<   2009年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今年もお世話になりました

12月28日(月)

今年も残すところあと僅かになりました。

先週末に公民館に注連縄を飾っていただきました
毎年自作の注連縄を持って来て下さる早野勝隆さんです。
b0184648_1057898.jpg
◆◆早野さん

広い玄関口に負けないような立派な注連縄です!
b0184648_10572334.jpg
◆◆大きいので2人がかりで運びます
b0184648_10574649.jpg
◆◆ヨイショ ヨイショ
b0184648_10581089.jpg

b0184648_10583822.jpg
◆◆松竹梅やウラジロ、ダイダイを付けて・・・
b0184648_1059497.jpg
◆◆ドアの開閉が出来るように高さを合わせて藁を切りそろえます
b0184648_10595829.jpg
◆◆すっかりお正月を迎える準備が整った感じです

早野さん、寒い中 取り付けまでしていただいてありがとうございました。
「私の体が続く限り、また持って来ますから。」とお帰りになりました。
毎年年末になると注連縄を持って来てくださるのを楽しみに待っていますので、いつまでもお元気でいて下さいね。


多くの方々にご協力いただき今年の行事も無事に終わりました。
毎日 朝から夜まで、館内はお茶の間教室のみなさん方の明るい声で賑やかでした。
楽しく仕事が出来るのも、多くの方々に来ていただき、皆さんと接することが出来るからだとありがたく思っております。明るく元気なパワーをいただいて、こちらも元気になっていました。

本日で今年の公民館業務が終了いたします。
この1年、立石公民館に関わってくださった全てのみなさま、ありがとうございました。
また、来年もよろしくお願いいたします。

みなさま、よいお年をお迎え下さい。



※年末年始休業のお知らせ※
12月29日(火)~1月4日(月)までお休みいたします。


***************************************

元旦に【大平山初日の出登山】が行われているのをご存じですか?

山頂にて立石女性の会のみなさんが、スープ・カップラーメン等を配布され登山者の方に暖まっていただこうと計画されています。(準備した個数が終わり次第終了となりますのでご了承ください)
加えて今年は、文化祭で大好評だった“ ぜんざい ”もふるまわれる予定です。
楽しみです!!

今年の元旦は、雪が降る中での初日の出登山でしたが、来年の元旦はどうなるでしょう?
予報ではあまりお天気がよくないみたいで心配しています。
お天気がよくなりますように。
多くの方の参加をお待ちしております。

***************************************
[PR]
by tateishikou | 2009-12-28 11:07 | ★コミュニティからのお知らせ | Trackback | Comments(0)

けん玉道場

12月26日(土)

b0184648_165754.jpg

今日のけん玉道場は北九州大会が開催されました。
b0184648_15292040.jpg


今年も北九州から来て下さった
日本けん玉協会 北九州総支部長 松山秀雄 五段(福岡県のけん玉道第一人者)
b0184648_15373251.jpg
◆◆遠くから来ていただいてありがとうございます!

立石公民館では、去年に引き続き2回目の大会参加となります。
昨年はAクラスとBクラスで優勝者が出ました。

昨年の大会の様子はコチラから

今回は、有段者の部が6名、Aパート(1級~準初段)が2名、Bパート(2~5級)とCパート(6~10級)が各1名の計10名が参加しました。

★有段者の部は 10種×5回  計50点満点(予選選抜で40点以上の者のみ決勝選抜)
★A~Cパートは  5種×5回  計25点満点


b0184648_1544027.jpg

b0184648_15443132.jpg

b0184648_15445490.jpg

b0184648_15472155.jpg


もしかめの記録挑戦会も実施されて、子ども達は大会の緊張感を味わった1日でした。

北九州大会は複数の会場で、同じ形式の試合が行われて成績を出し、結果が出揃うのは冬休みいっぱいかかるかもしれないとのことでした。

今日の大会で、自分の課題が見えたのではないでしょうか?
冬休みに入ったばかりですが、けん玉の練習もきっと頑張ってくれるでしょう。


あせらず・あわてず・あきらめず
b0184648_1652753.jpg
◆◆みんなお疲れ様 ♪


※この大会結果はコチラ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
当ブログでは、ブログ開設後の、今年度 第3回道場からの紹介をしております。

以前の道場の様子をご覧になりたい方は、
朝倉市教育委員会 生涯学習課ブログ 笑涯楽習のススメinあさくら をご覧ください。


今年度
1回目 2回目

昨年度
記念すべき2008・7・22第1回目/ 第2回/ 第3回/ 第4回/ 第5回/ 第6回/ 第7回/ 第8回/ 第9回/ 第10回/ 第11回
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

[PR]
by tateishikou | 2009-12-26 16:09 | ★けん玉道場 | Trackback | Comments(0)

AEDを設置しました!

