<   2010年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

11月29日(月)

本年度の立石地区文化祭27日(土)・28日(日)に開催されました。

前夜に雨が降り、寒い朝を迎えましたが 雨が上がりホッと一安心。
b0184648_14541262.jpg
◆◆みなさん、いらっしゃ~い


それでは文化祭の様子を タップリご覧ください!

まずは展示の部から。

今回は、出品者 417名・出品数 731点でした。
b0184648_14573362.jpg

b0184648_14575037.jpg

b0184648_14581633.jpg

b0184648_14583954.jpg


今回 初めて出品された方たちから。
b0184648_14585254.jpg
◆◆あみぐるみ

b0184648_1515040.jpg
◆◆手描き友禅

b0184648_1534647.jpg
◆◆刀鍔

b0184648_1541742.jpg
◆◆切り絵

b0184648_155752.jpg
◆◆木工細工は小学4年生の女の子の作品

b0184648_1585451.jpg
◆◆写真

b0184648_156033.jpg
◆◆タオルで作ったうさぎサン

b0184648_1565794.jpg
◆◆「布遊びサークル」の方たちの作品 ガーゼマフラーは販売もしてくださいました

b0184648_2142269.jpg
◆◆とんぼ玉
その横にある不思議な箱は???
b0184648_150755.jpg
◆◆「のぞいて見てください」???
b0184648_1512137.jpg
◆◆中をのぞいて見ると・・・綺麗!!!!

そして、毎年出品されている方たちの作品。
b0184648_1593970.jpg
◆◆ちぎり絵

b0184648_151001.jpg
◆◆パッチワーク

b0184648_15103275.jpg
◆◆はり絵

b0184648_15105878.jpg
◆◆フラワーアート

b0184648_15112197.jpg
◆◆樹脂粘土

b0184648_15114924.jpg
◆◆子ども習字教室

b0184648_15121498.jpg

b0184648_15122426.jpg

b0184648_15123138.jpg

b0184648_15124255.jpg


b0184648_1513652.jpg
◆◆水墨画教室

b0184648_15133236.jpg
◆◆俳句教室

b0184648_1514015.jpg
◆◆陶芸

b0184648_15143189.jpg
◆◆青梅保育園児のみなさんの作品
b0184648_1515336.jpg
◆◆一人ずつミノムシに

b0184648_15153835.jpg
◆◆立石保育園児のみなさんの作品

b0184648_1516875.jpg
◆◆立石小学校児童の作品

b0184648_15165978.jpg

b0184648_15171828.jpg
◆◆よく見ると花が顔になっていますよ!

b0184648_15174252.jpg
◆◆竹細工

そして、出演の部
今回の出演者数は170名でした。

27日(土)が子どもの部
b0184648_15281117.jpg
◆◆キッズエアロ

b0184648_1528561.jpg
◆◆けん玉道場生によるミュージックけん玉

b0184648_15295282.jpg
◆◆おはなしの会「あおむし」によるロール紙芝居 " はらぺこ あおむし "のあおむし役は柴山館長!

そして、翌28日(日)の大人の部の発表から一部ご紹介いたします。
b0184648_15204569.jpg
◆◆剣舞

b0184648_15211661.jpg
◆◆三味線教室

b0184648_15215325.jpg
◆◆社交ダンス

b0184648_15222057.jpg

b0184648_15223293.jpg

b0184648_15224417.jpg


b0184648_15233213.jpg
◆◆謡曲教室

b0184648_15241112.jpg
◆◆大正琴教室

b0184648_15252227.jpg

b0184648_15253498.jpg


b0184648_1526820.jpg
◆◆大勢の皆さんが熱心にご覧になっていました

そして、外のテントでは・・・・。
立石女性の会サンによる花苗販売・地元野菜の原価販売・ぜんざい・リサイクルショップ。
b0184648_15385462.jpg
◆◆花苗は大人気
b0184648_15402241.jpg
◆◆リサイクルショップは開店前から行列が
b0184648_1541793.jpg
◆◆ぜんざい
b0184648_15414784.jpg
◆◆新鮮な野菜を安価で販売

b0184648_15424215.jpg
◆◆竹箸づくり体験コーナー

b0184648_15433236.jpg
◆◆通学合宿の子どもたちによるホットドッグ販売
b0184648_15434347.jpg
◆◆200個が10分で完売!!

