<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

講演「読み聞かせと読書を科学する ~脳科学・認知心理学からみた読み聞かせ~」

5月31日(月)

今日は昨日ピーポート中ホールで開催された講演会のご紹介をいたします。

まずは、講演会の前に「虹の会」の竹中圭子さんによる朗読が行なわれました。

 ~朗読~「天狗笑(わらい)」豊島 与志雄 作

※※※※※※ 豊島与志雄  ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
1890年(明治23年)生まれ~1955年(昭和30年)没。
朝倉郡福田村(現 朝倉市小隈)に生まれる。
●主な作品:童話「シャボン玉(ハボンスの手品)」「天下一の馬」翻訳本「レ・ミゼラブル」他
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



そして講演会。
関心の高さからでしょうか、中ホールがほぼ満席でした。


《 朝倉市子どもの読書活動推進計画」策定記念講演会 子どもの明日を考える講演会 》

講演「読み聞かせと読書を科学する
~脳科学・認知心理学からみた読み聞かせ~」

講師:内海 義彦さん


※※※※※※  講師紹介  ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
朝倉市出身。セラピスト、NLPマスター。現在 日本カウンセリング学会正会員。
我が子への読み聞かせを通じ、地域の子どもたちへの文庫活動を始める。
現在、日本公文教育研究会、那覇事務局勤務。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

   



❶読み聞かせは、子どもの「こころの脳」に働きかけている


読書の時の脳の状態・・・≪前頭前野が働いている≫=自分を自制する、キレない子

■読み聞かせの時の脳の状態を調査■
聞いている状態⇒「大脳辺縁系」(爬虫類脳)が活発に働いている
=情動・感情を豊かにする箇所
心の発達をうながす

記憶・学習
思考・想像
行動・情動の抑制
意欲・自主性
集中力・自主性
コミュニケーション

≪音読≫
口に出す(視覚)・音を聞く(聴覚) ⇒ 黙読は“視覚”だけ

■「読み聞かせは 心の脳に届く」■泰羅 雅登教授
 『心の脳』に働きかける「読み聞かせ」


■「実際の読み聞かせVTR」を「逆回しVTR」との比較■
前頭前野は働かず、大脳辺縁系が活動する
⇒「通常VTR」の方がよく活動する=「逆回しVTR」でも反応するということ

子どもは話す言葉がわからなくても、一生懸命つかもうと脳が働いている
0歳時ブックスタートは意味がある
⇒⇒知らない言葉でも理解しようとする
⇒⇒知っている言葉が多いほうがよく働く


■子どもの素晴らしい能力■
イタリアの研究チーム
・生後数日より親の声を聞き分ける
・3までの基数(概念)を持っている

アメリカの研究チーム
・生後4カ月後には、言葉を理解している
・生後数カ月後には、出来事を理解している
・幼児は善悪の判断もつく


■『読み手』の脳の働き■
初見の本・読みなれた本の脳の活動差なし
音読と読み聞かせでは、コミュニケーションに関係した箇所の差があった
読み手の情動反応が聞き手ての情動反応に伝わる
⇒⇒伝えたい気持ちがあるからこそ、子どもの心の脳が活発になる

■「エリクソンの発達段階」と脳の働き■
安心(信頼)  ⇒自立・自発(感情表出)  ⇒勤勉さ(自己コントロール)
基本的信頼感   豊かな感情「大脳辺縁系」  高度な行動の修得「前頭前野」

■「心の脳」に働きかける 読み聞かせ■

★まとめ
読み聞かせは、まず子どもの「心の脳」に働きかけ、喜怒哀楽の情動の基礎をしっかり作る
コミュニケーションを深めることにより強いきずなが形成されていく
その子によりよく生きる脳が作られていく力が秘められていく

■家庭での環境・生活と子どもの学力■・・浜野 隆(ベネッセ)
保護者の子どもへの働きかけと子どもの学力の関係
保護者の普段の行動と子どもの学力の関係

■その他の子どもの脳を発達させるポイント■
睡眠時間  朝食  親子で過ごす  親子で調理する  友達と遊ぶ
⇒バランスやコミュニケーションが大切
⇒褒められる(脳の血流が増える!・・叱ると減る)⇒昔から言われている事

