<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「平成21年度」が終わりました

3月31日(水)

今日で3月が終わります。
そして平成21年度 最終日(←へんな言い回しですが)でもあります!

年度末は、バタバタ(気分だけ)でございます。
(バタバタしている風を装わないと主事に叱られてしまいます・・・・。)

とりあえず、見落としている仕事は無いか(いつも“よく”見落としている)キョロキョロして少し緊張して仕事をしておりました。

バタバタバタバタ・・・・・・。走っても仕事は終わりません。


さて年度末の気忙しさがありますが、明日からは「新年度」がスタートいたします。

朝倉市では、4月から地域住民の総意に基づき連携協調して住民主体の町づくり、個性ある町づくり、思いやりのある住みやすい町づくりを目指して、地域コミュニティが実施されます。


ここ立石地区でも【立石コミュニティ協議会】が発足します。

立石地区では、朝倉市の方針に従い、昨年1年間をかけて準備を進めてきました。
2回の地域説明会を開催するとともに、準備委員会を立ち上げ9回の会議を繰り返し、さらに、振興会・社会福祉協議会三役会等を重ねながら、一定の方向性を見出すところまできました。

立石コミュニティ協議会の概要は、
振興会を発展的に解消し、地区内の各組織を再編成し、立石コミュニティ協議会として、4月から発足します。

事業を効率的に推進するため、

環境・安全部会
地域づくり部会
社会教育部会
青少年育成部会
健康福祉部会

5つの部会を置きます。

役員として
 1)会長  2)副会長 3)理事 4)事務局長 5)会計 6)部会長 7)監事
 を置きます。

立石における予算が一本化されます。
 1)振興会費をコミュニティ協議会費と名目を変更し、負担金として納入して戴きます。
 2)社会福祉協議会の予算に関しても、コミュニティ協議会で取り扱います。
 3)上記の1)・2)及び市からの補助金等を合わせて、コミュニティ協議会予算を編成します。

立石地区の行事等については、基本的にこれまでと変わりません。


コミュニティ協議会になることで、何がどう変わっていくのか????
私も少しずつ勉強をして、コミュニティの話題も少しずつご紹介していければいいなと思っております。

新たな試みが、どのような形で進んでいくのか目が離せません!


お陰さまで、今年度の公民館事業も無事に終了いたしました。
多くの皆さまのご協力に感謝いたします。
また明日から、気分も新たに立石公民館 職員4名(館長・主事・主事補・管理人)力を合わせて“明るく・楽しく・元気に”頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。
 
[PR]
by tateishikou | 2010-03-31 21:09 | ★その他 | Trackback | Comments(0)

【 あ!さくら展 】 絵画授賞式

3月29日(月)

桜の花が満開になりました。
b0184648_1903424.jpg

b0184648_191150.jpg

本日は、桜の季節にぴったりの話題をお伝えいたします。

甘木歴史資料館 春季節展
【 あ!さくら展 】



朝倉市立 立石小学校4~6年児童による絵画展が4月4日まで開催中です!

b0184648_1912967.jpg
◆◆表彰式に参列する為に来ていたのに強制的に撮影に協力させられた子ども達・・・これが本当のさくら

絵画授賞式3月26日(金)に行われ、立石小学校4・5・6年生 22名の入賞者が表彰されました。
b0184648_1971785.jpg

b0184648_197358.jpg
◆◆甘木歴史資料館の葉山館長から賞状をいただきました

作品は、なかなかの力作揃いです。

「さくら賞」受賞作品
b0184648_1981471.jpg
◆◆鮮やかな桜の花びらの色が美しい作品

「館長賞」受賞作品
b0184648_1984464.jpg
◆◆グレーがかったピンクが大人っぽい色遣いの桜

受賞者発見!!

「館長賞」受賞者
b0184648_1992792.jpg
◆◆木の幹の色にも桜色が使われていました!

「入選」受賞者
b0184648_1995970.jpg

b0184648_191027100.jpg


「佳作」受賞者
b0184648_19105953.jpg


b0184648_19114954.jpg

b0184648_1912354.jpg
◆◆2Fに展示されている作品の数々

入賞者のみなさま、おめでとうございます。
これを機会に、ゆっくり桜を観察してまた絵を描いてみてください。
[PR]
by tateishikou | 2010-03-29 19:31 | ★立石小学校 | Trackback | Comments(0)

第2回 立石公民館けん玉大会!

3月27日(土)

今日は第2回 立石公民館けん玉大会が開催されました!!