27日(日)には、立石ひまわり会さんが“カレー”“3色蒸しパン”を作って下さいました。
蒸しパンは午前中で完売。カレーもお昼過ぎには完売しました。
手作りのお漬物がたくさん添えられて、とても美味しい昼食タイムでした
残念ながら写真を撮る前にお腹の中に入れてしまいました・・・すみません

2日間で千人を超える来場者がありました。ご来館 ありがとうございました。
みなさま、いかがでしたでしょう???
ご意見・ご感想など、お聞かせください。
残念ながら、今回の文化祭を見逃した方、来年の文化祭をお楽しみに ♪

今回の文化祭に参加されたみなさま、前日の会場準備や当日の進行などお疲れ様でした。
みなさまのご協力に感謝申し上げます。
[PR]
by tateishikou | 2010-11-29 15:50 | ★その他 | Trackback | Comments(0)

立石フェスタ 2010

11月22日(月)

今年も立石小学校立石フェスタが開催されました。
※昨年の様子はコチラコチラからどうぞ

今年も午前中に体育館にて学習発表会、午後からは地域ふれあい体験教室が行なわれました。

学年別の学習発表会では、この日に向けて練習したことの成果が出て、どの学年もよく出来ていました。
ちなみに、

1年生・・・音読「くじらぐも」
      (大きな声で元気よく音読が出来ました)
2年生・・・音読「かさこじぞう」/歌・合奏「山のポルカ」
      (声を揃えて上手に音読が出来ました。歌も上手)
3年生・・・「つながろう友達・地域・つなげよう立石の未来へ」
      (3年生になると発表もずいぶん上手になります)
4年生・・・合唱「赤いやねの家」/合奏「ファランドール」
      (迫力満点の合奏ができました)
5年生・・・「稲作体験をみんなに伝えよう」
      (今年体験した稲作体験授業の様子を見事に再現!)
6年生・・・平和学習及び修学旅行
      (修学旅行での体験や学習したことを大きな声で発表できました)


全学年が終了したところで、おはなしの会「あおむし」によるロール紙芝居エリック カール作「はらべこあおむし」/人形劇 かがくい ひろし作「だるまさんが」の発表。

手作り手書きのロール紙芝居、「はらぺこあおむし」では、途中であおむしが食べ物を食べるシーンがあるのですが、食べ物の絵の真ん中に大きな穴があり、そこからあおむしが顔を出して「むしゃ むしゃ むしゃ。んーーっ おいしぃーっ!」とやるわけですが、ここは重要なポイントなのです。

今回のあおむしチャン役に抜擢されたのは、柴山館長 
柴山館長が可愛らしい緑の帽子(触覚付き)を被り、穴から顔を出した時には大歓声が上がりました!
りんごや梨を食べたり、すももやいちごを食べたり・・・1回1回穴から顔を出しては「むしゃ むしゃ むしゃ」と楽しいアドリブをはさんで子どもたちは大喜びでした。

「だるまさんが」も、大きなだるまさんを使っての人形劇?でとても楽しいものとなりました。


さてさて、午後からの地域ふれあい体験教室は、

★グラウンドゴルフ ★ソフトボール ★空手 ★ペーパークラフト 
★昔あそび ★消防体験 ★茶道教室 ★生け花教室 
★けん玉あそび ★布あそび ★おやつ作り ★竹細工 
★フラダンス ★国際交流


以上14教室を4~6年生が希望するクラスに分かれて体験しました。

その中から いくつかご紹介いたしましょう。

■■フラダンス教室
b0184648_1573135.jpg

b0184648_1574393.jpg

公民館のお茶の間教室「山本フラダンス教室」が教えてくださいました。
男の子2名の参加者も含め、短時間で1曲踊れるようになりました。

■■竹細工教室
b0184648_15102724.jpg

b0184648_15103924.jpg

立石公民館専属 地域活動協力部隊(←勝手に命名) 堀内 豊さんが公民館で大評判の竹細工「うさぎ」「とり」「かたつむり」など教えてくださいました。柴山館長もサポートしての竹細工教室は、みんなの真剣な作業が印象的でした。
※堀内 豊さんの竹細工はコチラコチラから

