<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

6月13日(木)

暑い日が続いております。
みなさま、日差しに負けていらっしゃいませんか?
私は既に溶けております・・・・・。


さて本日の話題は、第2回 成人学級でございます。

今回は『笑いヨガ』です!
講師は、佐藤 昌久(さとう よしひさ)氏
b0184648_16411126.jpg
◆◆笑いヨガティーチャー
んんっ? どこかで聞いた事があるような(見覚えがあるような)???
・・・という方、このブログを読んでいただけていますね。

佐藤先生には、健康体操教室で講話もお願いしたことがございます。
その時に様子はコチラから。

肩書きをたくさんお持ちですが、パーソナルトレーナー・フィットネスカウンセラーと御紹介させていただければ大丈夫ですか?佐藤先生???

気になる笑いヨガとは?

b0184648_16554537.jpg

b0184648_16561258.jpg

b0184648_165632100.jpg



一言でいえば、笑いとヨガの呼吸法を組み合わせた運動です。

笑うことで元気になることができる!
そして年齢を問わず、どなたでも楽しく出来る笑いヨガ

耳にされたことがある方も多いかと思いますが、「ラフターヨガ=笑いヨガ」です。

ただ笑うだけのエクササイズだなんて驚きじゃありませんか?

普通は、何かおもしろいことを見たり聞いたりした時に笑いますが笑いヨガはユーモア、冗談、コメディは必要なく、理由なく笑うのです。

最初は先生の後に続いて、笑います。
皆で笑っていると、笑いの伝染力が働き、だんだんとおかしくなって無理なく自然と笑えるようになります。


1995年にインド人医師のカタリア博士がたった5人で始めたこの活動ですが、現在では全世界70カ国に広がっているそうです。


・ストレスが軽減 
・エンドルフィン(痛みを抑える物質)のレベルが上がるので、気分がよくなり様々な痛みが軽減される
・リラクゼーション効果を得ることができる


文字だけでは伝わりませんので、受講生のみなさんの楽しそうな様子を写真で御紹介いたしましょう。
b0184648_1772946.jpg

b0184648_1782133.jpg

b0184648_1784233.jpg

b0184648_179346.jpg

b0184648_1794082.jpg

b0184648_1710775.jpg

b0184648_1710473.jpg

b0184648_1711734.jpg

b0184648_17113115.jpg

b0184648_17121741.jpg

b0184648_17123462.jpg

b0184648_17125880.jpg

b0184648_17143379.jpg

b0184648_17145791.jpg

b0184648_17153227.jpg
◆◆な・何が始まる?
b0184648_17155566.jpg
◆◆ゴキブリ笑いヨガ
b0184648_17174147.jpg

b0184648_17182355.jpg

b0184648_171915.jpg

b0184648_17192783.jpg

b0184648_17195094.jpg

b0184648_1720959.jpg

b0184648_17203054.jpg


個人的に、説明は不要な感じのみなさんの笑顔の写真です。

「ホ~ホ~ホ~ ハア~ハア~ハア~ イエイッ!
いいぞ いいぞ イエイッ!」

最初から、無理なく自然に笑えるみなさんの声がだんだんと大きくなっていきました。

元気に動き回った後は、イメージトレーニング、そしてリラクセーションで、気持ちも体もクールダウンして終了です。

心地よい運動と、素敵な笑顔で終了しました。
佐藤先生ありがとうございました。
みなさん、と~っても満足してお帰りになりました。


b0184648_17205077.jpg

[PR]
by tateishikou | 2013-06-13 17:30 | ★成人学級 | Trackback | Comments(0)
6月1日(土)

6月は雨のスタートとなりました。

さて、本日 あさくら再発見ウォーク強行開催しました!

募集要項には「雨天中止」と書いておりましたが、へへへ・・・雨天決行です。
次回から、「小雨決行」にします。

中止するには、あまりにも残念なコースでしたので(自画自賛?)今朝、役員で開催決定をしてから、「きっと今日は中止だろ~なぁ~」と油断していた参加申込者の方達全員へ「開催します!」のお電話

何人かの方は、参加を見合わせられましたが、ほとんどの方は参加していただけました。

それでは さっそく今日の様子をご紹介いたしましょう!

