<   2009年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

10月のひまわり弁当配食会

10月30日(金)

本日は10月のひまわり弁当配食の日です。
今朝も早くからお弁当を作りに“ 立石ひまわり会 ”のみなさんがおみえになりました。

b0184648_1457815.jpg

b0184648_1457207.jpg



【今回の献立】
●白ご飯 
●鯖の照り焼き 
●竹輪の磯部揚げ 
●厚焼き卵
●煮付け(鶏肉・ごぼう・人参・こんにゃく・インゲン)
●酢の物(春雨・わかめ・人参・きゅうり)
●付け合わせ(サニーレタス・ブロッコリー)
●フルーツ(みかん)


b0184648_14573592.jpg
◆◆完成品 ♪ カバーの絵はアケビです

b0184648_14584327.jpg

b0184648_1458551.jpg


今日は約190食のお弁当を作られました!
毎回 栄養のバランス・見た目のバランス・季節感・・と注文された方たちのことを考えて献立をたてられますし、お弁当にかけるカバーの絵も考えられます。
配食数が多いので、カバーの色付けまでされるのは大変なことだと思いますが、いつも事前に集まられて楽しそうに色付け作業をされています。
お弁当やおやつの配食を楽しみにされている方たちが多いのも頷けます。

そして出来立てのお弁当を届けるべく、各地区の福祉委員さんたちがすぐに配達されました。

こうして温かお弁当が心待ちにされている方たちに届いています。

********************************************

ひまわり弁当・おやつの注文は、会員になっていただく必要があります。
詳細は、当ブログの第一回のひまわり弁当 配食会をご覧下さい。


********************************************
[PR]
by tateishikou | 2009-10-30 15:15 | ☆ひまわり弁当・おやつ | Trackback | Comments(0)

≪第2回 甘木輝き祭り≫のご案内

10月29日(木)

今日は甘木町のお祭り≪第2回 甘木輝き祭り≫のご案内です。

★昨年の『第1回 甘木輝き祭り』の様子はコチラ★

********************************************

【第2回 甘木輝き祭り】

日時:平成21年11月7日(土) 9:45~
会場:甘木アーケード商店街周辺


主催:甘木町振興会、学社連携融合推進連絡会(学校・PTA・地域)、JA筑前あさくら労組青年部、甘木アーケード商店街
協賛:(社)甘木・朝倉法人会、甘木東・中・西支部、朝倉フーズ(株)


去年から始まった【甘木輝き祭り】ですが、
今年はステージイベントで
甘木中学校ブラスバンド、甘木小学校太鼓演奏、大声コンテスト、腹話術、オリジナルギターの演奏、赤ふん餅つき、甘木幼稚園、生い立つ保育園の園児などの演技などが予定されています。

アーケード内では、
☆JA青年部の梨・柿の販売
☆竹焼きパン(当日チケットを購入して下さい)
☆うどん(当日チケットを購入して下さい)
☆綿菓子(当日チケットを購入して下さい)

★新鮮たまご・・・\100
★キャンディー釣りゲーム・・・\50
★秋の花鉢・・・\200(通常\500/50鉢限り)
山形名物 玉こんにゃく串・・・\80
★美味しい漬物
★近藤さんの手作り作品


アーケード商店街では・・・
□菓秀「桜」□
カステラ・・・\325(1パック)

□藤田ふとん店□
フリースカバー付きクッション・・・\1,050(通常\3,500/24枚限り)

□小糸屋履物店□
暖かいスリッパ入荷中

□hatoya cami夢工房□
クッキー・バナナケーキ販売

□上野かさや□
マミーシール5倍セール

□洋品のイシイ□
全商品1割引きセール

□さのや化粧品□
マミーシール5倍セール


■女性の会や甘木学童のフリーマーケット
■三輪車競争
■積み木広場
■ストラックアウト
■グラウンドゴルフ
■万歩縄跳び大会
■リンボーダンス



※甘木小学校5年生が“甘木町ガイドツアー”10:30~12:00※

********************************************


立石公民館から去年に引き続きバルーンアートとけん玉をお手伝いに行きたいと思っています!!