■「読み聞かせ」から読書へ■
感情の共有
共同注視環境づくり
絵本の世界をお互いに共有する
⇒レベル内容は問わない
⇒感想を求めない
⇒嫌われない(A.Mahrabian)
楽しいお手本⇒楽しい共同視⇒1人で

***********************************************
絵本を巡って母と子の言動的、行動的やり取りから始まる。こうした環境が出来れば、その後の読み聞かせは有効な言語刺激として、子どもの心に染みていく。しかし、子どもは独力で本が読めるようになるわけでなく、すでに本を読んで世界を知っている大人が、子どもと一緒に世界を見る「読み聞かせ」が大切。
***********************************************


■子どもとの絆を強める「カウンセリング テクニック」~コミュニケーションの前提~■
想像は事実と異なる
⇒私たちは自分が認知した事柄を現実であると信じている

印象形成のポイント
⇒感情が認知を歪める
⇒非言語の方が印象に残りやすい

■子どもとの絆を強める「カウンセリング テクニック」~コミュニケーション法の基礎~■
タラ菌/ネバ菌に侵されない  ⇒「生まれたときに戻ろう」
感情と行動の分離        ⇒「こころ」を受け取る
I-メッセージ法           ⇒「お互いの感情も大事にする」

■子どもとの絆を強める「カウンセリング テクニック」~抵抗を小さくするテクニック~■
認知・思考パターン・・・視覚・聴覚・触運動覚
ペース合わせ
ペース合わせの後に「リード」する

■子どもとの絆を強める「カウンセリング テクニック」~子どもが一歩踏み出す勇気づけ~■
こころに「タネ」を蒔く⇒子どもの長所を認める ⇒蒔かぬタネは生えぬ ⇒芽を出す時期はそれぞれ


★まとめ★
●発達段階はさまざまだが、同じステップを踏んで子どもは成長する
●あせらず、あわてず、あきらめず(←けん玉道?)
●様々な感覚器官にアプローチする
●失敗はない フィードバックがあるだけ

■ 講演会の中で紹介された本■
「コブタの気持ちもわかってよ」
著: 小泉 吉宏
出版: 幻冬舎(2002年9月)
価格: 1,050 円
ISBN: 9784344002364
種類: 単行本


今回一番心に残った『こころにタネ』を蒔く。
読書ボランティアの一人として、忘れないようにしたい言葉でした。

こころに「タネ」を蒔く。つまりは子どもの長所を認めること。
蒔かぬタネは生えません。そして芽を出す時期はそれぞれでございます。
早い遅いの違いがあっても子どもは、同じステップを踏んで成長するようです・・・・。


母親として耳が痛いところではありますが、心に刻んで帰りました。
[PR]
by tateishikou | 2010-05-31 13:26 | ★その他 | Trackback | Comments(0)

立石小学校 稲作体験授業①

5月28日(金)

立石小学校 5年生の稲作体験がスタートしました。

※昨年度の稲作体験授業の様子は、コチラからどうぞ
「田植え編」  ②「稲刈り編」  ③「もちつき収穫祭」

今回もJAのみなさん・農業同志会のみなさん・歴代会長のみなさん方そしてもちろん現役PTA役員のみなさん方・・・多くの方たちがバックアップして下さっています。

まずは、種もみを播く前に苗床に土を平らに入れましょう。
b0184648_14423131.jpg
◆◆綺麗に平らに・・・

種もみを播きます。(種もみを播くことを 「播種 はしゅ」といいます)
b0184648_1442192.jpg

b0184648_14421217.jpg


土をのせるのは楽しそうな機械を通します。(名前を聞くのを忘れていました!どなたか教えてください!)
b0184648_14454885.jpg

b0184648_1446255.jpg

b0184648_14461530.jpg

b0184648_14462634.jpg


ガヤガヤ作業中
b0184648_14465250.jpg

b0184648_1447374.jpg



土で覆ったら、並べます。
b0184648_14475381.jpg

b0184648_1448393.jpg

b0184648_14481651.jpg
◆◆チョッピリのぞいている種もみにも土をかけてやります

あとは、水をかけてシートで覆って発芽するのを待ちます。

「いつ頃 芽が出るのですか?」という質問に
「もう芽は出てるバイ。」
b0184648_1449393.jpg
◆◆映りが悪いですが本当に発芽している種もみ

手順としては簡単なようですが、この「種もみを播く」前の工程が結構手間隙かかっている模様・・・。
単に前年に取り込んでいた種をそのままポンと使える訳ではないのです。