■■消防体験教室
b0184648_15142351.jpg

b0184648_1514094.jpg

立石第15分団のみなさんが、将来の消防団員獲得の為に?熱心に指導されていました。
団服を着せてもらったり、消防車に乗せてもらったりして子どもたちは大ハシャギ。

■■布あそび教室
b0184648_15162045.jpg

b0184648_15164991.jpg

公民館のお茶の間教室「布遊びサークル」のみなさんが、子どもたちにお手玉の作り方を指導されました。
完成したお手玉を自慢げに見せてくれる子どもたち!

■■国際交流教室
b0184648_15181310.jpg

b0184648_1519388.jpg

(財)オイスカのみなさんのご協力により、各国から研修生として来日されているオイスカの研修生のみなさんが、自分の国を子どもたちに紹介してくださいました。
そのあとの“つみき広場”は、大人も子どももひたすら積み木に没頭!

■■手作りおやつ教室
b0184648_15212712.jpg

b0184648_15214098.jpg

民生委員女性部の方たちが、おやつ作りを指導されていました。
この日は、蒸しパン。
とても美味しく出来上がっていました!

大勢の地域の人たちが子どもたちとふれあう地域ふれあい体験教室
教える側の大人も、習う側の子どもも笑顔の1日となりました。

午後からは恒例のPTAによるバザーもありました。
b0184648_15311195.jpg
◆◆開始早々 大勢のお客様達が・・・

清算コーナーの近くで何かが・・何かが・・・
b0184648_15322627.jpg
◆◆おさるさんとじゃんけん?

b0184648_1651617.jpg
◆◆おさるさんとじゃんけんして勝ったらカボスを貰える?

b0184648_1655419.jpg
◆◆左:佐々木PTA会長/右のおさるサン:北嶋PTA副会長 「まずい奴にみつかった」・・と指を指す図
せっかく可愛らしい格好をされているのですから、そんなに嫌がらないで下さい北嶋副会長。
写真を撮ったら、ご想像どおりブログに載せますとも
佐々木会長は とても嬉しそう・・・・。

立石小学校の先生方やPTAの方たちの連携がとても上手くいっている様子が伺える、楽しい立石フェスタでした。フェスタに向けての練習など、先生方のご指導はもちろんのこと、お世話される役員さんも大変でしたでしょう。関係者のみなさま、本当にお疲れ様でした。

そ・れ・と、
柴山館長のあおむしサンのお陰で、公民館が小学生の子どもたちにとってグンと身近なものになったハズ!!
みんな公民館をのぞいてみてね。あおむしサンがいるよぉ!
[PR]
by tateishikou | 2010-11-22 15:53 | ★立石小学校 | Trackback | Comments(0)

MUSICけん玉?

11月15日(月)

今日は寒い一日になりそうです。
みなさま風邪などひかれていませんでしょうか? 私は既に風邪ひきサン・・・


先週の13日(土)に、けん玉道場がございました。
次回の道場の日(27日)が立石地区文化祭にあたり、文化祭の発表に向けて練習を行ないました。

この日だけで内容を決めて練習をし、次は本番に臨む・・・という強行スケジュールです。

どんな発表にしようかなぁ~時間もないしなぁ~~~と困っていたところに、谷川さん(日本けん玉協会長崎北支部所属)が西海市から来てくださいました!!