参加者が14名!!
うち大人の参加者が3名!!(みっちぃ先生を含む)


試合の要項はコチラ

今回は、甘木公民館のけん玉道場からも3名参加して下さいました。

b0184648_15543637.jpg
◆◆大会説明を緊張した面持ちで聞いています
b0184648_15554732.jpg
◆◆大会直前の練習風景 本番が始まったら いっさい練習はできません

b0184648_15564780.jpg
◆◆両公民館の最終秘密兵器!右:緒方主事 左:ウチの川端主事も最後の練習に余念がありません!!

b0184648_1559345.jpg
◆◆対戦の相手は???

第一回戦 第一試合は・・・甘木公民館から来てくれた酒見くんvsみっちぃ先生!
b0184648_15594973.jpg
◆◆真剣さで勝る酒見くんの勝ち

真剣勝負中
b0184648_1652635.jpg

b0184648_1682645.jpg

b0184648_16151642.jpg

b0184648_16155614.jpg

b0184648_19223085.jpg


甘木公民館の緒方主事も順調に勝ち進んでいきました。
b0184648_1615270.jpg

b0184648_1625872.jpg

b0184648_1634963.jpg


ウチの川端主事も 子ども達を相手に力を抜くことなく、次々とねじ伏せていきます!
b0184648_1617432.jpg

b0184648_1685911.jpg
◆◆途中の休憩で似たような格好でくつろぐ2人・・・


★★ 結果発表 ★★

★★第4位
b0184648_16215633.jpg
◆◆立石公民館:久保田くん・古閑くん、そして甘木公民館:緒方主事!


★★第3位
b0184648_16233511.jpg
◆◆甘木公民館:酒見くん・立石公民館:山口くん


★★第2位
b0184648_16251135.jpg
◆◆甘木公民館:佐々木くん


そして栄えある優勝はウチの川端主事でした!
b0184648_16272588.jpg
◆◆えっへっへ やったよ私
b0184648_16304693.jpg
◆◆優勝賞品は、夢元のカープけん玉

子ども達からの「(大人なのに優勝して)大人げなぁ~い」とのブーイングに、「みんな 次も私にかかって来なさい!」

幻の夢元のけん玉、それもレアなカープけん玉が賞品とあって優勝できなかった子ども達は がっくり肩を落として元気がありません。

そんな中 川端主事から優勝賞品を次回大会の優勝賞品として持ち越してほしいとの申し出がありました。
b0184648_16365099.jpg
◆◆オークションに出したらいいのに・・と悪魔のささやきをする みっちぃ先生

b0184648_1638534.jpg
◆◆低い級が有利になると思うなら大会参加者を募ってパート別にやれるようにしましょう byまさき先生

b0184648_16403985.jpg
◆◆次回はもう少し真剣に練習して参加しましょうね みっちぃ先生

b0184648_16414929.jpg
◆◆甘木公民館の吉田館長から真剣な試合に対するお褒めの言葉をいただきました

甘木公民館から参加してくれた2名の子ども達が2・3位、そして緒方主事も4位入賞!と見事な成績でした。
「初めて参加した大会で入賞して嬉しかったです。」と佐々木くんと酒見くんが感想を述べてくれました。


立石公民館でけん玉道場が始まって1年8カ月。
まだ2年にもなりません。
最初の頃は、みんな素人で下手くそでした。
それから練習に練習を重ね、お互い切磋琢磨してここまで来ています。
小学校でのけん玉ブームに流されることなく、友達とコツややり方を教えあい、励まし合いながら上達してきました。

けん玉を通して、強い絆で結ばれている仲間です。
学年が違っても、学校で顔を合わせると けん玉の話をしているようですし、色々な場面で支え合っているようです。

あせらず・あわてず・あきらめず

けん玉道の合言葉を忘れずに、これからも続けていって欲しいと思います。

みっちぃ先生「オレは“あせって・あわてて・あきらめて”だもんな。」
・・・なんて言っていると、子ども達に追い越されるばかりですよ。
頑張ってください!


今日が今年度最後のけん玉道場です。
また来年度も、子ども達が成長していく過程をお伝えできるような道場になるよう願っています。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
当ブログでは、ブログ開設後の、今年度 第3回道場からの紹介をしております。

以前の道場の様子をご覧になりたい方は、
朝倉市教育委員会 生涯学習課ブログ 笑涯楽習のススメinあさくら をご覧ください。


今年度
1回目 2回目

昨年度
記念すべき2008・7・22第1回目/ 第2回/ 第3回/ 第4回/ 第5回/ 第6回/ 第7回/ 第8回/ 第9回/ 第10回/ 第11回
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

[PR]
by tateishikou | 2010-03-27 17:01 | ★けん玉道場 | Trackback | Comments(0)

第9回 朝倉市国際子ども芸術フェスティバル開催

3月26日(金)