多くの方のご来場お待ちしております!

◆◆◆クリックしていただくとご覧になれます◆◆◆


b0184648_19524428.jpg

[PR]
by tateishikou | 2009-10-29 19:44 | ★その他 | Trackback | Comments(0)

【お化けカボチャ】制作現場

10月28日(水)

朝は冷え込みましたが、日中はポカポカ陽気で気持ちの良い1日となりました。

今日は昨日お知らせしておりました柴山館長『お化けカボチャ(=ジャック・オー・ランタン)』の制作風景をご紹介いたします。

まず、柴山館長の畑から運んできた大きなカボチャを用意いたしまして、調理室で作業開始!

①カボチャの底をくり抜いて、中身を取り出します
b0184648_1239922.jpg


②スプーンできれいに取り出していきます
b0184648_12403276.jpg


③カボチャに彫る顔をクレヨンで下書き
b0184648_1243557.jpg


④まずは、目からくり抜いていきます(目⇒鼻⇒口の順番)
b0184648_1243392.jpg


⑤口を彫るのは、歯の凸凹が大変そうでした
b0184648_1245258.jpg


⑥口まで彫れば完成です。完成した3兄弟 【所要時間1時間/1個】
b0184648_12453792.jpg
◆◆右端が立石保育園にお嫁にいったカボチャ


そして、3兄弟は2兄弟?になり ただいまこんな感じで公民館の入り口で皆さんをお迎えしております。
b0184648_1247298.jpg


細かい手作業が大好きで凝り性の館長は、お化けカボチャ作りがとても気に入ったようです。
きっとまた来年も張り切って作ってくれるでしょう。
31日のハロウィンまで、あといくつ完成するのでしょう?
[PR]
by tateishikou | 2009-10-28 12:52 | ★その他 | Trackback | Comments(0)

可愛いお客様①

10月27日(火)

今日は【立石保育園】から可愛いお客様が!

b0184648_196119.jpg
◆◆今日は“ いも掘り ♪ ”だったそうです
b0184648_1964959.jpg
◆◆こんなにたくさんお芋をいただきました

立石保育園公民館のお隣さんです。

いつも元気な声が響いています。
立石公民館で行われる文化祭敬老会町民体育祭にも参加していただいている保育園です。

保育園の行事に公民館職員がお呼ばれしてお伺いすることもあります。

毎年お招きいただくおみせやさんごっこでは、カレーライスを御馳走になりますが、入口には可愛いウェイトレスさんとウェイターさんが待っていて席に案内してカレーを運んでくれます。
水ヨーヨー・棒ジュース・手作りおもちゃなどのお楽しみコーナーも設置してあり ここにも可愛い売り子さんがいて接待してくれます。
前回は帰りにはポップコーンをいただいて帰りましたが、保育園に入ってから出るまで“担当の子ども”が手を引いて各コーナーを案内してくれる とても楽しい行事です。

秋になって園児たちがサンマを焼きました・・と園長先生が焼き立てのサンマを届けて下さったこともあります。

こうした交流がある立石保育園館長が今朝ハロウィンのお化けカボチャを届けました。
昨日、「保育園の子ども達は怖がらないかなぁ~。喜んでくれるかなぁ~。喜んでくれるといいなぁ~。」と心をこめて作ったお化けカボチャ。
いきなり持参して子どもに泣かれては大変と、まずは手ぶらでお伺いしてカボチャの持ちこみの許可をいただいたようです。
「持ってきてもいいって言われたよと嬉しそうに公民館に戻り、いそいそと昨日作ったお化けカボチャを届けておりました。

みんなに喜んでもらえて良かったですね、柴山館長。

※立石保育園に届けるために作ったお化けカボチャの制作の模様は明日のブログで詳しくお届けします。お楽しみに※

b0184648_1973743.jpg
◆◆大きなお芋をたくさんありがとうございました!
[PR]
by tateishikou | 2009-10-27 19:33 | ☆立石保育園 | Trackback | Comments(2)

けん玉道場

10月26日(月)