12月25日(金)

公民館にAEDが設置されましたのでお知らせいたします!
b0184648_1517087.jpg

AEDとは、あなたも使うことができる、命を救う器械・・・。

*******************************
   AEDとは何かご存知ですか???
b0184648_15171478.jpg

   「自動体外式除細動器(じどう たいがいしき じょさいどうき)」
   ⇒Automated External Defibrillator の頭文字がAED
   一般の人が使える電気ショックの器械です。

*******************************

最近 駅や飛行場、学校や市役所などの公共施設でAEDの器械を見かけることが多くなりました。

AEDは、自動的に心電図を判読して、必要な場合のみ電気ショックによる除細動を指示する簡単で確実に操作できる機器です。
心電図の解析を自動的に行い、指示をしてくれます。


倒れている人をみかけたら・・・。
AEDを設置していただいた㈱アステム筑後営業部の方に心肺蘇生法を教えていただきました。

b0184648_1517302.jpg

b0184648_15174347.jpg


発見者は、すぐに大声を出し、周りの人に協力を求める必要があります。
協力してくれる人がいたら、それぞれに明確な指示を出します
・・・「あなたは、救急車を呼んで下さい」(119番通報)
・・・「あなたはAEDを探して持って来て下さい」

心肺蘇生法が出来る人がいたら協力を求め、直ちにAED到着前でも胸骨圧迫・人工呼吸を施して下さい。胸骨圧迫するリズムもAEDが教えてくれますので、そのリズムに合わせて行って下さい。

AEDがあっても安心ではありません。
駆けつけた人が胸骨圧迫と人口呼吸が出来るかどうかにかかっています。
胸骨圧迫絶え間なく行うことが原則です。
救急車が現場に到着する平均時間は約7分です。
胸骨圧迫をする交代要員がいる場合も出てきますので、なるべく多くの人に救助に関わってもらってください。

心肺停止状態になった人を救うのは、皆さん一人ひとりが鍵を握っています。
発見者を含め、周りにいた人が命を救う鍵になります。

心肺停止した人がもし家族だったら?
そのためにも、救急措置の講習会に是非ご参加下さい。

救急救命法(心臓マッサージと人工呼吸)の訓練、心臓マッサージと人工呼吸でAEDの到着を待つのが救急処置の大原則です。

蘇生の鍵は時間です。

是非みなさん、声をかけあって安全・確実・迅速に協力し合って助かる命を助けましょう!
[PR]
by tateishikou | 2009-12-25 15:23 | ★コミュニティからのお知らせ | Trackback | Comments(0)

稲作体験授業③

12月22日(火)

寒い朝になりましたが、立石小学校では5年生が元気に「もちつき収穫祭」を行いました。

稲作体験授業①「田植え編」コチラ稲作体験授業②「稲刈り編」コチラから


b0184648_15164098.jpg
◆◆もち米を蒸しましょう

b0184648_1517546.jpg

b0184648_15171512.jpg
◆◆通学合宿でもお世話になった早野謙治さん発見!お孫さんの為に参加されていました
b0184648_15172563.jpg


b0184648_15175730.jpg

b0184648_15181648.jpg
◆◆子ども達も張り切ってもちつき中!
b0184648_15293222.jpg
◆◆さすがに上手いお父さん方

b0184648_15184149.jpg
◆◆丸めるのはおばあちゃまの出番です
b0184648_15185597.jpg
◆◆丸めましょう~丸めましょ~

b0184648_15192674.jpg
◆◆体育館に並べられていくもち達・・・きれいな丸餅が並べられていきます

助っ人として、もちつきに慣れている おじいちゃまやおばあちゃまもお手伝いに来て下さいました。

PTAの方達も加わって、あっという間におもちが搗き上がりました。

子ども達は美味しくいただいたのでしょうか?
[PR]
by tateishikou | 2009-12-22 15:26 | ★立石小学校 | Trackback | Comments(0)

ペーパー・ローズをご存じですか?

12月21日(月)

この花は、何で出来ているかおわかりになりますか?
b0184648_14163648.jpg
◆◆井上ミエ子さんの作品

おわかりになったなった方はエコの達人かもしれません!
なんと、新聞紙(紙面のカラー写真部分)で出来ているのです!!!

『読み終わった新聞紙はかさばる、回収が面倒ととかく厄介もの扱いされがちなのが、作り手としては少し切ない。福岡市を拠点に活動するボランティアグループ「3R Art」(智子リップ代表)は、新聞を使っておしゃれな花のブローチ「ペーパーローズ」を作り、「リデュース(減らす)・リユーズ(再利用)・リサイクル」の啓発に役立てているという。』

詳しい作り方はコチラの紙面から

井上さんが作られた花を見せていただいたら俄然 作りたくなりました!
いろいろ調べてみると、少しずつ作り方が違いますが、簡単に(私でも)作れたやり方がありましたので紹介いたします。