第9回 朝倉市国際子ども芸術フェスティバル
朝倉っ子 ぐる~っと公演in立石
『たまごとおじさん』


“劇団なんじゃもんじゃ”(なんと岐阜県からお越し)をお迎えして「たまごとおじさん」の公演がありました。

b0184648_1957220.jpg

b0184648_19571684.jpg
◆◆左側:なんじゃサン 右側:もんじゃサン(ご夫婦です

劇団の名前はなんじゃもんじゃの木から来たそうです。
b0184648_1957479.jpg
◆◆なんじゃ もんじゃの木の写真を見せてくださいました
b0184648_19592268.jpg
◆◆館長から「みんなで楽しみましょう!」

公演用の看板は、“フェスを楽しむ立石の会”(甘木子ども劇場 立石支部)の皆さんの手作りです。
看板に飾るバルーンは、甘木子ども劇場の子ども達が作ってくれました。
b0184648_2001646.jpg
◆◆公民館の玄関に飾られた看板
b0184648_2004525.jpg
◆◆バルーンで飾りつけをしてくれた子ども劇場の子ども達
b0184648_2011590.jpg
◆◆受付もお手伝い


本日の来場者は、101名。

風は冷たかったのですが、お天気が良かったので、小さなお子さん連れのお母さんや立石学童の子ども達も観劇に来てくれました。
b0184648_2015743.jpg
◆◆会場の大研修室も満杯


なんじゃもんじゃサンの柔らかな笑顔が印象的でしたが、劇も優しい笑顔を誘う内容でした。
観に来てくれた子ども達も、心がポカポカして帰ってくれたのではないでしょうか??


ここが終わったら 次は神戸で公演をされるとか。
日本国中 巡回公演をされてお忙しそうな なんじゃもんじゃサン。
今日は楽しい劇をありがとうございました。
[PR]
by tateishikou | 2010-03-26 20:07 | ★その他 | Trackback | Comments(0)

朝倉市生涯学習課 講演会「世界がもし100人の村だったら あなたもここに生きています」

3月23日(火)

先週の20日(土) に池田 香代子さんの講演会がピーポート中ホールで開催されました。

朝倉市 生涯学習課 講演会
「世界がもし100人の村だったら あなたもここに生きています」

(主催:朝倉市教育委員会 生涯学習課)

池田 香代子さんといえば、ベストセラー『世界がもし100人の村だったら』をご存じの方も多いのではないでしょうか?

ご存じではない方のために・・・
******************************************

池田 香代子(いけだ かよこ、1948年12月21日- )は日本のドイツ文学者・児童文学者・翻訳家・口承文学および都市伝説研究家・エッセイスト、平和運動家。翻訳家としては、矢川澄子の薫陶を受け、口語や俗語を巧みに取り入れた軽快な文体と、日本語表現の品格を保った訳文で名高い。教師 としては、早稲田大学や東京女子大学、中央大学などで教壇に立つかたわら、NHKラジオ第2放送外国語講座の講師を務めた。東京都立西高等学校卒業後、東京都立大学人文学部独文学科にて種村季弘に師事し、1970年に卒業。その後は夫(現在東京大学教養学部教授であり翻訳家の池田信雄)とともに三人の息子を連れて西ドイツに留学し、帰国後は文学活動に入る。グリム童話の翻訳をライフワー クとしながら、トルコ人のドイツ語作家アキフ・ピリンチの『猫たちの森』の翻訳により第1回日独翻訳賞を受賞。1995年に、ヨースタイン・ゴルデル著『ソフィーの世界』ドイツ語版からの重訳をNHK出版より発表し、ベストセラー入りを 果たす。ベルリン・天使の詩」などの、ドイツ映画の字幕担当者としても知られる。音楽愛好家でもあり、クラッシック音楽から、ビートルズまで造詣が深い。花や温泉に関するエッセイもある。
Wikipedia より要約

******************************************


シリーズ第1作目[世界がもし100人の村だったら]
世界には63億人の人がいますが、もしもそれを100人の村に縮めるとどうなるでしょう。100人のうち61人がアジア人です。13人がアフリカ人…。』
と、シンプルな表現の中にも考えさせられる内容になっています。


と、ここまでご紹介すると、続きが気になりますよね?