24日(土)のけん玉道場の様子を紹介しましょう。

・・・と申しましても、この日の参加者は5名
まだまだ新型インフルエンザの影響もありますし、スポーツ少年団の子ども達は、試合で参加できなかったようで今回も少ない人数の道場になりました。

しかぁ~し!
みっちぃ先生はバイクで転び負傷されていたようで、足を引きずりながら痛々しく来館されていましたので、これくらいの人数で良かったのかもしれません。(正座をして挨拶をし、膝を使ってやる“けん玉”は チョット辛そうでしたが)

b0184648_19485710.jpg
◆◆こじんまりとスタート
b0184648_19493816.jpg
◆◆いつもの基本練習(まさき先生の苦手な)“1・2・3シュワッチ”
b0184648_19501173.jpg
◆◆・・・でも寂しいねぇ・・・

大研修室50畳の和室先生1人と道場生5人なのに、なぜだかみんな、隣の人と腕が当たりそうなくらいくっついて、練習をしていました。もう少し離れたらいいのに。

b0184648_1951234.jpg
◆◆何をしているのかな???

技を書いたカードで神経衰弱です。(みっちぃ先生は大人なのに普通に参加しているし)

b0184648_19521149.jpg
◆◆カードが揃えば その技をやって成功すればカードがもらえます


b0184648_19532869.jpg
◆◆今回ただ一人昇級試験を受けて無事に準初段に合格しました


このあと、長崎県大会の予選の練習を(まさき先生の)予定どおり行いました(←まさき先生への業務連絡)

今回は、準初段1人・初段2人・弐段1人・参段1人と みっちぃ先生が教えやすいレベルの子ども達ばかりでした。
 
気がつけば、立石けん玉道場は 現在【段位保持者】
◆初段・・2名 ◆弐段・・5名! ◆参段・・1名
と、8名もいるのですよ!!!! 

まったく子ども達の上達の早さには驚いてしまいます。

12月には立石地区文化祭が公民館でありますが、昨年にひき続き“けん玉道場生”も出演する予定ですので、また子ども達には張り切って練習してもらいましょう。

早くインフルエンザの流行が一段落して、子ども達がお休みの日には心おきなく外出できるようになりますように。
それまでは自主練習しておくように!
[PR]
by tateishikou | 2009-10-26 20:03 | ★けん玉道場 | Trackback | Comments(0)

ハロウィン パンプキンカービング

10月23日(金)

もうすぐハロウィンです。
さてさて、みなさんハロウィンのことをどれくらい御存じでしょうか???


********************************************

【ハロウィン】
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハロウィン 、あるいはハロウィーン(Halloween, Hallowe'en) は、カトリックの諸聖人の日(万聖節)の前晩(10月31日)に行われる伝統行事。諸聖人の日の旧称"All Hallows"のeve(前夜祭)であることから、Halloweenと呼ばれるようになった。

ケルト人の収穫感謝祭カトリックに取り入れられたものとされている。由来と歴史的経緯からアングロ・サクソン系諸国で主に行われる行事であって地域性が強く、教会と不可分の行事ではないため、キリスト教の広まる地域であれば必ず祝われるという訳ではない。

ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。601年にローマ教皇グレゴリウス1世宣教師ケルト人へキリスト教改宗の策として、「ケルト人の信仰法である木の伐採は行わずに、木の真上にはキリストの神様がいてそのために木を信仰し続けなさい。と広めなさい」と言ったのがいまのハロウィンになったきっかけでもある。

家族の墓地にお参りし、そこで蝋燭をつけるという地方もある。墓地全体が、大きなランタンのように明々と輝く。日本のお盆の迎え火、送り火にも似ているかもしれない。ただ、これに合わせて欧米では、放火事件などが頻発する。

これに因み、31日の夜、カボチャをくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン」(お化けカボチャ)を作り、魔女やお化けに仮装した子供達「トリック・オア・トリート(Trick or treat. お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねる。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちは貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。

ハロウィンのことを詳しく知りたい方におススメのサイトがあります。
★★HJI (Halloween Japan Info) ★★ハロウィン専門情報サイト


日本でも すっかりお馴染みになったこの『お化けカボチャ』=「ジャック・オー・ランタン」が今日のブログのメインテーマですが、まずはこの「ジャック・オー・ランタン」のことを覚えましょう。