■□ペーパーローズの作り方■□
≪ 材料 ≫
★新聞紙
 花びら用 
   ●型紙11cm×22cm、10cm×20cm、8cm×16cm、6cm×12cm 各1枚
    ⇒白表紙のような紙で型紙を作っておくと、新聞紙にあててすぐに切り取れます
   ●72度の型紙
    ⇒5枚の花弁を作る時に使用します
    ※もしくは、上記の新聞に掲載されている方法で5等分してください
 ☆花芯用  3cm×30cm(長ければ長いほど芯が大きく豪華に見える)1枚
 ☆木工用ボンド
 ボンドをのばすヘラ・・・プラスチックのスプーン(プリンやゼリーとかに付いているものでok・植木のラベルとかでも)など
 細い棒(レース針・耳かき・細めのボールペンなど)

≪ 作り方 ≫
大きい花びらから作ります。
2つに折って片側にボンドを絞り出し ヘラ様のものでのばし 貼り合わせて正方形にする

表になる方を内側に三角に折って、もう一度三角に折り、いったん広げて 中心点に72度の型紙をあてて5等分する

丸くはさみを入れる(花弁を5枚つくる・・折り紙で作れる方はご存知かも)

広げた花弁の形を整え、少しだけ乾かして“くしゃ くしゃ”にもみます!
 ※しっかりと丸めて優しく揉んで下さい。広げると和紙(ちりめん)のように見えます。

細い棒を使い、花弁一枚一枚を巻いていき、両端から指でおしながら「しぼり」をつけていく
 ※巻きつける棒の太さによって花弁のカールの具合が違ってきます。お好みで

全部の花弁が出来たらボンドを絞り出しながら(じゅうぶんに付ける)中心を合わせ、
「大→小」の順に花弁が交互になるように置いていく

花芯を細長くなるように2つに折って輪の方に切り込みをいれて巻いていく
 ※折りたたんではさみを入れれば早く切れます

中心にボンドを塗り花芯をつけて乾かす

 ※翌日になってしっかり乾いてからピンを付け、布や紙などでしっかり固定する。
   同色の紙を2枚使い、まず(花の裏底)横に1枚貼り安全ピンに縦に紙を通して上に貼り合わせます
  (十文字になるように)ピンがずれないように、ひっくりかえしたままよく乾かして下さい

よ~く乾かしたら、スプレーラッカー(クリア)を乾かしながら表に2~3回吹き付けツヤを出す
 (強度も増します)
  
b0184648_1425422.jpg
◆◆ズブの素人 私が作った花  遠くから見れば花に見えます・・よね

あまり几帳面にしなくてもよいし、定まった型もなく自分の好みに作ればよいのです。
花芯も花弁のようなものでしても面白そうです。
型紙さえ作っていれば、ひたすら新聞を広げてカラー写真やカラー広告(なるべく文字が入らない様に切り取れる部分がよい)を探して切り抜き、ストックしていれば、いつでもペーパーローズが作れます!
う~ん 楽しい
何個も作ればコツも掴めて、アレンジも出来そうですよ。
是非 みなさんお試し下さい! 
立派なリサイクルアートです。
[PR]
by tateishikou | 2009-12-21 14:45 | ★その他 | Trackback | Comments(0)

12月の家庭教育学級

12月17日(木)

今日の家庭教育学級は、受講生のみなさんお待ちかねの調理実習でした。
毎年 家庭教育でお世話になっている管理栄養士の古瀬鈴代さん『冬の献立』を教えていただきました。
b0184648_18153159.jpg
◆◆古瀬さん

お正月に作られるとよい献立ばかりでしたので、紹介いたします。

*****今日のレシピから******************
b0184648_18173965.jpg

新しい年を迎えようと、とてもあわただしい日々を過ごされている事でしょう。北風も厳しく、身体もつめたくなっていませんか。あたたかい食卓を囲んで一息ついてくださいね。子どもたちが楽しみにしているクリスマス・お正月と楽しい行事もたくさんです。しっかりと楽しませてあげてください。
今回は、手軽に取ることの出来る「ダシ」を使って、少しだけお正月料理にチャレンジしてみませんか。
一品でも、各家庭の食卓に並んでくれれば幸いです。

~~~簡単なお正月料理にチャレンジ~~~

★★かつおだし★★

□■一番だし
材料:
かつお節・・・・25g
昆布・・・・・・10cm
水・・・・・・・5cc

作り方:
①昆布は、固く絞った濡れ布巾で汚れを落とす。(注)白い粉はふき取らない。
②昆布からよく出汁が出るように、数か所切れ目を入れる。
③鍋に水と昆布を入れ火にかける。
④沸騰してきたら、昆布を取り出し、差し水1/3カップぐらいをして、かつお節を入れる。
⑤かつお節が“ふわっ”と踊ったら火を止めアクを取る。
⑥そのまま3~5分むらし、布巾を2枚重ねにしてこして出来あがり。

□■二番だし
材料:
一番だしを取って後の昆布やかつお節
水・・・・・・・・4cc
かつお節・・・・・5g

作り方:
①一番だしを取った後のものに、水を入れて火にかける。
②沸騰したら、かつお節を足して10分ほど弱火で煮る。
③火を止めて、アクを取る。
④数分むらし、布巾2枚でこし出来あがり。(注)絶対に絞らない。

一番だしは、お吸い物やうどんのつゆ等によく使用され、二番だしは、味噌汁や煮物等に多く使われます。

★★煮干しだし★★
材料:
水・・・・・・・・5カップ
煮干し・・・・・・20~25尾

作り方:
①頭とはらわたを取る。小さいものは、そのままで。
②からいりする。鍋に煮干しを入れ、弱火で煮干しの香ばしい香りが立つまでじっくり煎ります。
③水を入れて煮だす。始め中火。煮立つとアクをすくって弱火で3~4分煮出す。
④火を止めて、荒熱がとれたら、煮干しを取りだす。

□■お手軽だし
材料:
昆布・・・・・・・・10cm角
水・・・・・・・・・5カップ
いりこ・・・・・・・10尾

作り方:
①一番だしの①②の方法で昆布を準備し、タッパに入れ、煮干しだしの①②の準備をしたいりこも一緒に水を入れて、冷蔵庫に一晩入れておくと、朝にはしっかりだしが取れています。