収穫した米の一部を翌年の“種”にする為に、よく天日干しをして保存をしなければなりません。
そのままでは種もみにヒゲのようなものが付いているのでそれをきれいに掃除します。

今度は、種もみを塩水の中に入れてかき混ぜ、使える種を選別します。
沈んだものが「種」になりますが、浮いたものは使えません。
沈んだ種は、このあとよく水洗いして陰干しにします。

そしてこの後は、お湯や薬で消毒して陰干し、浸水して陰干し・・・と種まきの前準備だけでも大変な作業です。

この煩雑な工程を済ませたものを、今日準備していただいていました。
ありがたいことです。

これから苗が育ち田植えが出来るようになるまでの日々のお世話はしていただくようです。

普段から当たり前に食べているお米ですが、小さな種から手間隙かけて大事に育てられ、収穫されてようやく食卓にのぼります。

立石小学校のみんなは、この稲作体験授業の中で、どんなことを学びそして感じていくのでしょうか?
少しずつみんなの感想なども聞きながら、体験授業を追っていきたいと思います。

ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。
関係者のみなさま、お疲れ様でした。
[PR]
by tateishikou | 2010-05-28 15:33 | ★立石小学校 | Trackback | Comments(0)

5.22 けん玉道場

5月24日(月)

先週末に行なわれましたけん玉道場の様子をご紹介いたします。

b0184648_14245596.jpg
◆◆丸くなって基本練習から

いつもと少し違う雰囲気の道場・・・。
なんと 男女比がほぼ同じ!!

b0184648_14261331.jpg

b0184648_14262420.jpg
◆◆100点満点表

b0184648_14265347.jpg
◆◆珍しく眼鏡をかけたみっちぃ先生

b0184648_14274325.jpg
◆◆2回目の参加 りんごさん

「けん玉学園へようこそ」という けん玉を題材にした漫画を描かれている黒崎りんごさんの初回の道場の様子が気になる方はコチラをご覧ください

b0184648_1433052.jpg
◆◆中学生になって初めて参加してくれたコウちゃん 決まっているぞ二段!

そして男女チームに分かれての試合

b0184648_1431244.jpg
◆◆女の子チーム!
b0184648_14322114.jpg
◆◆男の子チーム

穏やかな練習時間が過ぎていきました・・・。

さて来月予定されているけん玉の大きな大会がございます。
小学生のみなさん。
参加資格は九州地区在住の小学生です。
6年生は、これが最後のチャンス。
5年生は、あと2回しかありません!!
さぁさぁ 張り切って参加しようじゃありませんか!






                                               平成22年5月22日
立石公民館けん玉道場生
         保護者 様へ
                                               立石公民館
                                               館長 柴山 伸昭


日頃より立石公民館けん玉道場にご理解をいただきありがとうございます。
さて今回、当道場の講師の先生から下記の大会参加のお誘いがありましたので、
ご案内いたします。≪大会要項を参考にしてください≫
大会に参加される場合は、保護者の方が直接会場へ引率してくださいますようお願いいたします。
事前に申込書の提出することになっていますので、お子さんの参加が決まりましたら、公民館へ6月14日(月)までにご連絡下さい。

なお、昼食としてお弁当(500円程度)が必要な方は、参加申込と一緒に注文しますので弁当の有無もお知らせください。


***********************************************************************
第22回文部科学大臣杯 全日本少年少女けん玉道選手権大会
九州代表選考会
☆開催日   : 平成22年6月20日(日)
☆会場    : 久留米市立篠山小学校(久留米市篠山町270-1)
☆時間    : 受付 午前9時  開会:午前9時40分
☆参加資格 : 九州地区の小学生
☆主催    : 日本けん玉協会(九州総支部・北九州総支部・筑後支部)
☆後援    : 久留米市教育委員会(申請中)
****************************************************************

   

《大会要綱》  
                                                   
全日本少年少女けん玉道選手権大会 九州代表選考会

1.プログラム

★ 9時  
受付開始(けん玉の点検)

★ 9時40分   
開会式
 ①開会の言葉
 ②大会委員長あいさつ
 ③来賓あいさつ
 ④予選の競技方法について
 ⑤予選選技の披露
 ⑥選手宣誓

★ 10時10分
 ⑦予選開始
  ※名人による演技披露
  ※昼食(昼食時間は予選の人数により変わります。)