ひきつづき提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

【ジャックオーランタンの伝説】

その昔ウィルという、口は巧いが卑怯で素行も最悪な鍛冶屋の男がいた。彼は死後死者の門へ着いたのだが、そこで聖ペテロ(天国へ行くか地獄へ行くかを選定する者)を騙し、生き返った。しかし生き返った後も反省はせず、前の通り最悪な男のままだった。そのため、再び死後に死者の門を訪れた際、聖ペテロに「お前はもはや天国へ行くことも、地獄へ行くこともまかりならん」と言われ、暗い闇の中を漂うこととなった。それを見て哀れんだ悪魔は、地獄の劫火から轟々と燃える石炭を1つ取り、ウィルに明かりとして渡した。その明かりは時々、現世に種火のような弱い光を投げかける。それから、夜中に不思議な光が見えるとき、哀れなウィルの話になぞらえて「種火のウィル」「ウィル・オー・ザ・ウィスプ」と呼ぶようになった。ジャック(男、一般的な男性の名前)の角燈「ジャックオーランタン」ともよばれている。現在は、ナイトメアー・ビフォア・クリスマス等の影響でこちらの方が有名。多種多様な話、呼び名があるが、各教会ごとに脚色したり、本として出版するときに話が増えたのだろう。世界中にも不思議な光の話がある。



********************************************

さて そのジャック・オー・ランタン(お化けカボチャ)が公民館に!
b0184648_2171645.jpg
◆◆ジャジャ~ン!



b0184648_2181834.jpgb0184648_2184416.jpg◆◆右から見ても左から見ても愛嬌があるでしょ?










そして、このお化けカボチャを作ったのはこの方!
b0184648_211288.jpg
◆◆柴山館長!

ちなみに この元のカボチャを作った(育てた?)のも柴山館長です。

マイ畑から大きなカボチャを公民館に持ってきて、「ハロウィン♪ ハロウィン♪」と嬉しそうにお化けカボチャを作ってました・・・・。

お化けカボチャの作り方の参考にしたサイトはコチラ

これから31日(土)のハロウィンまで 
何個のお化けカボチャを作るんですか 館長????
[PR]
by tateishikou | 2009-10-23 21:34 | ★その他 | Trackback | Comments(0)

大平山

10月22日(木)

大平山は、立石地区の人々にとって特別な山です。
b0184648_18201358.jpg
◆◆左手が大平山 公民館からもよく見えます

特に、60歳以上の方達に「大平山は・・」と話を向けると、話題が尽きることはありません。
「小さな頃は、よく登ったなぁ~」と皆さん口ぐちにおっしゃり、その頃の思い出話に花が咲きます。
付近で生まれ育った人達にとって【おらが山】的存在の山です。

ずっと以前は小学校の春の歓迎遠足で必ず登る山でした。小学校から歩いて出発しても割りに近く、標高も低いので(315m)ちょうど手頃な山でした。その当時、山頂付近はまだ植林がされていなかったので広々とした原っぱで、お弁当を食べるだけではなく、走り回ることもできたそうです。


昭和40年代後半になると、大平山の土地の所有権などが変わり、山頂周辺は植林されてしまい、せっかくの市民の憩いの場であった大平山も次第に登山できなくなりました。

平成3年に大型台風19号が九州北部を直撃し各地に大きな被害をもたらしました。大平山付近も多くの木々がなぎ倒され、風倒木の除去作業が進められました。少しずつではありましたが、多くの方達の努力で登山道が整備されていきました。


山頂にある立石振興会、立石公民館、立石商工振興会、甘木朝倉法人会立石支部が、平成19年1月に作成した『大平山の思い出と今』(編集・立石公民館 製作・立石商工振興会)をご紹介します。