(確か谷川さんが教えてある学童の子どもたちが「文化祭でけん玉の発表します。」とおっしゃっていたよなぁ~)

「是非その時の内容を教えていただきたい!!」とお願いしたところ、文化祭で使用した音楽のCDを持参されていましたので、やってみて下さいました。

津軽三味線 吉田兄弟の「RISING」

曲に合わせて、前後左右に移動しながらのもしかめ!!
曲調が変わってからの技披露もイイ感じ。

・・・音楽にノッて けん玉をやるのはカッコいいんじゃない???
・・・使える・・・・。

「谷川さん、パクらせて下さい!」

ということで、丸々使わせていただくことになりました。

b0184648_9542948.jpg
◆◆まずは立ち位置から
b0184648_9544522.jpg
◆◆指導開始!
b0184648_955141.jpg
◆◆谷川さんの掛け声で合わせます
b0184648_955136.jpg
◆◆みっちぃ先生のかけ声でやってみましょう


b0184648_9573162.jpg
◆◆座ったり立ったり
b0184648_9591048.jpg
◆◆前後に移動したり
b0184648_9583556.jpg
◆◆左右に移動したり
b0184648_9584922.jpg
◆◆とにかく動く!

けん玉で、もしかめをしながら座ったり立ったり、前後左右に動いたりするのは ものすごく難しいです。(私も家でやってみましたが、玉を落とす・落とす・・・)

なんとなく形が出来たところで終了時間となり、(私だけ)不安を残したまま本番を迎えそうです。

あとは、みっちぃ先生の掛け声が間違わなければ子どもたちは動けるハズ!!
そうです。みっちぃ先生。
当日の発表は、みっちぃ先生の掛け声にかかっているのです!!
よろしくお願いしますよ。

谷川さん、先月も困っていたところに来てくださいましたが今回も助かりました。
谷川さん、「どんぐりくらぶ」のみなさん、立石けん玉道場生 きっと頑張ってくれると思います。


また、当日の様子はブログでご報告できればと思います。
お楽しみに 

業務連絡:まさき先生、子どもたちの披露が終わって残った時間は、スゴ技紹介をよろしくお願いします。




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

当ブログでは、ブログ開設後の、平成21年度 第3回道場からの紹介をしております。
以前の道場の様子をご覧になりたい方は、

朝倉市教育委員会 生涯学習課ブログ『笑涯楽習のススメinあさくら』 をご覧ください。


平成21年度
1回目 2回目

平成20年度
記念すべき2008・7・22第1回目/ 第2回/ 第3回/ 第4回/ 第5回/ 第6回/ 第7回/ 第8回/ 第9回/ 第10回/ 第11回

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
[PR]
by tateishikou | 2010-11-15 10:41 | ★けん玉道場 | Trackback | Comments(0)

11月の成人学級

11月12日(金)

 今日は、九州全域や中国地方で黄砂が確認されました。
外に目をうつすと 灰色のどんよりした感じがなんとも不気味です。
昨年も10月と12月に飛来したそうで、2年続けて季節はずれの「春の使者」となりました。
福岡管区気象台によると、12日朝の福岡市内の視界は5キロ、山口県下関市は6キロだったようです。

 黄砂は、中国大陸の砂漠地帯で強風が吹き、舞い上がった砂塵(さじん)が偏西風に乗って運ばれてくる現象。近年は回数が増え、時期も早まる傾向にあります。大陸で発生した低気圧が日本海へ抜けた後、北西の風が運んできました。

 ウチの川端 主事が黄砂に反応?して「口の中がザラザラするぅ~。喉が痛い~。」とクシュンクシュンくしゃみをしながら仕事をしております。みなさんは大丈夫ですか?


さて、昨日の成人学級の様子です。
昨日は、朝倉市介護サービス課 高齢者・地域包括支援センターから来ていただいて「認知症サポーター養成講座」を開催いたしました。
これまでにも、立石女性の会主催で2回開かれていますが、成人学級では初めての講座になりました。

b0184648_14285639.jpg

b0184648_14291239.jpg



「痴呆」から「認知症」へ

2004年12月、「痴呆」から「認知症」へ呼称が変更されました。
「痴呆」には、侮辱的で、高齢者やその家族の尊厳を欠く表現であること、その実態を正確に表していないこと、早期発見・早期診断等の支障となっていること、それらが、認知症対策の取り組みへの障害ともなっているなどの現状があります。
 この変更を機に、みんなで認知症の人とその家族を支え、誰もが暮しやすい地域を作って行く運動「認知症を知り地域をつくる10カ年」のキャンペーンが始まりました。
「認知症サポーター100万人キャラバン」は、そのキャンペーンの一環として、認知症を理解し、認知症の人や家族を見守る、認知症サポーターを増やし、住み慣れた町で安心して暮らせる町づくりのお手伝いをされています。