第2作目[世界がもし100人の村だったら ② 100人の村の現状報告]
「100人の村」の原点は、環境学者 ドネラ・メドウズが1990年5月に発表した「村の現状報告」というコラムの一編です。冷戦末期の世界を1000人の村にたとえ、そこにある矛盾と危機を示しています。本書ではこの「1000人の村の現状報告」を絵本化し「100人の村」との対比も加えています。

第3作目[世界がもし100人の村だったら ③ たべもの編 ]
世界の<食>のあり方を「100人の村」に例えたらどのように見えるか? 
また、食の安全、環境問題など近年、危機的様相をおびてきた世界の食事情に対して、わたしたちはどう対処したらいいのか?を、あらためて問いかけてあります。
「100人のうち、50人は米を主食」としていますが、日本は世界でいちばん残飯を捨てている国で、その量は世界の食料援助量の2倍にも相当します。また日本は世界でいちばん食料を輸入している国で、わたしたちの<たべもの>の7割よその国の畑でつくられたものそのために要した水日本で使 われるすべての水の1.1倍にもなります。牛丼たった1杯にも、米を作り、牛を飼育するために2トン以上もの水が使われているのです。

『1人が1年にたべる肉は
インドでは、5キロ
中国では、45キロですが、
イタリアでは、80キロです。
1人が1年にたべる卵は
インドでは、30個
アメリカでは、174個
日本では、226個です。』

たべものという題材は とても身近なものですので、それを100人の村に例えて、難しい言い回しもなく、わかりやすい数字で多方面から比較していく内容は頭にすっと入ってくるようでした。
数字が小さくなる分 理解しやすいのですが、その内容は考えさせられことばかりです。


第4作目は、[世界がもし100人の村だったら ④  子ども編]
「100人の村」第4弾は「子ども編」です。人類が子どもを失うことは人類そのものがそなえているはずの内なる子どもの輝きを失うことです。
22億人の世界の子どもたちの現在、そして希望はあるのでしょうか?


そしてシリーズ第5作目[世界がもし100人の村だったら  完結編 ]
第1作が発刊後、世界の動向も地球温暖化、新興国の台頭など多極的な様相が顕著になってきました。本編の内容も「進む都市化」「若者の失業」「地球温暖化」「二酸化炭素」「再生可能 エネルギー」「災害」など、新規項目で構成されています。


同じシリーズでも内容が異なり、何作目から読んでも違った視点から数字を通して世界が見えてきます。
何度も読み返して、その度に違ったことに気がつかせられる そんなシリーズです。
小学生からでも十分読むことは出来ますが、どこまで理解できるかといえば、年齢を重ねて初めて気がつくことも多いかもしれません。

本の紹介ばかりになってしまいましたが、池田さんは世界平和アピール七人委員会のひとりで社会運動家としても知られており、文筆活動のかたわら、近年は平和運動家や護憲派文化人として日本各地で講演を行なっていらっしゃいます。ベストセラー「世界がもし100人の村だったら」の印税を、日本在留の難民を支援するための活動資金や、アフガニスタン難民キャンプに女子中学アル・イルム女学院を設立するための基金、それにパレスチナの水道タンクなど平和的な活動やNGO/NPOに寄付されています。

今回の講演会は、「世界がもし100人の村だったら」の成立の背景もさることながら、世界の現状を知り、考えるよい機会となりました。日本の「いま」が世界に存在する貧困の上にあるとしたら、私達は何ができるのか、子どもたちに何を伝えていくのかを考えなければなりません。
「いま」の状況を知らないままでは「何に対して どう考えていくのか」すら気がつかないでいるのです。

他にも核の脅威、子ども、女性、難民、戦争、日本の教育問題など、多岐にわたるお話でした。

講演会の中で「日本では近頃少年犯罪が増えていると思いますか?」と来場者に問いかけられました。増えたと思う人の方が多かったのですが、池田さんは疑問を持ちご自分で犯罪白書などを調べられた結果、今から50年前の少年犯罪の方が、今の5倍はあったそうです。世界的に見ても、現在の日本での青少年における殺人事件や強盗事件の発生数は、イギリスやドイツ、アメリカなどの先進国と比べても5分の1や10分の1という数字に驚かされました。
実際にドイツでは「どうして日本の子供はこんなにいい子が多いのか」と話し合う会議があったとか。
「そういった、いい面がメディアで紹介されず、悪い事件ばかりが強調されて報道されるから、“今の若者は”という話になるのです。」と。

教育問題についても、、「子ども達の学力低下が叫ばれていますが、決してそんなことはありません!詰め込み教育で国の学力を上げている国に対して低く見えるだけで、今の子ども達の学力は、国際的にも劣っていることはありません!」
池田さんは会場の子供たちに、「みなさんは、自信を持っていいんですよ。」と語りかけて下さいました。

最前列に座わっていた立石小学校の児童3名は、ここで深く頷いておりましたが・・・さて どうなのやら この子たち・・・。

明日はお休みをもらっていますので、ゆっくり「100人の村」シリーズを読んでみたいと思います。
(注:立石公民館は休まず営業中?です ♪)
[PR]
by tateishikou | 2010-03-23 22:47 | ★その他 | Trackback | Comments(0)

菜の花ウォーク開催!