「4月は見知りあい遠足、3月はお別れ遠足をはじめ、この大平山にはよく登ったものだ。
当時の登山道は、土井の下(堤公民館の東)から豊満宮の尾根伝いに進み、高山を通り山頂へ、また、迫の谷から迫の谷古墳群、お稲荷さんをぬけて高山の上で、土井の下から来た道と合流して頂上へ行くのが主なものだった。
 その頃の山頂は、木がなく太刀洗飛行場(現キリンビール九州工場)や久留米市を望むことができた。1945年8月9日には、長崎原爆のキノコ雲も見えたという。また、一面草原で、草スキーを楽しむこともできた。遊びつかれ、水筒の水を飲み干すと北の斜面を下り、安川の下渕へ流れる赤岩川の上流の通称「お水どころ」といわれる所まで、水を汲みに行った。山頂へ戻る時、その水筒の水を飲みながら登るため、山頂に着いた時、水は半分以下ということもしばしばあった。
 春はウグイスの谷渡りのけたたましい声や、ホーホケキョというのどかな声、初夏のツワ摘み、秋から冬にかけての山芋ほりなど季節に応じた山菜採り、冬は雪中登山。その途中に見た見事な積雪の斜面と、その上に点々と残る山ウサギかキツネの足跡、どれをとっても楽しく、懐かしく思い出されるものばかりです。
 ところが、いつの間にか登山道が荒れ、登る人も少なくなり、大平山は忘れられた存在になっていった。加えて1991年の台風17・19号でこの山も大きな打撃を受けた。
 このような時に、身近な存在として慣れ親しんできた大平山を、また立石小学校の校歌にもある大平山を、ふるさと立石のシンボルとして大切にしようと有志が立ち上がった。立石商工振興会青年部のひとたちである。
 手始めに、台風による風倒木や荒れた登山道の整備に着手。そして1997年 12月、この山頂に、自家発電によるイルミネーションを設置。登山道は整備に着手したもののまだ不十分で、急な坂は発電機を担ぎ上げるのに大変困難な状況であった。また発電に用いる石油は、雨が降ろうが雪が降ろうが、どんなに寒かろうが、毎日毎日山頂に運び上げた。これも並大抵の苦労ではなかった。しかしみんなの協力で歳末まで点灯し続けた。当初イルミネーションに対する反応は冷ややかなものであったが、年月を経るに従って関心が高まり、現在では年末の風物詩として親しまれている。
 一方、毎年11月には、立石地区の人々と立石小学校の児童が一緒になって行なっている植樹も、地域の行事として根付いてきた。山頂には、子どもたちとみんなで植えた記念樹がたくさんあります。どうぞ可愛がってください。」

  と記されています。


大平山は、立石地区で生まれ育ち、そしてまたここに住む人々にとっては故郷の山、思い出の山として大切な存在なのです。

また立石地区では、いろいろなところに大平山の名前やイメージをみつけることができます。

立石地区向う三軒両隣運動ボランティア委員さんが着用される黄色いベストの後ろにも、大平山をイメージした形が入っています。
b0184648_18203439.jpg


朝倉市立 立石小学校の校歌の2番にも名前が出てきます。(高良 竹美 作詞)
               ♪ 東に光る英彦の峰
                 南はるかに耳納山
                 大平山は厳然と
                 さとす誠の人の道
                 友の情けも温かき
                 愛の学び舎 立石校 ♪


立石小学校では、毎年秋に3年生と4年生が大平山植樹登山を行っています。

★大平山への登山や植樹、山頂での活動を通して、自分の住む地域の良さに触れ、大平山への親しみを持つことができるようにする。

★大平山を維持し、次代につなぐために努力されている地域の方々と交流することで、地域の方々と交流することで、地域を大切にしようとする思いに触れる。


以上のことを目的としています。


来月の2日(月)に小学生と一緒に植樹登山をおこないます。
みなさんもご一緒に登ってみませんか?