※認知症サポーター
認知症養成講座を受けた方が「認知症サポーター」となります。何か特別なことをやる人ではなく、認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族を暖かく見守る応援者です。


❶認知症とはどういうものか
認知症とは、いろいろな原因で脳の細胞が死んだり故障したりすることで、生活に支障が出てくる脳の病気で、「認知症」は病名ではなく症状名です。
脳は、ほとんどの活動をコントロールしている司令塔です。これが上手く働かなければ、精神活動も身体活動もスムーズにいかなくなります。
 認知症は、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりするために、様々な障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態です。

❷認知症の症状
脳の細胞が壊れることによって直接起こる症状が記憶障害、見当識障害、理解・判断力の低下、実行機能の低下など中核症状と呼ばれるものです。これらの中核症状のため周囲で起こっている現実を正しく認識しなくなります。

❸中核症状
★記憶障害 
人間には、目や耳から入った情報の中から、関心のあるものを一時的に捕えておく器官と重要な情報を長期に保存する場所がありますが、年齢を重ねて行くうちに一度のたくさんの情報を処理することが出来なくなり、必要な時に必要な情報を取り出すことが困難になってきます。

★見当識(けんとうしき:現在の年月や時刻、自分がどこにいるかなど基本的な状況を把握すること)障害 
時間や季節感の感覚が薄れることから始まります
予定に合わせて準備することが出来なくなり、もう少し進むと時間間隔だけでなく日付や季節、年次に及び、何回も今日は何日かと質問したり、季節感のない服を着たり、自分の年齢がわからないことなどが起こります。
 これが進行すると、方向感覚が薄らいで道に迷い、自宅の場所がわからなくなったり、歩いて行けそうにない距離を歩いて出かけようとしたりします。
 過去の記憶を失うという症状まで進行すると自分の年齢や人の生死に関わる記憶がなくなり、自分の周りの人間関係がわからなくなります

★理解・判断力の障害 
考えるスピードが遅くなりますが、逆の見方をすると時間をかければ自分なりの結論に至ることが出来ますので、急がせないことが大切です。
一度に処理できる情報の量が減り二つ以上のことが重なると上手く処理が出来なくなります
必要な話は簡潔にする事が重要です。
些細な変化、いつもと違う出来ごとで混乱を来しやすくなります。観念的な事柄と、現実的・具体的な事柄が結びつかなくなります。

★実行機能障害
計画を立て按配することが出来なくなり日常生活が上手く進まなくなります

・仕事や家事の時間に沿って順序だてて行う
・いくつかの家事や仕事を同時進行で行う       
・予想外の変化にも適切に按配してスムーズに行う

これらの事が出来にくくなる
手助けがあればかなりの部分できる
⇒⇒保たれている能力を活用する支援

★感情表現の変化
認知症になると その場の状況が読めません。認知症の人は時として、周囲の人が予測しない思いがけない感情の反応を示します。それは認知症による記憶障害や見当識障害、理解・判断力の障害のため、周囲からの刺激や情報に対して、正しい解釈ができなくなっているからです。
  
❹周辺症状とその支援
★元気がなくなり、引っ込み思案になることがある。
 認知症の症状が出て来ると、周囲が気づく前から本人は漠然と気がついています
これまでテキパキと出来たことが、手順が悪く時間がかかるうえに、上手く出来なくなります
家の整理整頓や掃除も同じで、片付けるつもりが散らかって収拾がつかなくなり、家の中は散らかり大事な物でもどこかに行ってしまいます。
 意欲や気力が衰退したように見えるので、うつ病とよく間違えられます。
全てが面倒で、以前は面白かったことでも興味がわかないと感じる場合も多いようです。
 能力の低下を自覚し、自ら認知症を疑って将来に望みを失くし、うつ状態になることもあります。
周囲の対応としては、本人に恥をかかせない事が大事です。それとなく手助けをして、成功体験に結びつけることが出来れば笑顔が戻るようになるでしょう。