~~~~このダシを使って料理をスタートしましょう~~~

□■サトイモの鶏ミンチあんかけ
材料:
里芋・・・・・・・・800g
(A)
二番だし・・・・・・4カップ
みりん・・・・・・・1/2カップ
薄口醤油・・・・・1/4カップ
酒・・・・・・・・・・・1/4カップ
鶏ミンチ・・・・・・200g
(B)
醤油+みりん
酒+生姜
油+二番だし
ネギ  
片栗粉

★★里芋の下処理★★
皮付きのまま、熱湯で一煮立ちするくらいうでて、ザルにとり水をかけて少し冷ましてから皮をむくと手のかゆみもなく、とても下処理が手軽です。

作り方:
①鍋に里芋と(A)を入れて煮る。
②煮汁が半分以下になるくらいまで煮詰める。
③フライパンに油をひいて鶏ミンチをそぼろにして、(B)の調味料で味付けて少し煮詰めて、水とき片栗粉でとろみをつけて②にかけてねぎを散らして出来あがり。

※根菜類などの煮物は、ダシをしっかり使って煮込むとお砂糖を使わずに料理をしてもしっかり野菜の旨みや甘さでおいしい煮物を仕上げる事が出来ます。是非、大根やごぼう、人参などをダシを使って煮付けてあげて下さい※

□■大根と油揚げの炒め煮
材料:
大根・・・・・・・・・・1/3本
油揚げ・・・・・・・・・2枚
だし(いりこ)・・・・・100cc
みりん+しょうゆ・・T1+T1強
塩+胡麻油・・・・・・少々+適量

作り方:
①大根は薄い銀杏切り、油揚げは熱湯をかけて油抜きをして細切り。
②フライパンまたはお鍋にごま油をいれて、大根を炒める。油揚げも加え炒め、だし汁・みりん・醤油を入れて煮詰めて塩で味を整える。

□■たたきごぼうのマリネ
材料:
ごぼう・・・・・・・・・150g
枝豆(冷凍)・・・・・30g
(A)
二番だし・・・・・・・・・T3
しょうゆ・・・・・・・・・・T1
塩+酢

作り方:
①ごぼうは、皮を取り除き、まな板の上に乗せ、麺棒でたたいて縦半分に割る。さらに5cmに切って水に5分ほどさらす。ボールに調味料(A)のボールに10分くらいつけておく。
②湯を沸かして、塩・酢を少々加えて、ごぼうを入れて、7~8分茹で、ざるにあげ水気を切る。合わせた調味料(A)のボールに10分くらいつけておく。
③枝豆は耐熱皿にのせて、ふわりとラップをかけ電子レンジで40秒ほど加熱。

□■高野豆腐のいきなり煮
材料:
高野豆腐・・・・・・高野豆腐5枚
一番だし・・・・・・・3カップ
酒+みりん・・・・・各T1
塩・・・・・・・・・・・・・T1/2
薄口しょうゆ・・・・・T1/2

作り方:
①高野豆腐は水で洗ってキュッと絞る。
②広口の浅鍋に煮汁の材料を入れ高野豆腐を重ねないように入れ、火にかける。フツフツしてきたら、蓋をして弱火で10分間煮る。途中 時々煮汁をかける。
③煮汁にそのままつけて冷まし、1枚を4つぐらいに切って煮汁を回しかける。
※かつお節と昆布で濃い目にとり、じっくり煮つけます。
ホカホカの時より、冷めて味が良くしみて来た時の方が断然美味しいです。