3月22日(月)

今日は、毎年恒例の菜の花ウォークの日でした!!
去年に引き続き、寺内ダム下流公園までの、往復約11kmのコースでした。

今回は、86名のみなさんが参加して下さいました。
b0184648_19243733.jpg

b0184648_19245456.jpg
◆◆歩く気満々?の方ばかり!

9時25分に元気に出発です。

b0184648_19262188.jpg

b0184648_19265140.jpg


菜の花が咲く中 目的地に向かいます。
b0184648_19271799.jpg


休憩場所をお願いしたぎんなんの森
b0184648_19294179.jpg

b0184648_19301369.jpg


お天気が良すぎるぐらいのウォーキング日和で、佐田川の土手には菜の花が咲き、目的地の寺内ダム下流公園が咲いていて、まるでお花見ウォークではないかと思えるほどでした。

b0184648_19311681.jpg

b0184648_19313791.jpg


到着したらお待ちかねの昼食です。
立石公民館のウォーキングと言えば、そう おにぎりです。
さっそく 楽しいおにぎりタイム。
お天気が良い日に、お外でワイワイ言いながら食べるおにぎりは格別に美味しいのです!

みなさん思い思いにおにぎりをいただきます。
b0184648_19332132.jpg

b0184648_19335889.jpg

b0184648_19341693.jpg

b0184648_19343859.jpg

b0184648_19345895.jpg

b0184648_193517100.jpg


そして、思い思いに自由時間・・・・。
b0184648_19365938.jpg

b0184648_19372972.jpg

b0184648_19381198.jpg

b0184648_657588.jpg

b0184648_19431774.jpg
◆◆階段でおにぎりを楽しんだ[階段組さん]は・・・
b0184648_19435232.jpg
◆◆引き続き階段で談笑中・・・
b0184648_19442963.jpg
◆◆ここだけ見ると まるでお花見のよう

しばらくを楽しんだ後、帰途に付きました。

b0184648_1945531.jpg
◆◆やっぱり菜の花ウォーク!

帰り道のみなさんの様子。
疲れた方と疲れていない方の表情が分かれていませんか?
b0184648_19455987.jpg

b0184648_19461627.jpg

b0184648_19464337.jpg

b0184648_655230.jpg

b0184648_194721100.jpg

b0184648_6554447.jpg
◆◆公民館まであと少し!

参加者のみなさま今日はお疲れ様でした。
いかがでしたでしょうか 今年の菜の花ウォークは???
菜の花を楽しみ、好天に恵まれて(お疲れでしょうが)喜んでいただいていたような気がします。
今晩はゆっくりお休み下さいね。
また来年も ご参加お待ちしております。

今回のウォーキングを忘れずに参加して下さった男性講座の受講生のみなさま、ありがとうございました。
出席率も高かったので、来年度もきっとお声をかけさせていただく事になると思います。
その際には、またよろしくお願いしますね。

毎年 菜の花ウォークの際に美味しいお菓子を提供して下さいます床島屋製菓(株)[菓蔵屋]サマ、
今回も「佐田川のそよ風」をありがとうございました。
お陰さまで参加者のみなさまにも、とても喜んでいただけました。
ご協力いただき感謝申し上げます。(また来年もよろしくお願いいたします
[PR]
by tateishikou | 2010-03-22 20:17 | ★その他 | Trackback | Comments(0)

子ども110番のいえ

3月20日(土)

立石校区の皆さま、『子ども110番のいえ』をご存じですか?

登下校中の子ども達が危険を感じた時に、緊急避難的に駆け込むことにご協力いただいているお宅や企業です。

立石公民館も立石小学校の通学路に面していますので、登録をさせていただいております!
b0184648_781657.jpg
◆◆左側の黄色い旗が目印


以前はポスターを掲示していたのですが、子ども達の目にとまりにくい事もあり 最近はコノ旗が協力していただいているお宅や企業などの玄関先や道路に面した場所に設置してあります。

ご覧の様に、視認性の高い目印になっています。

現在、立石小学校では集団登下校を行っていますが、通学路に何箇所かの旗が掲げてある場所があるので安心して通れるようです。

さてさて、19日(土)に立石小学校から公民館近くを通学路にしている頓田地方の班長さん達がこの『子ども110番のいえ』に協力をしているお礼に来てくれました!
b0184648_7154425.jpg
◆◆お礼状を手渡しで・・
b0184648_716291.jpg
◆◆いい味出している子ども達の手書きのお礼状
b0184648_716203.jpg
◆◆校長先生とPTA会長連名のお礼状

b0184648_7163557.jpg
◆◆綺麗なお花の鉢を笑顔で受け取る 柴山館長

登録していただいている『子ども110番のいえ』には、各地方で子ども達が手分けしてお礼に行っているようです。

もしもの時に こうして逃げ込む場所・駆け込める場所があるということは子ども達にとって大きな大きな安心感につながっていると思います。

毎年各地方の地方長さんを中心に、通学路にあたるご家庭や企業などに『子ども110番のいえ』の協力をしていただけるようにお願いして回られています。

来年度もまた多くの『子ども110番のいえ』の旗が立石校区に掲げられますように。
[PR]
by tateishikou | 2010-03-20 07:30 | Trackback | Comments(0)