今回初めて「現地集合・現地解散」にし、今日はお隣の筑前町にある大己貴神社の駐車場に集合して頂きました。

大己貴神社の参道入り口にある歴史の里公園で説明中・・・(だって雨が降り出してしまいまして・・・)
b0184648_15332814.jpg
◆◆本日のコース説明
b0184648_15414552.jpg
◆◆熱心に聞き入るみなさん
b0184648_15421234.jpg
b0184648_15485817.jpg
◆◆ストレッチ運動も大切

最初の目的地である大己貴神社

大己貴(おおなむち)神社
b0184648_15562289.jpg

ご祭神は、大国之主命(おおくにぬしのみこと)・天照大御神(あまてらすおおみかみ)・春日大明神(かすがだいみょうじん)。

仲哀天皇9年(紀元前200年)創建との伝承を持ち、日本最古級の神社と言われています。日本書紀に、仲哀天皇9年秋9月に神功皇后が諸国に命令して船舶を集め、兵卒たちを訓練しようとした時、軍卒が集まりませんでした。皇后は「きっと神の御心なのだろう。」と言って、大三輪社を建て、刀矛を奉納すると軍衆が自然と集まったと書いてあります。

神功皇后(じんぐうこうごう)、(成務40年 - 神功69年4月17日)は、仲哀天皇の皇后。
『日本書紀』では気長足姫尊(おきながたらしひめのみこと)・『古事記』では息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)・大帯比売命(おおたらしひめのみこと)・大足姫命皇后。父は開化天皇玄孫・息長宿禰王(おきながのすくねのみこ)で、母は天日矛裔・葛城高顙媛(かずらきのたかぬかひめ)。彦坐王の4世孫、応神天皇の母であり、この事から聖母(しょうも)とも呼ばれる。


b0184648_15575718.jpg

b0184648_15572292.jpg

b0184648_15582331.jpg
◆◆神主の高(こうの)氏に説明をしていただきました
b0184648_16131048.jpg



b0184648_16183363.jpg
◆◆次の目的地まで約50分テクテクテク・・・

この「約50分間のテクテクテク」の間には、上り坂が12分近く含まれています!
・・・少しだけ息切れしながら頑張って歩きました。

b0184648_16461737.jpg

松狭(まつお)八幡宮
ご祭神は神功皇后、八幡大神、住吉大神。
天徳4年(960)年8月に左大臣藤原重直が社を建立しました。本神社の祭神である神功皇后の伝承地であり、羽白熊鷲との戦いのために「松峡宮」を建て、戦に赴き、戦に勝利した皇后が「心安し」といったことにちなんでこの地方を夜須と呼ぶようになったと伝えられています。


b0184648_16243950.jpg

b0184648_16211617.jpg
◆◆石段92段を登ります
b0184648_16194867.jpg

b0184648_16304270.jpg
◆◆降りる時はこんな感じです
b0184648_16123625.jpg


b0184648_1631160.jpg
◆◆次の目的地まで約15分テクテクテク

老松宮
1587年戦国時代末期、秋月城主 秋月種実の家臣たちが岩谷城を焼き払おうと太宰府の村々に火をつけたところ、誤って太宰府天満宮に燃え移りました。宮司たちは御神体を守り栗田に逃れその様子を種実に訴えました。種実は大変怒って火をつけた家臣やその一族を殺しました。太宰府天満宮のたたりを恐れた種は、天満宮に関係があった筑前町栗田(寺家)に社を造り、御神体を約14年間守りました。筑前の国の領主となった小早川隆景が太宰府天満宮を再建し、御神体も元に戻りました。寺家に建てられた神殿は、そのまま老松宮として祭られています。