□■雑煮
材料:
水・・・・・・・・・・1リットル
昆布・・・・・・・・15cm
あご・・・・・・・・・4~5匹
かつお節・・・・・ひとつかみ
塩・・・・・・・・・・・T1と1/2
酒・・・・・・・・・・・T2
醤油・・・・・・・・・T2
大根・・・・・・・・・・5cm
人参・・・・・・・・・・4cm
里芋・・・・・・・・・・3個
干し椎茸・・・・・・・6枚
かまぼこ・・・・・・・1/3本
鶏もも肉・・・・・・・1枚
ブリ・・・・・・・・・・・6切れ
カツオ菜・・・・・・・・100g
スルメ+昆布・・・・適量
餅・・・・・・・・・・・・・12~18個

★下準備★
①大根⇒皮をむき3mmの輪切り、人参⇒皮をむき5mmの輪切り。
②大根と人参を一緒に下茹でする。
③里芋⇒下処理して、1cm幅に切る⇒塩もみして茹でる。
④干しシイタケ⇒水200ccにつける。(このつけ汁はダシに入れる)⇒石づきを落とし十文字に切り込みを入れる。
⑤かまぼこ⇒うすくスライス。
⑥鶏もも肉⇒一口大に切り、熱湯にくぐらせる。
⑦ブリ⇒前日にうす塩をふっておく。使用前に水で洗い熱湯をくぐらせ冷水にとる。
⑧カツオ菜⇒ゆでる。
⑨スルメ・昆布⇒細く切り3cmの長さにそろえる。
⑩餅⇒粉でドロドロになるので、水で洗っておく。

☆☆だし☆☆
①昆布とあごを分量の水に一晩つけておく。
②干しシイタケの戻し汁も入れ火にかけ、沸騰直前で取りだす。
③かつお節を入れ再沸騰したら火を止める。
④かつお節が沈んだらこす。

☆☆餅☆☆
①ダシを取った後の昆布・水・塩(T1)を入れて煮立てる。
②餅を入れて、弱火で柔らかくなるまで煮る。

作り方:
①だし汁に塩・酒・大根・人参・里芋・干しシイタケ・かまぼこ・鶏もも肉・ブリ・昆布・スルメを入れる。
②弱火で沸騰して4~5分したら、醤油を入れ味をみる。
③カツオ菜を入れて出来上がり。

※お正月と言えば雑煮という時代はもう古いでしょうか。
地域でいろんな雑煮があります。
例えば、味噌仕立て・あんこもちを入れるなど、地域や家庭でいろいろあるようですが、今回は基本的な博多雑煮を紹介してみます。具だくさんでやや大変ですが、栄養抜群です。
いかがでしょう!!※


*******************************************

b0184648_1816295.jpg

b0184648_18165259.jpg

b0184648_1817979.jpg

b0184648_18172447.jpg

ダシをきちんと取っておけば、余分な味付けをしなくても素材の味だけで十分美味しくいただけます。
まずは、ダシの取り方を覚えてご家庭でも、ダシをとることから始めてください。
美味しさが違いますよ。
他のレシピもどれもおいしいので、全部1度作ってみてください。
きっと、また作ろう!!と思われるはずです。

博多雑煮は、本当に具だくさんで器いっぱいに具材が彩りよく入っている上に美味しかったです。
「来年のお正月はこのお雑煮をします!!」とみなさん口ぐちにおっしゃっていました。
古瀬さんの笑顔のような 優しくて温かいまる~い味でした。

b0184648_1818436.jpg
◆◆ごちそうさまでした
[PR]
by tateishikou | 2009-12-17 18:21 | ★家庭教育学級 | Trackback | Comments(0)

けん玉道場

12月15日(火)

今日は、先週の土曜日の≪けん玉道場≫の様子を紹介いたします。

このところ、道場に参加する子ども達の数がガクンと落ちています。
今回の参加者は6名。

登録者数90数名、毎回30人近くの参加者があり大研修室が人であふれていた立石けん玉道場ですが、新型インフルエンザの流行で休日の外出を控えるようになった頃に足が遠のいたまま、けん玉からも離れてしまった子ども達が多いようです。
立石小学校でのけん玉熱も冷めたようで、ブームが下火になったのかもしれません。

しかし、ブームで終わる子どもばかりではありません!!
参加者が少なくなっても道場の日は欠かさずに来る子ども達が固定しているので、ある意味 本当にけん玉が好きな子ども達が来ているので時間中は飽きることなく けん玉と向き合っています。

久しぶりに村上真規先生(通称:まさき先生)も来て下さいました!
b0184648_22191170.jpg
◆◆村上真規 五段!!