★ 13時   
 ⑧決勝進出選手紹介
 ⑨組み合わせ発表
 ⑩決勝トーナメント競技方法について
 ⑪選技披露
 ⑫決勝競技開始
 ⑬表彰式
 ⑭大会講評
 ⑮閉会の言葉


2.競技形式
(1)男女別競技・・・・男子の部、女子の部
(2)参加資格・・・・・九州地区の小学生
(3)競技形式・・・・・九州地区予選会   
【1】予選⇒得点制競技
【2】決勝⇒トーナメント
(4)九州地区代表・・・地区予選大会男子の部・女子の部の優勝者





3.予選
(1)競技方法  5点×10種目=50点満点
       ◆1種目5回制 10種目の得点制競技を行う
       ◆技の成功1回につき1得点(50点満点)とし合計得点を競う
       ◆得点順に順位を決定する
       ◆男子の部・女子の部・・・・上位8名が決勝トーナメントに進出する
       ◆同点の場合の順位の決め方は、1回目の試技の小計(10点満点)の高い順に選出する

(2)予選選技
       ◆大会選技の15の中から、次の10種目を用いる

 ☆男子・女子の部共通
<1>とめけん    <2>飛行機   <3>ふりけん   <4>世界一周    <5>けん先すべり  
<6>うぐいす <7>うらふりけん <8>つるしとめけん <9>宇宙一周  <10>地球まわし


4.決勝トーナメント
   (1)競技方法
       ◆1本3回制・・・・3本勝負で2本先行した者が勝ちとする
       ◆同点の場合(引き分け)は、タイム競技を行う。
       ◆男女同一競技

☆決勝選技
<1>うぐいす  <2>うらふりけん  <3>つるしとめけん <4>宇宙一周 <5>地球まわし   
<6>さか落とし <7>一回転灯台 <8>一回転飛行機  <9>ふりけん(もちかえて)はねけん
<10>灯台とんぼ返り


☆タイム競技M
<1>前ふりろうそく <2>とめけん <3>はねけん <4>地球まわし   <5>さか落とし
※タイム競技Mは、上記の技を順序通り正しく行い全種目終了までの速さを競うものである。失敗したら何度でも成功するまでやり直して進めること。


        □主審の『構え・始め』の発声・動作で競技は開始される。
        □主審の『それまで』の発声・動作で競技は終了する。
        □技の解説については、級・段位の技を参照のこと。


5.表彰
   (1)九州地区代表者(男女の優勝者)に賞状・賞品
   (2)準優勝者に賞状と賞品



立石小学校には大勢のけん玉上級者がいますので、都合がつかれる方はいかがですか?
近くでの大会の開催は珍しいので、自信がある人もない人も、この機会に是非どうぞ。
多くの方のお申し込みをお待ちしております。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

当ブログでは、ブログ開設後の、平成21年度 第3回道場からの紹介をしております。
以前の道場の様子をご覧になりたい方は、

朝倉市教育委員会 生涯学習課ブログ『笑涯楽習のススメinあさくら』 をご覧ください。


平成21年度
1回目 2回目

平成20年度
記念すべき2008・7・22第1回目/ 第2回/ 第3回/ 第4回/ 第5回/ 第6回/ 第7回/ 第8回/ 第9回/ 第10回/ 第11回

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
[PR]
by tateishikou | 2010-05-24 14:44 | ★けん玉道場 | Trackback | Comments(0)

立石コミュニティ協議会 活動中!

5月19日(水)

立石地区のみなさまご存知でしたか?
立石コミュニティ協議会は総会が開かれておりませんので、まだ正式に発足しておりませんが、立石コミュニティ協議会 事務局は今月の連休明けから始動しております。

立石公民館の談話室を改築して立石コミュニティ協議会の事務室が出来ました。


Before
b0184648_10194716.jpg

b0184648_10195643.jpg
◆◆以前はこんな感じのオープンスペースでした



お引越し~ お引越し~
b0184648_10202061.jpg

b0184648_10203236.jpg

b0184648_10204268.jpg
◆◆コミュニティ三役・区会長会のみなさんでお引っ越し


After
b0184648_1021305.jpg

b0184648_10214577.jpg
◆◆あっという間に一部屋完成!




