついには自刃するという悲劇に終わりました。
《天生15年(1587年3月14日 享年38歳)》

b0184648_09464454.jpg



b0184648_09470610.jpg







鳴門観音
 寛永年中 当主 黒田長興が秋月に入国した後、恵利暢堯(えりのぶたか)の忠誠を感じ、一宇の堂を建立し、霊を安置され鳴門山音声寺と称された・・・と伝えられます。その後、廃寺となり、今残る観音堂は、国中第29番目の札所として巡礼されています。



b0184648_09472167.jpg



b0184648_09474599.jpg



b0184648_09480098.jpg



大涼寺
 秋月黒田長興の生母、大涼院殿の菩提寺です。
大涼院殿は徳川家康の養女永子で、寛永12年(1635)正月、当時秋月に蔓延していた疱瘡を患って51歳で逝去しました。新更新厚かった長興は、母の三回忌にあたり法要を営み、母の位牌をこの寺に安置しました。この寺はもともと、高照院浄仙寺と言って、天生3年(1575)の秋月氏時代、秋月氏の家臣であった牧四郎左衛門が別な場所で開山し、長興が入部したのち寛永9年(1632)に今の場所へ移されたと言われています。母の位牌を安置して、本堂背後の小高い丘に石碑を建てて、「秋月山浄仙院大涼寺」と改めて、寺領三十石を寄進しました。
b0184648_09481661.jpg


b0184648_09483293.jpg





b0184648_09485160.jpg



長生寺
 慶長5年(1600年)長崎の豪商、末次興膳善入が85歳の記念に建てたものです。本堂は立て直されましたが、山門は当時のものがそのまま使われています。ここには、緒方春朔のお墓があります。緒方春朔は、種痘の研究・人痘種痘法の全国への普及に尽力した後、文化7年(1810年)1月21日、63歳で没しました。
b0184648_09491950.jpg



b0184648_09521110.jpg


b0184648_09494076.jpg




b0184648_09515082.jpg
斎藤秋圃の天井絵


b0184648_09523063.jpg




b0184648_09525136.jpg




b0184648_09530574.jpg





b0184648_09532192.jpg


b0184648_09533815.jpg



杉の馬場
b0184648_09535438.jpg



b0184648_09541608.jpg


b0184648_09543718.jpg



b0184648_09545390.jpg




b0184648_09551135.jpg

櫓跡
 長屋門は、昭和62年度より3カ年計画で全面解体による保存修理がなされました。この解体によって新たな発見がありました。長屋門は城跡の旧位置にのこる唯一の遺構と伝えられていますが、昭和2年・文政3年に描かれた古地図では同じ位置に示されているので、位置が変わらなかったことは確かです。しかし、両図とも表門の幅よりせまく描かれています。解体の結果、長屋の中ほどに立柱の礎石の扉軸穴の偏心、門上部北側藁座から「嘉永三戊」の墨書が発見されました。この発見によって、本門は文政3年までは表門と同じ一間二戸薬医門か一間二戸棟門であったものが、嘉永3年に古材を利用して長屋をつけた現長屋門を建立したものと推定されます。
さらに幕末時の「秋月御館図」では、同じ大きさの長屋が描かれているが、解体前は南棟が桁行七間・梁行二間、北棟は桁行四間・梁行二間でした。発掘調査の結果、北側三間目は確認出来ませんが、二間は確実に張り出していたので、解体整備では、南棟は桁行七間・梁行二間のままとし、北棟に二間継ぎたして桁行六間・梁行二間の長屋門に拡張されています。

b0184648_09555975.jpg




瓦坂
 大手門「黒門」の土橋である瓦坂。互を縦に並べて土の流れを防ぎました。
b0184648_09561507.jpg





b0184648_09564227.jpg


b0184648_09570406.jpg




秋月城(福岡県指定文化財)黒門(福岡県指定文化財)
 杉の馬場の南東東側の高台にあり、現在は中学校と公園に利用されています。堀や石垣とともに本門(黒門)、長屋門が当時の面影を残しています。本門は黒門と呼ばれ、秋月氏の古処山域搦手門を黒田氏が秋月城の本門に移し、さらに明治初年の廃城の際、垂裕神社の表門としたものと伝えられています。門は木太い薬医門で本瓦葺、男梁の上に大板引き蟇股(ひきまた)をおいています。蟇股(ひきまた)や水引虹梁の絵様から、天生年間の秋月時代までは遡らないまでも、17世紀前半の建築と推定されています。

b0184648_09572200.jpg



b0184648_11173667.jpg



b0184648_11175175.jpg



b0184648_11181356.jpg





b0184648_11185301.jpg
秀吉が秋月征伐の際に腰かけたと伝えられる 大公石

b0184648_11190841.jpg




3時間歩いた後は、秋月コミュニティセンターで昼食。
秋月コミュニティセンターさん、場所を提供して頂きありがとうございました!!

b0184648_11192536.jpg


今回の昼食は、秋月の美味しいパン屋さん月の峠さんにお願いして焼きたてパンを準備してもらいました
お一人様、焼きたてのカレーパン1個 & お好みのパン(ぶどうパン、クリームパン、フランスあんぱん)をもう1個選んでいただきました。

どう選んでいただくかと申しますと・・・。

受付時にクジを引いてもらいました!

へへへ・・・大人も子どもも関係ありません!!
お昼のパン選びは自分でクジを引いて順番を決めるのだぁ~!!

※月の峠はコチラから(資)三隅製麺工場

あっ 肝心のパンの写真を撮り忘れております・・・。

みなさん自分の順番を大人しく待って、パンを慎重に選び ようやく美味しいパンを楽しむ時間です。



b0184648_10025924.jpg

b0184648_10031405.jpg

皆さん、暑い中お疲れ様でした。
案内をしていただいた三坂さん、山本さんありがとうございました。
昼食の場所を提供して頂いた秋月コミュニティセンターさん、お世話になりました。
月の峠さん、焼き立てのパンはとっても美味しかったです!

結局、終了時間になっても予定の場所を回りきれませでした・・・が、

「説明をしてもらいながら巡ってとてもわかりやすかった~」
「知っているつもりだった秋月の知らない面をたくさん観る事が出来た」
「ウォーキングが楽しかったし、パンが美味しかった」

と、終了後に参加者の皆さん方から「良かったよ」の感想と「続きを是非秋に!」という声も多く在りましたので、秋にまた秋月にお邪魔したいと計画中です。




b0184648_10035843.jpg

なお、今回ブログで各名所の説明を使わせて頂いた資料は、以前 朝倉市文化課乙藤さんからいただいていたものを無断使用させてもらっとります。
またしても・・・乙藤さん すみません・・・。

ちなみに乙藤さんから秋月を案内していただいた時の様子はコチラコチラ です。
秋月LOVEが溢れている様子を是非ご一読ください。

このブログを読まれたみなさん、秋月に行かれたくなったのではないでしょうか?
いいですよ~秋月


 秋月に興味がある方はこちらをクリックして下さいね

★★ 秋月観光マップ 「秋月城下町」 ★★





[PR]
by tateishikou | 2014-06-02 12:00 | ☆再発見ウォーク | Trackback | Comments(0)

朝倉市 立石コミュニティ      毎日のドタバタ日記


by tateishikou
プロフィールを見る
画像一覧