日時:11月2日(月) 小雨決行
         草刈作業の方・・・・・・午前8時00分 集合
         一般登山者の方・・・・午前9時00分 集合


集合場所:朝倉市甘木ゲートボール場 駐車場(B&G奥)

申込方法:10月26日(月)までに立石公民館へ直接お申し込み下さい
        ☎/FAX 22-2101


雨天の場合:11月6日(金)に変更

※※参加者の方には、おにぎりを用意します。飲み物は各自 持参して下さい。※※

[PR]
by tateishikou | 2009-10-22 19:01 | Trackback | Comments(0)

昨年の文化祭は・・・

10月21日(水)
b0184648_20481085.jpg

先日ご案内した
♪【立石地区文化祭】♪ ですが、ご存知ではない方の為に昨年の様子をご紹介します。

まずは、数字的なものから。

昨年度は、来場者数(記帳者のみ)2日間で604名
1日目が作品の展示のみ 、2日目がステージ発表となっておりました。
出品者数は、ナント450名! 出品数556点でした。

2日目の発表の出演者307名・・・午前9時から午後3時までノンストップでステージ発表が行われておりました。

カレー(カレー券は例年公民館で事前に販売)や蒸しパン(当日館内で販売)の販売をされた“立石ひまわり会”やリサイクルショップをされた“立石女性の会”、会場準備・片付けのお手伝いをして下さった地区役員の方達を加えると955名の参加者があったことになります。

さて、出品された物はどんな物があったかと申しますと・・・(  )内は出品数

・生花(21) ・陶芸(3) ・文章(1) ・俳句(33) ・絵(62) ・書道(56)
・角材手彫り(8) ・絵手紙(6) ・子ども習字(29) ・パッチワーク(29) 
・水墨画(15)・手芸(14) ・粘土細工(12) ・レザークラフト(25) 
・バルーンアート(6)・シュロの葉工芸(1) ・共同作品(貼り絵)
・作文/研究発表(234)

などがありました。
b0184648_2042176.jpg

b0184648_20471823.jpg

b0184648_2047533.jpg

b0184648_20541611.jpg

b0184648_21103456.jpg

そして、大いに盛り上がりますステージ発表会の方ですが、(  )内は番組数

・カラオケ(18) ・日舞(16) ・大正琴(2) ・謡曲(1) ・剣舞吟(2) ・民謡(6)
・フラダンス(5) ・居合道(1) ・社交ダンス(2) ・オカリナ(1) ・コーラス(1)
・リトミックダンス(1) ・キッズエアロ(3) ・ストリートダンス(1)・けん玉(1)

b0184648_205114.jpg

b0184648_20512140.jpg

b0184648_20514595.jpg


昨年はお茶の間教室の登録が64教室ありましたので、出品や出演を希望される方たちが大勢いらっしゃいました。お茶の間教室におみえになっていない方でも立石地区在住の方なら出品・出演はお受けしておりますので、展示もところ狭しと飾らせていただきましたし、ステージ発表は制限(出演の持ち時間は、一教室5分以内、カラオケ教室は一教室3曲まで/ただし2番まで、日舞は2曲以内)をさせていただいておりました。
それでも何回も申し上げるようですが、午前9時に開始してノンストップで午後3時までかかりました。

お昼に発表される方、お昼の発表をご覧になる方、また内容に関わらず、発表を全てご覧になりたい方達はゆっくり昼食をとる時間もありません。
これではいけない!!と、せっかく2日間 文化祭を予定しておりますので ゆっくり発表をしていただき、ご覧になっていただこうと今年度は発表会を午前の部と午後の部に分けて、途中 お昼休みを1時間とり、両日4部構成で行うことにいたしました。

★★★平成21年度 立石地区文化祭★★★

●日時:12月5日(土)~6日(日)
●出演/出品申込締切:11月11日(水) 午後5時まで
●発表会:12月5日(土)・6日(日)
 午前の部⇒午前10時~午後12時
 お昼休み⇒午後12時~午後1時
 午後の部⇒午後1時~午後3時


2日間4部構成になっておりますが、現在のところ

5日(土) 午前の部・・カラオケ・民謡部門
       午後の部・・子ども部門・おはなし会
6日(日) 午前の部・・日舞部門
       午後の部・・楽器・フラダンス・社交ダンス部門
に分けさせていただく予定です。

そしてステージ発表の部の皆さまには、今回から「基本的に自主運営」していただくことになりました。
ステージの準備や幕の開閉、放送係やプログラム係などです。
出品・出演される方達には文化祭の実行委員会に必ず出席していただき、よりよい文化祭に仕上げていきたいと考えております。

◆文化祭実行委員会
日時:11月17日(火)午後3時~ 立石公民館にて



「より楽しい文化祭♪」「また参加したい文化祭♪」
そして「ウキウキ ワクワクの文化祭♪」になりますように、みなさまのご協力をお願いして職員一丸となって頑張りたいと思います。
[PR]
by tateishikou | 2009-10-21 21:02 | ★コミュニティからのお知らせ | Trackback | Comments(0)

ステップ運動 推進中!!