まさき先生が指導される日は、空気がピンと張りつめています。

「スポーツは考えながらやらないと上達しません。」
「上手になりたいなら、考えながらやってください。」
「楽しいだけの道場でいい、自分が今のままのレベルでいいだけなら考えずにやって良いです。」


b0184648_22264263.jpg

・・・・・・・・・・シーンと静まり返った道場に まさき先生の言葉だけが響きます。

b0184648_22255082.jpg
◆◆今回から始まった "10分間もしかめ" 落としてもひたすら10分間続けます 


b0184648_2227910.jpg


まさき先生が来られない時でもけん玉が上達できるようにと、【100点練習表】を作って来てくださいました。

1~10級までの技10種類を10回ずつ・・・計100回行い点数を付けます。

前回の得点も記入していき、“今日の反省”をしていきます。

6人中5名は有段者ですので、1級までの技を成功させるのは、決して難しいことではありません。
しかし、100%の確立で成功させるのは難しいようでした。
今回は95点が最高点でした。

けん玉を通して成長していく子ども達。
けん玉から学ぶことも多い子ども達。

これからも、厳しくも優しい眼差しのまさき先生の背中を追って行くのでしょう。
もちろん、みっちぃ先生“柔らかくて楽しい道場”もございます。

全く違ったタイプの先生お2人に指導をしていただける贅沢な立石けん玉道場。
ゼロからスタートしましたが、本当はとても先生方に恵まれていたようです 



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
当ブログでは、ブログ開設後の、今年度 第3回道場からの紹介をしております。

以前の道場の様子をご覧になりたい方は、
朝倉市教育委員会 生涯学習課ブログ 笑涯楽習のススメinあさくら をご覧ください。


今年度
1回目 2回目

昨年度
記念すべき2008・7・22第1回目/ 第2回/ 第3回/ 第4回/ 第5回/ 第6回/ 第7回/ 第8回/ 第9回/ 第10回/ 第11回
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

[PR]
by tateishikou | 2009-12-15 22:48 | ★けん玉道場 | Trackback | Comments(0)

通学合宿(2)の③

12月14日(月)

通学合宿3日目
そして、通学合宿 第2回目 最終日。
そして、平成21年度 立石地区通学合宿 最終日

最後の朝食を(遅刻の心配をする私たちをよそに)ゆっくりと平らげて、元気に登校していきました。
b0184648_22201514.jpg
◆◆「いってきまぁ~す!」

土曜・日曜の2日間は 子ども達が公民館で終日過ごしていましたので、実に賑やかでした・・・。
館内を走り回り、仲良く遊んでいたかと思えばけんかをし、別に用事がある訳でもないのに話しかけてきてはわざわざ怒らせることを言う・・・という場面も多々ありました。

しかし、今朝 子どもたちが登校してしまうと、公民館がシーーーンと静まり返って、なんだか物足りない感じがします。
子ども達のいない間に、仕事・仕事・・・とやっているうちに午後になり、あっという間に低学年の子ども達が「ただいま~っ!!」と(おそろしく)元気に帰って来ました。
次々と「ただいま~」と言いながら走って帰って来る子ども達に、来館者のみなさんもビックリしながらも笑顔で「おかえりなさい」と言って下さっていました。

帰って来た子から、宿題を片付けていきます。

宿題が終わると、帰る準備の始まりです。
館内を掃除して、荷物をまとめます。

b0184648_2150580.jpg

閉会式が始まりました。
b0184648_21494163.jpg

b0184648_21515390.jpg


みんなの成長を実感できた通学合宿を柴山館長が振り返りました。
最後に、1人1人に修了証書が手渡されました。
b0184648_21513536.jpg

b0184648_21521440.jpg

b0184648_215344.jpg

b0184648_21555961.jpg

b0184648_21561473.jpg

b0184648_21563079.jpg

b0184648_2156456.jpg

b0184648_2157330.jpg

b0184648_21574771.jpg

b0184648_2158611.jpg

b0184648_21582141.jpg

b0184648_21585247.jpg
b0184648_21593211.jpg

b0184648_21594945.jpg

b0184648_220624.jpg

b0184648_220279.jpg

b0184648_221616.jpg

b0184648_221202.jpg

b0184648_2213595.jpg

b0184648_22345641.jpg

b0184648_2215180.jpg

b0184648_222164.jpg


第1回と第2回を合わせると、10日間の共同生活が無事に終わりました。
来た時と同じ元気な笑顔でお迎えに来ていただいた親御さんたちと帰っていきました。
たまには、公民館に遊びにおいでね。

ご協力いただいたボランティアのみなさま、地域のみなさま、ありがとうございました。
そして関係者のみなさま、本当にお疲れ様でした。




                                        平成21年12月14日
通学合宿参加児童の保護者 様

               立石地区通学合宿が無事終了しました

                                   朝倉市通学合宿実行委員会
                                   委員長 柴 山 伸 昭
                                   スタッフ一同

 立石小学校1年生から5年生までの22名の参加による通学合宿(1回目:9月28日から6泊7日、2回目:12月12日から2泊3日)を無事に終了することができました。
 親元から離れて周りに肉親のいない生活。周りに肉親のいない生活。初めて顔を合わせる人たちとの集団生活。テレビやおやつのない生活。日頃とは全く違う生活のリズム。このような中で子ども達は様々な姿を見せてくれました。戸惑いながら淋しさに耐える姿。下級生を思いやり、かばってくれる上級生の姿。合宿をより良くしようと励まし合い、協力しあっている姿。
合宿で何かを学びとろうと懸命にがんばっている姿。家庭や学校で身につけたことを生かそうとしている姿など、子どもたちの素晴らしさを再確認することができました。