 ★身の回りのことに支障が起こってくる
 認知症が進行すると、入浴・更衣・排泄・食事など、基本的な生活動作に援助を必要とします。

 本人がもともと持っている性格、環境、人間関係など様々な要因で起こる症状
⇒(周辺症状・随伴症状)
 ★不安・焦燥 ★うつ状態 ★幻覚・妄想 ★徘徊 ★興奮・暴力 ★不潔行為 ★せん妄


❺認知症の診断・治療
認知症は、早期受診、早期診断、早期治療は非常に重要です。
治る病気や一時的な症状の場合がありますので、早く受診することが大切です。
認知症の診断は、初期ほど難しく高度な検査機器と熟練した技術を要する検査が必要ですので、専門の医療機関への受診が不可欠です。
受診した場合、CT/MRI/脳血流検査などの画像検査、記憶・知能などに関する心理検査に加え、認知症のような症状を引き起こす身体の病気でないことを確認する検査を行います。

❻認知症の予防について
★発症のリスクを少なくする
認知症は脳の神経細胞ネットワークが何らかの原因で壊れてしまうことで生じ、加齢が最も大きな要因です。防ぎようがないと思われがちですが、認知症の約2割を占める脳血管性認知症の予防には、高血圧や高脂血症、肥満などの対策がとても有効です。
また認知症の半数以上を占めるアルツハイマー病でも、運動をはじめとする生活習慣病対策が発病のリスクを減らす(発病を遅らせる)ことが示されています。

脳を守る3つの要素
・栄養 ・運動 ・交流
自ら楽しむことが大原則です。

❼認知症予防10カ条
(1)塩分と動物性脂肪を控えたバランスの良い食事を心がけよう
(2)適度に運動を行い、足腰を丈夫にしよう
(3)深酒とタバコはやめて、規則正しい生活を送ろう
(4)生活習慣病(高血圧・肥満など)の予防・早期発見・早期治療をしよう
(5)転倒に気をつけよう
(6)興味と好奇心をもつようにしよう
(7)考えをまとめて表現する習慣をつけよう
(8)細やかな心配りをして、よい人間関係を築こう
(9)いつも若々しく、おしゃれ心を忘れずにいよう
(10)くよくよしないで、明るく前向きに生活しよう


❽認知症の人への対応の心得
 3つの「ない」
1.驚かせない  2.急がせない  3.自尊心を傷つけない

◆具体的な対応の7つのポイント
その1・・・まずは見守る
 認知症と思われる人に気づいたら、本人やほかの人に気づかれないように一定の距離を保ち、さりげなく様子を見守ります。近づきすぎたり、ジロジロみたりするのは禁物です。

その2・・・余裕を持って対応する
 こちらが困惑や焦りを感じていると、相手にも伝わって動揺させてしまいます。自然な笑顔で応じましょう。

その3・・・声をかける時は1人で
 複数で取り囲むと恐怖心をあおりやすいので、出来るだけ1人で声をかけます。

その4・・・後ろから声をかけない
 一定の距離で相手の視野に入ったところで声をかけます。唐突な声かけは禁物。
「何かお困りですか?」「どうなさいました?」「お手伝いしましょうか?」など。

その5・・・相手に目線を合わせて優しい口調で
 小柄な方の場合は、身体を低くして目線を同じ高さにして対応します・

その6・・・穏やかに、はっきりした滑舌で
 高齢者には耳が聞こえにくい人が多いので、ゆっくりとハッキリした滑舌を心がけます。方言でコミュニケーションをとることも大切です。

その7・・・相手の言葉に耳を傾けて ゆっくり対応する
 認知症の人は急がされたり、同時に複数の問いかけに答えたりすることが苦手です。相手の反応を伺いながら会話をしましょう。たどたどしい言葉でも、相手の言葉をゆっくり聞き、何をしたいのかを相手の言葉を使って推測確認していきます。