10月20日(火)

今日は、「ステップ運動教室」をのぞいてみました。


この『にこにこステップ運動』は、福岡大学スポーツ科学部教授 田中宏暁教授が開発した、畳半畳ほどのスペースがあれば行える運動負荷方法です。
b0184648_15585778.jpgb0184648_18132764.jpg









パッと見た目は単なる踏み台昇降運動にしか見えませんが、「ひとりひとりの体力に合った、ちょうどよい台の高さと昇降する速さで行う」のがポイントです。b0184648_15571075.jpg
b0184648_15565735.jpg







動悸や息切れは心肺機能に影響が出てきたことの現れですが、運動習慣がない方は、普段これらの症状が出ない範囲で生活をしていることがほとんどだと思います。
 b0184648_15581592.jpgb0184648_15584372.jpg







運動能力を向上させるには、ある程度以上強い運動レベルが必要ですが、運動能力を向上させる強さの運動でありながら、心肺機能には負荷をかけないで持続できる運動レベルがあり、これを田中宏暁教授はニコニコペース"と命名しました。b0184648_15562088.jpg
b0184648_1556577.jpg








そしてこのペースで行う踏み台昇降運動が『にこにこステップ運動』なのです。にこにこ笑顔を保ちながら会話できるレベルの運動ですが、普段運動をしていない人にはイメージほど楽な運動ではないかもしれません。10分間もすれば 汗をかく運動です!!


b0184648_1833418.jpg
◆◆みなさん笑顔で楽しくステップ運動されています♪

*********広報あさくら2月15日号より*********

朝倉市では、健康増進と介護予防のためにこの『ステップ運動』を推奨しています。
ステップ運動とは、踏み台昇降のような簡単な動きの中に、有酸素運動と筋力トレーニングを兼ね備えた、高齢者にも馴染みやすい簡易な運動です。

【ステップ運動のポイント】
にこにこ笑顔で行えるペース配分で、隣の人と会話をしながら、息切れしない程度で運動します。

【ステップ運動の利点は】
○道具が無くても、段差があればできます
○室内で実施するため、天候に左右されず、毎日継続できます
○運動強度を台高と昇降頻度で簡単に調整することができます
○簡単な運動ですから、始めやすく、習慣化しやすい運動です

【ステップ運動の効果】
○エネルギー消費量の増加で、肥満の解消の効果があります
○自律神経のバランスを整え、血管拡張効果もあり血圧が安定します
○脂質代謝が良くなり、善玉コレステロールが増え、中性脂肪が減ります
○糖代謝が改善し、インスリン感受性・グリコース感受性が向上します

ステップ運動には、この他にも脳卒中・転倒骨折・認知症の予防効果があると報告されています。また、体力と気力の増強が期待できます。

********************************

ここ立石公民館のステップ運動教室には、市のステップ運動教室でステップ運動の指導を受けて正しいやり方を学んできた「ステップリーダー」さん方が数名参加して下さっています。
学んできたことを地区の方達に教えて、ステップ運動を広げていらっしゃいます。

公民館では毎週火曜日の午後2時からステップ運動教室が行われています。
他のお茶の間教室と違って、先生から教わるのではなく自主的なサークル活動です。
最初は、ステップ運動って何???という方も多かったようですが、口コミで広がり現在20名弱の方の登録があり、毎回平均15名くらいの参加者があります。