 1回目を終えて保護者の方から「家で味噌汁を作ったり、食事の準備の手伝いをしたりしてくれるようになった。」
「以前にはなかった態度や行動、やさしい心遣いができるようになった。」という声をいただきました。2回目の初日に尋ねると大部分の子がお手伝いを良くするようになったと答えてくれました。このことは、通学合宿の目的がある程度達成され、子どもたちの実践に結びついていることを示すものであり、主催者として本当に嬉しく思います。

 しかし、合宿期間中いじめに類する行為があったという声も聞きました。合宿中に限らず日常の生活の中で、他人の人格を傷つけることは決してあってはなりません。自分がされて嫌だと思うようなことは、他人にしないように心がけることが大切です。このことを私たち大人も根気よく指導していきたいと思います。

 最後になりましたが、合宿期間中、食事のお世話をして下さった「立石ひまわり会」の皆さん、注連縄づくりを指導して下さったボランティアの皆さん、また温かく見守り、ご協力激励してくださいました地域の皆さんに心から感謝を申し上げます。

[PR]
by tateishikou | 2009-12-14 22:17 | ☆通学合宿 | Trackback | Comments(0)

通学合宿(2)の②

12月13日(日)

2日目の通学合宿です。
今日もあいにくの雨模様ですが、子どもたちは朝から絶好調!!

6時起きで朝食を作り楽しいご飯タイム。
班別にメニューも様々です。
b0184648_218454.jpg

b0184648_2062023.jpg
◆◆朝から賑やかです
b0184648_2063435.jpg
◆◆食事が済んだ子から後片付け

食後は、館内清掃をしてお勉強。
宿題をしていない子は まさかいないでしょうね?

小雨の中、外で遊んだり、館内でかくれんぼをしたりしているうちに昼食の時間です。
昼食は、今回も立石ひまわり会さんに作っていただきました。

b0184648_2081459.jpg
◆◆お世話になります

b0184648_20133344.jpg

b0184648_20135917.jpg

b0184648_20144554.jpg



昼食のメニューは
☆白ご飯
☆だんご汁
☆ちくわの磯部揚げ
☆スパゲティサラダ
☆さつま芋の天ぷら


b0184648_20125754.jpg


そして、午後からは今回の目玉? 環境学習【注連縄(しめなわ)作り】です!

一木の早野謙治さんをはじめ12名の方達が教えて下さいました。
b0184648_2118475.jpg
◆◆早野さん

*******************************************
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

注連縄(しめなわ)は、神道における神祭具で、宗教上の意味を持つ紙垂(しで)をつけた縄をさす。

現在の神社神道では「社(やしろ)」・神域と現世を隔てる結界の役割を意味する。また神社の周り、あるいは神体を縄で囲い、その中を神域としたり、厄や禍を祓う結界の意味もある。御霊代(みたましろ)・依り代(よりしろ)として神がここに宿っているという印ともされる。古神道においては、神域はすなわち常世(とこよ)であり、俗世は現実社会を意味する現世(うつしよ)であり、注連縄はこの二つの世界の端境や結界を表し、場所によっては禁足地の印ともなっている。

御旅所にも張られ、海の岩礁の内、奇岩とされるものなどにも注連縄が張られ、よく知られるものとして夫婦岩がある。また日本の正月、家々の門、玄関、出入り口などに飾る注連飾りも、この注連縄の一形態であり、厄や禍を祓う結界の意味を持ち、大相撲の最高位の大関の中で、選ばれた特別な力士だけが、締めることを許される横綱も注連縄である。現在でも雷(稲妻)が落ちた場所で特に水田などでは青竹で囲い、注連縄をはって、五穀豊穣を願う慣わしが各地で行われている。

天照大神が天岩戸から引き出された際、二度と天岩戸に入れないよう太玉命が注連縄(「尻久米縄」)で戸を塞いだのが起源とされる。

稲作信仰は神道の根幹をなす一つであり、自然崇拝でもある古神道にも古い時代から存在し、縄の材料は刈り取って干した稲藁、又は麻であり、稲作文化とかかわりの深い風習だと考えられる。

神が鎮座(神留・かんづま)する山や森を神奈備といい信仰した。後に森や木々の神籬(ひもろぎ)や山や岩の磐座(いわくら)ともいわれたが、神の宿る降りる場所や神体として祀られ、その証として注連縄がまかれた。

注連縄・注連飾りには、大根締め、ゴボウ締め、輪飾りなど色々な種類の形式がある。 大根締めは両端がつぼまり、ゴボウ締めは片側のみが細い。

正月に迎える年神を祀る依り代として飾る。 玄関に飾るものを玉飾りと呼び、台所やトイレなどに飾る略したものを輪じめと呼ぶ。 玉飾りには、地域によって異なるが、縁起物である紙垂、だいだい、裏白などが同時に飾られる。