朝倉市男女共同参画まちづくり条例を身近なものに

3月18日(木)

本日は【朝倉市あすばる男女共同参画 地域づくり実行委員会】発行

と女のチェンジ チャレンジ」
と男のチェンジ チャレンジ」

を紹介いたします。

2冊ではありません!
男女それぞれの視点で冊子を作成されているので裏表で題名が変えてあります。
“男女共同参画”という 取っつきにくい単語とは裏腹に、とても柔らかく楽しい内容になっております。

どんな内容かと申しますと・・・。

b0184648_1916395.jpg
◆◆なんだか よく知っている方のような・・・

と女のチェンジ チャレンジ」から

≪目次≫
・男性の家庭参加のまず一歩
・中学生の皆さん こんにちは
・育児休業のすすめ
・気がつけば5児のパパ
・杷木大山のほんわか夫婦

ページをめくってみると。
男性の家庭参加の第一歩は・・・・。

b0184648_19131598.jpg

b0184648_19133289.jpg


~~~男の簡単クッキング~~~
美味しいご飯の炊き方、枝豆とタラコの混ぜご飯、味噌汁を作ってみよう、だしをとってみよう、
豚肉のしょうが焼き、ごぼうのきんぴら、麻婆豆腐、ピーマンのじゃこ炒め、スクランブルエッグ、
博多万能ねぎのサラダカナッペ


実に美味しそうな写真が並んでおります。簡単に作れて、なおかつ美味しい。
男性のみなさん、男子厨房に入るべし です。
家庭参加の第一歩は、大事な食生活への参加協力でした。

b0184648_19174235.jpg

と男のチェンジ チャレンジ」から

≪目次≫
・チャレンジⅠ がんばる農業女性
・チャレンジⅡ がんばる商工業女性
・まだまだ男女格差が大きい雇用の場
・仕事と生活の調和
・女性も担おう、地域の役職
・住民組織の中の女性
・地域の政策決定の場への男女共同参画状況


先進事例の紹介や朝倉市の子育て応援宣言企業の紹介、住民組織や団体の組織活動と男女共同参画はどうなっているか、地域の政策決定の場への男女共同参画現状などが紹介されています。
目次をご覧になれば おわかりになるかもしれませんが、「男と女のチェンジ・チャレンジ」よりもやや真面目な内容となっている気がします。

さて この冊子ですが、こちらの朝倉市男女共同参画スタイル!のブログでも紹介されています。


公民館に届けていただいた冊子を最初は平積みで置かせていただいていたのですが、素敵な笑顔の表紙なのに、なかなか来館者の方たちの手にとっていただけません!

それならばと・・・
b0184648_19321383.jpg
◆◆朝倉市長宛てに出していただくご意見メール「まちづくりメール」のケースに入れて立てかけてみました

「ご自由にお取り下さい」の文字が表紙の笑顔の邪魔をしてか、まだ手に取られる方がいらっしゃいません・・・。

それならばと(しつこい)大型絵本を読むときに使用するスタンドに立てて、事務室の受付窓口に置いてみました。
b0184648_19332786.jpg
◆◆んんっ? 何人か手にとって持ち帰って下さいましたよ!

あとがきには、『性別の関係なく誰もが生き生きと能力を発揮し助け合う共同社会へ、踏み出す一歩の手助けにこの冊子がなれば幸いです。』と書かれています。
多くのみなさま方にご覧になっていただき、男女共同参画という言葉が少しでも身近なものになっていただければ幸いです。

冊子をご希望の方は、立石公民館にも置かせていただいてますのでお越し下さい。

または直接 下記までお問い合わせ下さい。
朝倉市役所 企画政策課男女共同参画推進・青少年係 danjo@city.asakura.lg.jp

[PR]
by tateishikou | 2010-03-18 19:48 | ★その他 | Trackback | Comments(0)

3月13日 けん玉道場

3月15日(月)

先週の土曜日に開催された【けん玉道場】長崎県西海市からお客様がおみえになりました!

まさき先生から、ココの道場の話をお聞きになっていたようで、福岡に来られる用事があるので ついでに見学を・・・と来館されました。

特別な練習をしている訳でもありませんので、遠くから来ていただいても どうだろう・・・と心配していましたが、練習に参加していただいたら子ども達と楽しそうにされていましたので一安心 ♪

b0184648_1631332.jpg
◆◆「100点満点表」試技中 /左:谷川さん 右:田川さん
b0184648_16312331.jpg
◆◆交代して道場生の試技を採点中

いつものように「100点満点表」10種目10回ずつ行い点数を付けていきました。
終ったら、次回開催予定の【立石公民館けん玉大会】に向けて、パート別に特訓です!