平日のお昼は女性の方で賑わっているステップ運動ですが、男性の方達にも是非体験していただきたいと、男性健康教室でもステップ運動を教えていただきましたが、受講生のみなさんは、1度体験されただけでステップ台を購入された方が多数出てきてビックリ!
b0184648_15451095.jpg

b0184648_154524100.jpg

奥様のお話から、ちゃんとご自宅でもTVを見ながら・暇をみつけて“自主的”にステップ運動をされているようです。素晴らしい・・・。

男性健康教室のお世話をして下さっている朝倉市健康課土井さん木下さん
今度は、男性ステップ運動教室ですか???
[PR]
by tateishikou | 2009-10-20 16:07 | ☆コミュニティのご紹介 | Trackback | Comments(0)

文化祭のお知らせ

10月19日(月)

♪ 立石地区 文化祭のお知らせ ♪


b0184648_2284719.jpg
1.目 的   
地区内住民の趣味や特技及び学習の成果を発表し、これらを鑑賞する文化祭を開催します。
また、住民の生活や文化意識を高め、
“ 住んでよかった立石 ” “ 誰もが住みたい立石づくり ”を目的とします。


2.主 催  
立石公民館                     
3.期 日  
平成21年12月5日(土)~6日(日)
4.場 所 
立石公民館     朝倉市頓田205-1  ☎ 22-2101   
               

《 展示の部 》
b0184648_22102231.jpg








① 作品搬入 
平成21年12月4日(金)午後4時まで
b0184648_22104943.jpg







② 展示公開 
平成21年12月5日(土)・6日(日)
午前9時~午後3時30分まで

b0184648_2211883.jpg







③ 展 示 品 
習字、絵画、手芸、生花、陶芸、写真、彫刻、俳句、短歌、川柳、染色、織物、水墨画、その他展示できるもの
b0184648_22131420.jpg







④ 会場作り 
平成21年12月4日(金)午後2時30分より 
お茶の間教室代表者・出品者・公運審委員などの役員・公民館職員で行う。

作品展示は、午後4時30分より各自 出品者で行う。

《 発表の部 》
b0184648_22243534.jpg







① 発表日時 
平成21年12月5日(土)・6日(日)
午前の部:午前10時~午後12時
昼休み:午後12時~午後1時
午後の部:午後1時~午後3時 予定
b0184648_22251981.jpg

※本年度は、発表の部が2日間、午前の部・午後の部の4部構成になっておりますので、ご注意下さい※



② 発表種別 
詩吟、謡曲、日舞、カラオケ、大正琴、社交ダンス、エアロビクス、民謡、剣舞、フラダンス、他  
b0184648_22351667.jpg 






     

③ 会場係  
プログラムめくり・幕の開閉・放送等の係は、出演者・お茶の間教室代表者等で担当する。



5.出品・出演範囲  
立石地区在住者、又は立石公民館お茶の間学習教室

6.出品・出演の申し込み
平成21年11月11日(水)までに所定の申込書に記入の上、立石公民館へ提出して下さい。
プログラム作成上、出品申し込みの期日は厳守して下さい。
申込書は公民館にあります。

7.文化祭実行委員会
出品・出演するお茶の間学習教室などの文化祭実行委員会を、
11月17日(火)15:00より開催いたします。
出品・出演者は、必ずご出席をお願い致します。



   ※他にバ ザ ーも予定しておりますが、詳細はまだ未定です。
     決まり次第またお知らせいたします。※


予定されているバザーは

☆ひまわり会☆ 
カレー、蒸しパンなどを予定しております。
なおカレー券は公民館で事前に販売しています。(販売日は後日お知らせいたします)

☆立石女性の会☆
リサイクルショップ 
ご家庭で眠っている品物(新品に限る・衣類不可)を寄贈して頂き販売します。
各家庭で不要の品物がありましたら、寄贈をお願いします。{12月3日(木)17:00まで}

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

その他、住民ボランティアグループでの農産物・手作り品の出店販売などご希望がありましたら立石公民館(☎22-2101・・月~金 8:30~17:00)にご相談下さい。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]
by tateishikou | 2009-10-19 22:44 | ★コミュニティからのお知らせ | Trackback | Comments(0)

朝倉市 立石コミュニティ      毎日のドタバタ日記


by tateishikou
プロフィールを見る
画像一覧