そして今日の事務局。
b0184648_10237100.jpg
◆◆お仕事中をパチリ


そして気になる事務局の方たちは・・・・
この方たちです!!

b0184648_10303186.jpg
◆◆左:事務員の原野 昭子さん 右:事務局長の德田 久子さん 笑顔が素敵なお2人です

これから5つの部会の取りまとめや立石地区の行事など忙しくなるばかりでしょうが、" 楽しく"仕事ができますように、私たち公民館職員も協力していきたいと思います。

みなさまも立石コミュニティ協議会 事務局を今後ともよろしくお願いいたします。

********************************************************

立石コミュニティ協議会にご用の方はコチラまで

朝倉市頓田205-1
(0946)24-1377/ 24-1389
Fax:     24-1377
mail: 《德田 事務局長》 tateishicomyu1@air.ocn.ne.jp
    《原野 事務局員》 tateishicomyu2@air.ocn.ne.jp



*******************************************************
[PR]
by tateishikou | 2010-05-19 11:09 | ☆コミュニティのご紹介 | Trackback | Comments(0)

5月8日 けん玉道場

5月14日(金)

まさき先生 お待たせいたしました!!
先週の『 けん玉道場 』の様子をご覧ください!!

b0184648_72965.jpg
◆◆いつもより賑わっています
b0184648_710191.jpg

b0184648_7102445.jpg


中学生になって初めて参加してくれた海ちゃんの顔も。
b0184648_734490.jpg


今回も西海市から谷川さんが来てくださいました。
福岡市に行かれる途中下車中。
すっかりウチの道場生と化してありますよ。

同化中の谷川さん・・・
b0184648_7104599.jpg

b0184648_7112533.jpg
◆◆チームの1ポイントがかかっているので必死です


まさき先生の宿題課題、ちゃんと『100点満点表』・『10分もしかめ』をやる みっちぃ先生
b0184648_752787.jpg


みっちぃ先生発案、けん玉対決!!!
2つのチームに分かれて、けん玉の技が書かれたカードを引いて試技をします。
成功したら1ポイント。
盛り上がりました!
b0184648_755319.jpg

b0184648_761514.jpg
◆◆新人の田口姉弟
2人は新人なので技のやり方がわからないものもあります。
そんな時・・・
b0184648_77214.jpg
◆◆この技はね こうやって・・・
b0184648_773517.jpg
◆◆こうやるんだよ
自分のチームの1ポイントがかかっているので、必死に教える道場生。

b0184648_781423.jpg
◆◆頑張るリコちゃん
b0184648_783071.jpg
◆◆頑張るキョウヘイくん
教えた技が成功すると、みんな大喜び!

・・・みっちぃ先生 何かお忘れではありませんか???
来月開催予定の『文部科学大臣杯 全日本少年少女けん玉道選手権大会 九州代表選考会』の練習ですよ~!



今回は、小学校のリサイクル活動の日にあたり、午後から6年生児童と6年保護者(主事も私も)が参加しなくてはいけませんでしたので、バタバタと終了してしました。

谷川さん、またお越しくださいね。(谷川さんのファイルも作りましたから!)
お待ちしております!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

当ブログでは、ブログ開設後の、平成21年度 第3回道場からの紹介をしております。
以前の道場の様子をご覧になりたい方は、

朝倉市教育委員会 生涯学習課ブログ『笑涯楽習のススメinあさくら』 をご覧ください。


平成21年度
1回目 2回目

平成20年度
記念すべき2008・7・22第1回目/ 第2回/ 第3回/ 第4回/ 第5回/ 第6回/ 第7回/ 第8回/ 第9回/ 第10回/ 第11回

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
[PR]
by tateishikou | 2010-05-14 07:26 | ★けん玉道場 | Trackback | Comments(2)

たていし公民館だより 59号

5月13日(木)

今日は15日の市報配布時に配られる(立石地区限定ですが)たていし公民館だより 59号を紹介いたします。

※紙面をクリックしてください
b0184648_16571143.jpg



この中から
6月5日(土)に予定しております立石再発見ウォーク
ご案内いたします


☆実施日時 : 6月5日(土) 午前9時 
☆集合場所 : 立石公民館
☆行程    : 『一木児童顛末記』を訪ねて
        (頓田の森・大添橋・生徒隊跡・一木神社など)