飾り始める日は松飾りの飾る期間と同じ扱いで良いが、地域によって風習は異なり、現在ではクリスマス後から28日までに飾る事が一般的である。29 日と31日に飾る事は縁起が悪い事とされ、31日に飾る事を一夜飾りといい、迎え入れる神様に失礼であるとされる。飾りを取り外す日も地域によって風習が異なり、1月7日に七草がゆを食べた後、若しくは15日の小正月の後に取り外すとされる。

*******************************************

b0184648_20421266.jpg
◆◆まずは藁をたたきます

b0184648_21334273.jpg

加工しやすくなると同時に出来た縄などの作品がしなやかで強くなり、使いやすくなります。

縄を作ること“なう”と言います。編むのでもなく、組むのでもありません。
御存じでしたか?

b0184648_2046168.jpg

b0184648_20464133.jpg

b0184648_20465737.jpg

b0184648_2134062.jpg

b0184648_20472198.jpg

b0184648_20475077.jpg

b0184648_20481493.jpg

b0184648_20484423.jpg

b0184648_21221135.jpg

b0184648_2049677.jpg

b0184648_20493335.jpg

b0184648_20515513.jpg

b0184648_20521863.jpg
◆◆見本

コツをつかむまでは、“縄をなう”のは大変でしたが、みんな上手に注連縄が出来あがりました!
b0184648_20542752.jpg
◆◆子ども達の作品

お忙しい中 ご協力下さいましたみなさま、ありがとうございました。

そして、通学合宿最後の夕飯づくりです。
夕飯は、班別に献立を決めて昨日買い物に行って来ました。
5班 ぜ~んぶ違うメニューです。
立石ひまわり会のみなさんには、見守りをお願いしていましたが、班別にメニューが違うことに驚かれていました。
チャーハンあり、ハンバーグあり、そぼろ丼あり・・・。
班で協力して、手際良く作っていきました。
高学年も低学年も流れ作業が上手く出来ています。
b0184648_212182.jpg

b0184648_2123652.jpg

b0184648_2125530.jpg

b0184648_2131857.jpg

ワイワイガヤガヤ なんとか予定していたメニューが完成しました。

b0184648_2133682.jpg

b0184648_2135612.jpg

b0184648_214128.jpg

b0184648_2143195.jpg

b0184648_215763.jpg

b0184648_2152515.jpg


楽しかった調理実習も明日の朝食で最後です。
明日は登校日なので(通学合宿ですし当たり前ですが・・・)遅刻しないように後片付けまで出来るかな?
[PR]
by tateishikou | 2009-12-13 21:10 | ☆通学合宿 | Trackback | Comments(0)

第2回 通学合宿スタート

12月12日(土)

9~10月に6泊7日で行われた第1回立石地区通学合宿ですが、第2回目本日から2泊3日でスタートしました!
前回の6泊7日と今回の2泊3日が1セットですので、同じメンバーが参加しています。

集合時間近くになって雨が降り出しましたが、22人全員 遅刻・欠席者もなく元気に集まりました。

※※※※※※※※※第1回通学合宿コチラから※※※※※※※※※
1日目2日目3日目4日目5日目6日目7日目
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

b0184648_20574264.jpg
◆◆みんな緊張気味の開会式

「通学合宿の総仕上げとして、ふざけたりしないで、みんなで協力して助け合っていきましょう!」と館長からの話を神妙に聞いていました。

今回は、寝泊まりも立石公民館ですので、大研修室に荷持を置く棚を作ります。
b0184648_2058187.jpg

b0184648_20581221.jpg


前回と違う点は、朝食だけではなく夕飯自分たちでつくります!!!!

班別に予算内で何が作れるか、メニューを決めて買い出しに行きました。
b0184648_2123765.jpg
◆◆班別にメニューを発表

今日の夕飯だけはは、こちらでカレーに決めてましたのでみんなで役割分担して作ります。
b0184648_213442.jpg

b0184648_214046.jpg

b0184648_2141790.jpg

b0184648_21415667.jpg

b0184648_21421685.jpg


実験的に半分はグリーンカレーを作りました
b0184648_2143120.jpg
◆◆ほうれん草のペーストを加えるだけなのに気になる子ども達+大人たち・・・

夕食のメニューはカレーとヨーグルトサラダ(柿・バナナ)でした。
b0184648_217847.jpg
◆◆おかわり続出!!

予定の時間よりも早く片付けに入れました。
b0184648_2183243.jpg
◆◆水がはねて濡れながらもみんなの食器や調理器具を最初から最後まで頑張って洗った子


b0184648_21111054.jpg
◆◆みんなで力を合わせて頑張ろうね

さてさて、どんな2泊3日が待っているのでしょうか?
[PR]
by tateishikou | 2009-12-12 21:14 | ☆通学合宿 | Trackback | Comments(0)

朝倉市 立石コミュニティ      毎日のドタバタ日記


by tateishikou
プロフィールを見る
画像一覧