❾認知症サポーターにできること
□地域で
認知症の人が困っている様子が見えたら「何かお手伝いすることがありますか?」と一声かけてみます。たとえ具体的な援助は出来なくても理解者であることを示すことができます。
 認知症の会ご家族には、「近所に迷惑をかけているのでは・・」という思いがあることがあります。「大変ですね。お互い様ですから、お気遣いなく」といった一言や、労いの言葉をかけることで、家族の気持ちは随分と楽になるものです。

□働く場面で
 地域で働く人の理解があれば、認知症の人が一人で買い物や食事に出かけることが可能になります。たとえ道に迷うなどしても安全に暮らすことができるでしょう。日常生活に直接関わる業種に従事している人々の理解と協力は、認知症の人の地域での生活の継続に大きな支えとなります。

b0184648_14484027.jpg

b0184648_1449444.jpg
◆◆受講するとオレンジリングがもらえます


認知症サポーターの事が詳しく知りたい方は・・・
全国キャラバン・メイト連絡協議会
地域の方々が、認知症予防を含め、認知症に対する正しい知識をお持ちいただき、認知症の方やご家族をサポートできる町づくりに参加していただくことで、認知症になっても安心して暮らせるまちを住民の手でつくっていくことを最終目標にしています。

「認知症を学び、地域で支えよう」

ここ立石地区でもオレンジリングをした人が増えますように。
[PR]
by tateishikou | 2010-11-12 15:12 | ★成人学級 | Trackback | Comments(0)
11月11日(目)

今日は2つのお知らせがございます。

まずは、立石地区在住の方には、11月15日号市報と同時配布予定のたていし公民館だより 第65号をお届けいたします。

※紙面をクリックしていただくと拡大します
b0184648_15511780.jpg


そして、立石地区文化祭の詳細です。
b0184648_15542647.jpg

★★★ バザーの部 ★★★
◆11月27日(土)
※立石女性の会
リサイクルショップ・・・・午前10時~
タオル・洗剤・陶器など、掘り出し物がきっとあるはず!

※布遊びサークル(お茶の間教室)
小物作り体験コーナー(300円)
手作りガーゼショール販売(800円~1000円/30本限定)
・・・・午後1時~売切れ次第終了

小学生のみなさんでも作れるような小物作りが体験できます。
1本あると重宝するガーゼショールは何色か準備していただいています。
手染めなので、同じものは1つとありませんよ。


※通学合宿の子どもたち
ホットドッグ販売(30円)・・・・午後12時~
通学合宿でお世話になった方たちをお招きしての食事会で多くの方から褒めていただいたホットドッグ。
今度は地域の方たちに試していただきましょう!


※社会教育部会
マイ箸作り体験コーナー(布箸袋付き100円/限定50セット)・・・午後2時~ 
堀内 豊さんに竹箸づくりを教えていただきます。
自分にぴったりのお箸作りを、親子で楽しんでみませんか?


◆11月28日(日)
※立石女性の会
リサイクルショップ
ぜんざい(100円)
地元野菜の原価販売
・・・・午前10時~売切れ次第終了

昨年も大好評だったぜんざいが再登場!!
地元野菜の原価販売も魅力的です。


※立石ひまわり会
カレー(200円)/子どもカレー(100円)
蒸しパン(100円)
・・・・午前10時~午後2時まで

地区文化祭ではお馴染みの、ひまわり会さん特製カレーと蒸しパン。
コレがないと文化祭が始まりません。


そして、出品の部、出演の部のプログラムは・・・。
b0184648_15543564.jpg

b0184648_15544736.jpg

b0184648_15545963.jpg


プログラムを見るだけでも楽しそうでしょう?
きっと、楽しくなるハズですので、ぜひお越しください。
みなさまご来館をお待ちしております ♪
[PR]
by tateishikou | 2010-11-11 16:27 | ★コミュニティからのお知らせ | Trackback | Comments(0)

文化祭に向けて

11月4日(木)

早いもので、今年も残すところあと2カ月になりました。

ここしばらくブログをお休みして何をしていたかと申しますと、今月の27日・28日に開催する立石地区文化祭社会教育部会の一員である公民館が計画している出し物の下準備に追われておりました。