参加者には、おにぎりを用意いたしますので、各自水筒を持参してください


『頓田の森』のことを既に御存じの方もそうでない方も、お一人ではなく是非お子さんやお孫さんと御一緒に参加してください。


参加ご希望の方は、申込用紙に必要事項をご記入の上、立石公民館までお持ちいただくか、FAXでお送りください。

★お申込み・お問い合わせ★
 ☎/FAX 立石公民館 0946-22-2101(月~金 8:30~17:15まで)


申込締切は5月31日(月)になっております。
[PR]
by tateishikou | 2010-05-13 17:17 | ★コミュニティからのお知らせ | Trackback | Comments(2)

「立石公民館 子どもニュース 1号」

5月12日(水)

今日は気持ちのいいお天気です。

「立石公民館だより」は毎月 市報の15日号と同時配布しております。
毎月1回は公民館の行事なども紹介させていただいているのですが、子どもさん向けの行事もいろいろあることを考えると、子どもさん向けに広報を考えても良いのではないか???
・・・という事で、

「立石公民館 子どもニュース」を発行することになりました!!


b0184648_10294927.jpg


けん玉道場通学合宿などに参加している子どもや菜の花ウォーク大平山登山などに家族の方と参加している子どもたちにとって公民館は身近なものですが、公民館行に足を踏み入れたことのない?子どもにとって公民館は遠い存在のようです。

たまたま公民館の廊下に張っている各種行事の写真を目にした子どもが、

「えっ?これって子どもが参加しても良かったの?」
「こんなのがあってたなんて知らなかった!」

「何で教えてくれなかったの!」

・・・えっ?隠したり、秘密にしたりしていた覚えはないのですが???

もぅ!直接見て確認しなさい!!
という訳で7日に立石小学校の児童全員に配布しましたが、保護者のみなさま目にされましたでしょうか???

子どもたちが小さな頃から地域に親しむ機会があれば、将来 地域を支えてくれる人材になってくれるのではないでしょうか?(期待大)


まずは自分の住んでいる地域を知ることから始めましょうね。
奥が深いんですよ、立石


これからも「明るい話題・楽しいお知らせ」 立石公民館らしい話題を紹介していきたいと思います。
更新が途絶えがちではございますが、時々ブログをのぞいてみてください。
[PR]
by tateishikou | 2010-05-12 11:43 | ★コミュニティからのお知らせ | Trackback | Comments(0)

スポーツ少年団 入団式

5月6日(木)

今年度の『立石スポーツ少年団の入団式』が,
昨日 立石公民館で行われました。


今年度の団員数は、89名。
☆サッカー ☆ソフトボール ☆バスケットボール ☆剣道 ☆バレーボール 
5つのクラブに分かれて活動しています。

※各クラブの概要はコチラ

各チームの主将が今年度の抱負を語ってくれました。
b0184648_13493024.jpg
◆◆サッカー
b0184648_13505367.jpg
◆◆ソフトボール
b0184648_13512042.jpg
◆◆バスケットボール男子
b0184648_13514679.jpg
◆◆バスケットボール女子
b0184648_1357846.jpg
◆◆剣道
b0184648_13521120.jpg
◆◆バレーボール

立石地区青少年育成協議会会長でもある柴山館長から「3つの約束」の提案がありました。
b0184648_13533322.jpg
◆◆柴山館長

①感謝すること(ご両親や家族の方達に対して、自分の周りにいる人達に対して)
②ルールを守ること
③スポーツを通して 体や心を鍛え 友達と仲良く・楽しく過ごしましょう


b0184648_13541710.jpg
◆◆宮原 立石小学校校長からもご挨拶が

b0184648_13544599.jpg
◆◆各団体代表による宣誓

b0184648_13551667.jpg
◆◆手前:子ども達を指導して下さるコーチのみなさま

今年度のスポーツ少年団の役員のみなさん
b0184648_1355414.jpg
◆◆左端:窪山 会長

昨年よりも少ない団員でのスタートとなりましたが、スポーツを通して多くのことを学んで、大きく大~きく成長してくださいね。
[PR]
by tateishikou | 2010-05-06 14:01 | ★立石小学校 | Trackback | Comments(0)

朝倉市 立石コミュニティ      毎日のドタバタ日記


by tateishikou