b0184648_16321745.jpg

b0184648_1633111.jpg

b0184648_16341967.jpg

b0184648_1635080.jpg
◆◆筑前町教育委員会 文化財係の平嶋氏(中央)に説明をしていただきました

そしてまた、雨の中を約20分テクテクテク。

五穀神社
古代、熊ケ山のあたりを官道(現在の国道)が通り、隈崎という馬継ぎの駅があったといいます。戦国時代、久光の阿弥陀ケ峰には秋月氏の出城があり、板並左京守という武将が城をあずかっていました。江戸時代の黒田長政の時、久光村は栗田村から分かれていました。産土神の五穀神社は、明和二年(1765年)、上高場村から久光村の阿弥陀ケ峰に移されたものです。文政三年(1820年)、秋月藩は、五穀神社の境内に倉を建て、飢饉に備えて米などを蓄えました。その米は七年後に1885俵になり、大風(台風)の時、村々に貸し与えられました。神社の階段下は街道の分かれ道になっています。南東の道は甘木・日田への豊後街道です。北東の山裾を縫う道は古く、弥永を通って秋月城下町に向かいます。

b0184648_16393476.jpg

b0184648_16415412.jpg

b0184648_16425515.jpg


b0184648_16434059.jpg


約10分テクテクテクと歩いて、最終目的地へ。

仙道古墳公園
九州では珍しい「盾持武人埴輪」がほぼ完全な形で出土したことで知られる装飾古墳。たくさんの埴輪(はにわ)が周囲を囲む円墳。6世紀の装飾古墳で、横穴式石室の内部には、赤や緑色で○、◎、△などの不思議な絵が描かれています。発掘調査 後、1978年に国の史跡に指定。現在は古墳公園として整備され、レプリカの埴輪を配置するなど当時の雰囲気を再現。あずまやには石室の模型もあります。

b0184648_16485620.jpg
◆◆晴れていればこんなに美しい眺めの公園です
b0184648_1650030.jpg

b0184648_16502329.jpg
◆◆石室模型
b0184648_16504767.jpg
◆◆石室にも入れていただきました!
b0184648_16532412.jpg

b0184648_16535059.jpg

b0184648_16542123.jpg

b0184648_16544229.jpg


貴重な石室を見学させていただいてから、20分程テクテクテクと歩いて、出発地点の大己貴神社まで戻りました。

えっ?お昼ご飯はって????

・・・・・・雨のため、食べないままUターンして解散後に参加者の方達はご自宅で「美味しいおにぎり」を召し上がられたと思います。

これだけが心残り・・・です・・・。

参加者の皆さま、本日のあさくら再発見ウォークはいかがでしたでしょうか?
雨の中、参加して頂きありがとうございました。
上り坂あり、石段92段あり・・・と少しキツイ場面もありましたが(私だけ?)解散時に、楽しかったとの感想を多くいただき喜んでおります!

また突然お伺いして、今日は子どもさんの運動会だったにも関わらず、説明の時間を割いて下さった大己貴神社の高(こうの)様、これまた突然お電話したのにも関わらず、コースの説明を引き受けて下さった平嶋様、本当にありがとうございました。

それに、「隣町にウォーキングに行くのでどなたかガイドさんを紹介して下さい!!」という厚かましいお願いに、筑前町教育委員会 文化財係の平嶋様を紹介して頂きました朝倉市教育委員会文化課の川端様にも感謝しております。

へへへ・・・もしもの時は、川端サンに一般参加者として(無理やり)参加してもらい、説明をして頂こう~かという悪だくみをしていた私です。
川端サンは、地元立石の方ですから 


新たな試みでしたが、もしかして大成功???だったかもしれません。
終りよければ全て良し!!

皆さま お疲れ様でした。

お風呂から上がられたら、両足に湿布をお忘れなく


過去の再発見ウォークの様子はコチラをどうぞ。
■□2012年
■□2011年①
■□2011年②
■□2010年
■□2009年


 ◇◆朝倉市 立石コミュニティ◆◇

  〒838-0064
  福岡県朝倉市頓田205-1
  立石コミュニティセンター

■TEL・FAX  (0946)22-2101
■e-mail    tateishikou@city.asakura.lg.jp
■blog    tateishiko.exblog.jp
  
                                      
[PR]
by tateishikou | 2013-06-01 17:11 | ☆再発見ウォーク | Trackback | Comments(0)

朝倉市 立石コミュニティ      毎日のドタバタ日記


by tateishikou
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30