その1つをご紹介します。

★竹箸作り体験コーナー★
(申し訳ないほど)お世話になっている堀内 豊さんに竹箸作りを指導していただきます。

通学合宿での竹細工体験の様子


竹箸作りの計画も、形になるまでは紆余曲折がありました・・・。
(計画は堀内さんに講師を快諾いただき、順調にスタートしましたが、具体的に計画を進めて行くうちに川端 主事の計画がドンドン大きく膨らんでいっただけです・・・・。)

最初は堀内さんに作っていただいた完成品の菜箸を販売しよう。「堀内さん、販売用に菜箸作りをお願いします。」から始まったこのエンドレス箸作り体験準備
これが堀内さんと私の「ハムスター 回し車生活」の始まりでした・・・。

川端 主事プレゼンツ、竹箸作り体験コーナーの今日現在の指令。

❶完成した竹箸を買うだけでは勿体ないのでは?竹箸作りはとても楽しいので是非 子ども達に体験してもらいたい ♪ 
「堀内さん、子ども達に竹箸づくりの指導お願いします。」
・・・堀内さんを見て微笑む川端 主事・・・・。

❷マイ箸を作るなら箸袋が要るじゃないか??? それならお店で買うと勿体ないから自分たちで作ったらどうかしら??
「箸袋作りは、よろしくね。外側と内側の絵柄が違う方が可愛いから生地は2種類でね。」
・・・私を見て微笑む川端 主事・・・・。

最初は確か20組の予定で計画していた竹箸づくりですが「20組じゃ少ないから50組にしましょう ♪」とにこやかに増産を決めた川端 主事でした。

真面目な堀内さんは、マイ箸の分の竹箸は、文化祭当日に作るので竹を準備して下さるだけでいいのに、当日作れないけど竹箸が欲しい人のためにと、完成品を作っては公民館に持参し、作っては持参し・・・を繰り返されています・・・。

そして私の机の上からノートパソコンが消えて、ミシンが代わりに幅を利かせておりました。
素人の雑な作り方とはいえ50枚の箸袋を作るのは時間がかかります。
先週から公民館では朝からミシンの音が鳴り響いておりました。
b0184648_2027818.jpg
◆◆ようやく出来あがった箸袋50枚・・・

b0184648_19472074.jpg
◆◆堀内さんの作られた竹箸を入れて・・・

b0184648_2028082.jpg
◆◆クルクル巻くとこんな感じに

お茶の間教室で来館される方達から毎日「何を作っているの?」と聞かれる度に、
文化祭と竹箸づくりの話をしておりましたが、子どもを対象にしている事を残念がる方も多く、「大人の方達にも体験していただきたい!」とキラリと川端 主事の目が光るのを私は見逃しませんでした・・・・。

堀内さんの丁寧な仕上げをされた竹箸をごらんになりたい方は、ぜひ文化祭にお越しください。
体験コーナーは大人の方も参加も可能になるかと思いますので、どうぞのぞいてみてください。
公民館の駐車場でテントをたててお待ちしております。

体験コーナーは、27日(土)午後2時くらいからを予定しております。
また文化祭の詳細につきましては、後日お知らせいたします。

あれやって下さぁ~い  これやって下さぁ~い と立石公民館からお願いばかりされる堀内さんですが、お忙しいのに菊も作っていらっしゃいます。
b0184648_20483180.jpg
◆◆堀内 豊さん

「えっ??菊も作っていらっしゃるんですか?? それなら是非 公民館に飾らせて下さい!」
・・・とまたしてもお願いされてしまう堀内さん・・・。

b0184648_20495687.jpg

b0184648_20501351.jpg

b0184648_20502678.jpg

b0184648_20504048.jpg


綺麗で大きな菊を運んで下さいました。
本当に いつもいつも ありがとうございます 堀内さん!
また文化祭は よろしくお願いしますね。

 ◇◆朝倉市 立石公民館◆◇

  〒838-0064
  福岡県朝倉市頓田205-1
■TEL・FAX  (0946)22-2101
■e-mail    tateishikou@city.asakura.lg.jp
                                      
[PR]
by tateishikou | 2010-11-04 20:55 | ★その他 | Trackback | Comments(0)

朝倉市 立石コミュニティ      毎日のドタバタ日記


by tateishikou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30