b0184648_16321820.jpg

b0184648_1632287.jpg
◆◆2人ずつに分かれて・・・

b0184648_1633683.jpg
◆◆もちろん《10分もしかめ》も

b0184648_164442.jpg
◆◆子ども達が真剣に練習に打ち込む姿をみて感心していただいたようでした

また機会があれば、立石けん玉道場 覗いてみて下さいね。谷川さん・田川さん。
遠くからお越しいただきありがとうございました。


そして、12月26日に開催された【第15回 日本けん玉道北九州大会】の結果が発表されました。
去年に続いて優勝者が出ました。

b0184648_16362530.jpg
◆◆有段者・少年の部 優勝/ 山田 知明くん(立石小学校 5年)

b0184648_16365326.jpg
◆◆有段者の部・8位入賞/ 山中 亮人くん(立石小学校 6年)

b0184648_16371760.jpg
◆◆Aクラス・8位入賞/ 古閑 幹基くん(立石小学校 6年)

b0184648_16374012.jpg
◆◆Bクラス・5位入賞/ 岡本 健くん(立石小学校 6年)

優勝者には、表彰状と大きなけん玉トロフィ、新富士の黒けん玉入賞者には、豆けんが贈られました。
わざわざ北九州から松山先生に来て頂いての大会でしたので、記録が残せる結果が出て安心しました。

また子ども達も、来年度の北九州大会の参加を心待ちにしてくれているようですので、年末まで練習に励んでもらいたいと思います。

まずは、再来週に開催される【立石公民館けん玉大会】に向けて、頑張りましょうね。
※大会要綱はコチラ

3月27日は、開始時間がいつもより30分遅く10:30からのスタートです。
みんな 各パート別の練習表を見て しっかり練習をして参加してください!!


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
当ブログでは、ブログ開設後の、今年度 第3回道場からの紹介をしております。

以前の道場の様子をご覧になりたい方は、
朝倉市教育委員会 生涯学習課ブログ 笑涯楽習のススメinあさくら をご覧ください。


今年度
1回目 2回目

昨年度
記念すべき2008・7・22第1回目/ 第2回/ 第3回/ 第4回/ 第5回/ 第6回/ 第7回/ 第8回/ 第9回/ 第10回/ 第11回
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

[PR]
by tateishikou | 2010-03-15 16:42 | ★けん玉道場 | Trackback | Comments(0)

成人学級 最終回

3月11日(木)

今年度最後の成人学級は、
待ちに待った?社会科見学(バスハイクではありません。社会科見学です!)です!

行き先は・・・
①日本銀行 福岡支店  ②福岡県警察本部  ③博多やまや工場見学
です。

心配されたお天気ですが、雪は止んでいたものの 昨夜降り積もった雪が凍り、朝は一面真っ白でした。
山も真っ白。
木々には雪が積もり、家屋も雪が屋根に積もっています。

しかし43名の受講生のみなさんは、早めに集合されて元気に出発しました。
みなさんの元気で、お天気も回復して暖かな日差しが出てきました。

・・・というより、高速で少し走ったら外の景色が一変。
雪が降った形跡がありません!!
えっ 積もっていないだけでなく降ってもいない???
出発した頃には、周りの車は雪が積もったまま走っていたのに、都会の車は雪はおろか濡れてさえいません・・・。
軽いショックを受けつつ定刻どおりに最初の見学地である日本銀行 福岡支店に到着。
意味もなくドキドキして中に入ります。
b0184648_2122311.jpg
◆◆見学証を首から下げて・・・
b0184648_2134256.jpg
◆◆まずは日本銀行についてお勉強

フムフム
★日本銀行
①発券銀行 ②銀行の銀行 ③政府の銀行

★日銀の仕事
①物価の安定 ②金融システムの安定⇒お金の価値を守ること!

インフレ・・物の値段が上がる=お金の価値が下がること
デフレ・・・物の値段が下がる=まだ下がると、消費者が買い控える⇒企業の売上が下がり働いている人達の給料が下がったりリストラされたりする
物の値段が下がるのは、喜ばしいことばかりではありません。


*****************************************

★インフレーション
インフレーション (inflation) は、物価が持続的に上昇する経済現象。
略してインフレとも呼ぶ。語源は英語で「膨張」。日本語では価格騰貴(かかく とうき)という。
典型的なインフレは、好況で経済やサービスに対する需要が増加し、経済全体で見た需要と供給のバランス(均衡)が崩れて、総需要が総供給を上回った場合に、これが物価の上昇によって調整されることで発生する。物価の上昇は貨幣の価値の低下を同時に意味する。同じ貨幣で買える物が少なくなるからである。 好況下での発生が多いが、不況下にも関わらず物価が上昇を続けることがあり、これをスタグフレーションと呼ばれる。

★デフレーション
デフレーション(deflation)とは、物価が持続的に下落していく経済現象を指す。 デフレとも呼ぶ。物価の下落は同時に貨幣価値の上昇も意味する。同じ金額の貨幣でより多くのものを買えるようになるからである。

Wikipediaより
*****************************************


日銀は、インフレ・デフレになる前に手を打ちます。これが⇒物価の安定につながり・・=金融政策

例えば、
短期金融市場・・銀行同士で短期間にお金を貸したり返したり⇒日銀がコントロールする
「金融システム」=ライフライン⇒物価の安定につながります


ひとしきり日銀のお勉強が済んだら、銀行の中を見学させていただきました。
b0184648_21161527.jpg
◆◆いくら分のお札?
b0184648_2116532.jpg
◆◆一包み1億円 重さ10kg!考えていた大きさより小さくて思わず「持って逃げれる重さだ!」と言ってしまいました
b0184648_21184345.jpg
◆◆お札を積み上げるとあなたの身長はいくら?
b0184648_21194855.jpg
◆◆私の身長はココ 1億5600万円!!

b0184648_21212862.jpg
◆◆偽造防止技術を教えていただきました

b0184648_21221976.jpg
◆◆講話中
「金利は下げるだけ下げたので、金利の上げ下げはもう出来ません。銀行間でやりとりをするマーケットに資金投入して世の中のお金が滞らないようにしています。(景気の底上げ・景気の悪化を防ぐ)」
「日本では現在、消費の中心は60歳以上の人です。お金を使って景気をよくして下さいね。」


頭をフル回転させた後は、疲れた脳に栄養を
b0184648_21344162.jpg
◆◆和懐石 ♪
b0184648_21342540.jpg
◆◆みなさん笑顔で会食中
b0184648_21362988.jpg


疲れた脳のリフレッシュも完了して、次は福岡県警察本部です。
残念ながら撮影禁止だったので写真はありませんが、通信指令室交通管制センターを見せていただきました。

福岡県内の110番は、全て福岡県警本部の通信指令室で受理され、通報内容は直ちに無線などによって警察署・パトカーなどに指令されます。

110番受付件数が、1日平均1600件という数字にびっくりです。
見学をしている6分足らずの間にどんどん数字があがっていきました。

交通管制センターでは、交通量や交通渋滞などの膨大な情報をコンピューターで分析し、そのデータに基づいて、最適な信号制御を行ったり、収集した交通情報をラジオ・TVなどを通じてドライバーに提供します。
交通事故・交通渋滞・交通公害などの問題を少しでも減らし、人と車の調和を図り、道路を効果的に利用することで、安全で円滑な交通の流れを作り出すのが、交通管制システムです。

午前・午後と真面目な学習が続いた後は、めんたい工場見学で博多やまやさんにお邪魔しました。
b0184648_21493096.jpg
◆◆ココでもしっかりお勉強中
b0184648_21513173.jpg
◆◆すけとうだらの模型
b0184648_2152640.jpg

b0184648_21522265.jpg
◆◆丁寧な手作業で計量・包装されていました

1日に2~3tのたらこを使用されているそうです!

工場見学の後には、日銀で教えていただいた景気対策に習い、60歳以上の方達は しっかりお買いものをされて日本経済の底上げに貢献されていました。

日中はコートを着ることもなく過ごせましたので、移動も身軽でした。
日銀内での階段移動や、県警本部まで県庁から歩いて移動するなど「歩く」場面も多く疲れた方も多かったようですが、1日楽しく学習が出来たようでした。

みなさん今日はお疲れ様でした。
本年度 成人学級を受講していただきありがとうございました。
成人学級を受講された感想やご意見・ご要望などを是非お聞かせ下さい。
また来年度も お申込みお待ちしております。
[PR]
by tateishikou | 2010-03-11 21:59 | ★成人学級 | Trackback | Comments(0)

朝倉市 立石コミュニティ      毎日のドタバタ日記


by tateishikou